MENU CLOSE

連載

#6 眠れぬ夜のレシピ

雨の日は、雨の音をBGMにプリンを蒸して 眠れぬ夜のレシピ

じっくり時間をかける極上スイーツ

午後さんのマンガ「雨の日にプリンを蒸す話」より
午後さんのマンガ「雨の日にプリンを蒸す話」より 出典: 午後さん(@_zengo)のツイッター

じっくり時間をかけると、きれいに作れるプリン。予定のない雨の日は、雨の音を聞きながら、プリンを蒸すのにぴったりです。眠れない夜の不安を、少しでもあたたかい気持ちで過ごせるように。あなたに贈る、真夜中のレシピ。手紙を添えて、お届けします。(漫画・コラム、午後)

眠れぬ夜のレシピ

雨の日にプリンを蒸す話

午後さんのマンガ「雨の日にプリンを蒸す話」より
午後さんのマンガ「雨の日にプリンを蒸す話」より 出典:午後さん(@_zengo)のツイッター

他の生き物が愛おしく思える瞬間

こんばんは、午後です。

みなさんは雨の日をどうお過ごしですか?

私は、外に出たくないので(基本的にどんな日も家に引きこもっているのが好きなのですが)家の中でぼんやりと過ごしています。

外出予定がない日の雨は好きです。しんとした部屋の中でひとりじっと雨の音を聞いていると、まるで水中にいるような錯覚を覚えます。

雨の音をバックミュージックに、読書をする時間が至福のひとときです。雨の音に包まれて眠りに落ちるのも好きです。

読書に飽きてしまったら、じっくり時間をかけて料理に集中する時もあります。今回ご紹介したプリンのレシピは、そんな日にうってつけのレシピです。

せっかちで、料理を衝動で一気に済ませる私は、雨が持つ独特のゆったりとしたムードの力を借りてようやく、弱火でじっくりと火を通すことができるようになるのです。

それにしても、私たちは天気によって全く違う情緒になってしまいます。ある意味、天候に支配されていると言っても過言ではありませんが、それはこの星に生息する生き物全ての宿命だと思っています。

そう考えると、ある種の仲間意識が芽生えてきて、虫も魚も鳥も猫も、人も、その他全ての生き物が、少しだけ愛おしく思えるのです。

それでは、今夜も素敵な夢を見られますように。
おやすみなさい。

午後

SNS作家。2020年5月からTwitterに漫画を投稿をしている。今年1月に初の書籍「眠れぬ夜はケーキを焼いて」(KADOKAWA)を出版。Twitterアカウントは@_zengo

◇  ◇  ◇

withnewsでは、午後さんがTwitterで発信している漫画とコラムを原則隔週金曜日の夜に配信していきます。
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます