MENU CLOSE

話題

「ひろし」って誰? ふりかけ「ゆかり」三姉妹、今度は弟キャラ誕生

ふりかけ「ゆかり」の会社から、今度は「ひろし」が登場です。

「ひろし」のパッケージ
「ひろし」のパッケージ 出典: 三島食品提供

目次

 ごはんのお供として人気の赤しそふりかけ「ゆかり」。姉妹品「かおり」「あかり」を加えて三姉妹として売り出し、その後、「うめこ」も誕生しました。女性を連想させる名前が続きましたが、新商品は「ひろし」です。理由を三島食品の担当者に聞きました。

【PR】朝刊が届くまでの険しい旅路、新聞印刷の毎日はこんなにスリリングだ

ゆかり三姉妹とは

左から「ゆかり」「かおり」「あかり」
左から「ゆかり」「かおり」「あかり」 出典: 三島食品提供


 看板商品である「ゆかり」は、商品の色が紫色で、紫色が「ゆかりの色」と呼ばれることから、「ご縁を大切にしたい」との思いを込めて命名されました。

 その後、青じそふりかけの「かおり」、ピリ辛たらこの「あかり」が発売され、「三姉妹」として展開。

 昨年2月には、梅の酸味とカリカリ食感が楽しめる混ぜごはんの素「うめこ」が発売されました。

こちらが「うめこ」
こちらが「うめこ」 出典: 三島食品提供


 商品名がそれまでの「り」つながりではなく、「こ」となったことから、ネット上でも話題に。

 ちなみにうめこは、昭和の演歌歌手をイメージして社長が命名したそうです。

2月に発売された「ひろし」

今年2月に発売された「ひろし」
今年2月に発売された「ひろし」 出典: 三島食品提供


 そして1年後の今年2月に発売されたのが、地元・広島県産の「広島菜」を100%使用した混ぜごはんの素「ひろし」です。

 売り出し直後からツイッターなどで、「知らん男が1人増えとる」「『ひろこ』にしてほしかった」と盛り上がりました。

 「り」つながりでも、「こ」つながりでもなく、男性をイメージさせる名前になったことについて、広報担当者の新宅智彦さんはこう説明します。

 「ほぼ『ひろこ』に決定していたところ、社長の鶴の一声で『ひろし』になりました。広島菜の読みの最初の3文字『ひろし』の方がしっくり来たようです」

 売れ行きも好調で、年間目標を2カ月で達成。原材料である広島菜の栽培地域や栽培時期を広げているそうです。

 「演歌界の大御所・五木ひろしさんまで、ひろしを手にインスタグラムに画像をアップされていました。みなさまが話題にして楽しんでおられる様子に、メーカーとして喜びを感じています」と新宅さん。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます