MENU CLOSE

話題

10153

スーパーファミコン100台自腹プレゼント 仕掛人が伝えたかったこと

自宅で過ごす子どもたちへ「親子で楽しむ時間を」

スーパーファミコン100台の発送前に、同封ソフトの端子を丁寧に磨く=日本レトロゲーム協会提供
スーパーファミコン100台の発送前に、同封ソフトの端子を丁寧に磨く=日本レトロゲーム協会提供

目次

新型コロナウイルス感染拡大の影響で子どもたちの休校や外出自粛が続く中、大阪のNPOが決断したスーパーファミコン100台の無償提供。その呼びかけに、約5万件もの応募がありました。レトロゲームを通じて届けたかった思いとは? 代表に話を聞きました。(北林慎也)

あの伝説的ハードの後継機

コロナ禍で家にこもらざるを得ない子どもたちに、素晴らしい娯楽を届けたい。だからスーパーファミコンを送ります――。

この粋で渋すぎる企画を発案、実行したのが、NPO「日本レトロゲーム協会」です。

大阪府和泉市で中古ゲーム販売業を営む石井豊さんが理事長を務めるこのNPOでは、「レトロゲーム博物館」の設立を目指しながら、ゲーム機器の修理やパーツ確保、ゲームソフトの収集や鑑定などに取り組んでいます。

今回のプロジェクトは、協会のウェブサイトとSNSで今月23日夜に発表されました。「緊急物資を100世帯に支給」と銘打った、16歳未満の子どもがいる世帯への無償提供。メールで応募を受け付けたその支給物資は「スーパーファミコンすぐ遊べるセット」でした。

学校の休校措置で子どもが家に閉じこもりがちなのに加え、その親もまた、在宅勤務の拡大や勤務先の休業などで家にいる時間が増えています。

そこで、「親子で楽しい時間を過ごしてもらえるコミュニケーションツール」として、家族ぐるみで古いゲーム機器を楽しんでもらおうと提供を決めました。

古いハードは様々ありますが、その中からスーパーファミコンを選んだ理由は、「まだまだいろいろな名作ゲームソフトが、ネット通販やレトロゲーム店で購入できるから」。

家庭用ゲーム機を「ファミコン」として世界中に浸透させた伝説的ハード「ファミリーコンピュータ」の後継として、任天堂がバブル景気末期の1990年11月に発売した名機が選ばれました。

圧巻のスーパーファミコン100台セットと、自腹で提供した理事長の石井豊さん=日本レトロゲーム協会提供
圧巻のスーパーファミコン100台セットと、自腹で提供した理事長の石井豊さん=日本レトロゲーム協会提供

入念に清掃、新品アダプターも

発送される協会収蔵の100台は、レトロゲーム機器類の収集を続ける石井さんが、自らのコレクションから寄贈しました。

ただ、なにぶん古い機器なので、届けた先でトラブルなく遊べるかどうかの動作確認も欠かせません。石井さんの提案に賛同したボランティア有志が、電源やカセットの接点周りを中心に一台一台、中性洗剤などで入念に清掃し、動作チェックを済ませました。

この根気のいる地道な作業を手弁当で引き受けたのは、「熱心にレトロゲーム文化の研究をしているゲーム愛好家さんや、行き場をなくし大阪のゲストハウスで退屈していたボランティア志望のカナダ&フランス人の方々」。

さすがに付属のACアダプターは、経年劣化による発火などの恐れもあるため、100セットのうちほとんどが、協会所蔵の貴重な新品だそうです。

黙々とハードを清掃するボランティア有志ら=日本レトロゲーム協会提供
黙々とハードを清掃するボランティア有志ら=日本レトロゲーム協会提供

カセット内蔵電池も残量確認

この「すぐ遊べるセット」には、当時の名作「スーパードンキーコング」「ファイナルファンタジー6」の2タイトルが100本ずつ用意され、同封されています。

どんなソフトを付けるか、いくつか候補がありましたが、ほぼ全てのスーファミソフトを所有するという、協会のゲーム博士こと「みうき」さんの「初めての方でもすんなり遊べる」という意見を採り入れて決めたそうです。

スーファミはハード本体側に記録媒体を持たないため、ゲーム途中のセーブデータは小型電池を内蔵したカセット側に記録されます。

プロジェクト発表後に寄せられた反響の中には、カセットの内蔵電池の寿命を心配する声もありましたが、出荷前に全てのカートリッジを開封し、バッテリー残量が残っているのを確認したそうです。

ただ、どうしても「それ以上踏み入ったチェックは時間的に無理」とのことで、セットの動作保証はやむなく「到着から1週間」としています。

「ファイナルファンタジー6」100本の清掃作業。樹脂の黄ばみは除去が難しいが、ハードと接触する端子部分には万全のクリーニングを施す=日本レトロゲーム協会提供
「ファイナルファンタジー6」100本の清掃作業。樹脂の黄ばみは除去が難しいが、ハードと接触する端子部分には万全のクリーニングを施す=日本レトロゲーム協会提供

「大型連休に間に合うように」

発売から30年を経て、未知のウイルスと戦う全国の家庭に楽しみと喜びをもたらす新たな使命を担い届けられる、100台の老ハードたち。

家庭のテレビに黄・赤・白のビデオ入力端子が必要といった、地デジ時代にはハードルの高い条件にもかかわらず、27日午前0時の締め切り時点で、約5万件もの応募がありました。

大型連休に間に合うように届けようと、協会は27日中に抽選で100世帯を選び、慌ただしく発送を済ませました。

スーパーファミコンは一台一台、全て実際にプレーして動作確認したという=日本レトロゲーム協会提供
スーパーファミコンは一台一台、全て実際にプレーして動作確認したという=日本レトロゲーム協会提供

ドット絵から世界を想像する

応募メールの中には、長期化が懸念される自宅待機のストレスを切実に訴える声も多かったとのこと。石井さんは反響の大きさに驚きながらも、「ストレスで親子関係までギクシャクしている家庭が多い」と、あらためて感じたそうです。

オンラインゲームやスマホゲームが幅を利かせる2020年。石井さんは「昔の粗いドット絵のゲームは、そこから世界を想像する楽しみがあり、想像力を豊かにしてくれる」と、今あえてオフラインの16ビット機で遊ぶ面白さを説きます。

そのうえで、協会スタッフ一同からのメッセージとして、「お父さんお母さんの世代が楽しんだゲームを、今度は親子で楽しんでほしい。古くても良いものがあるのを知ってほしい」と話しています。

段ボール100箱の発送準備を終えた石井豊さん。それぞれの家庭で楽しんでほしいと願う=日本レトロゲーム協会提供
段ボール100箱の発送準備を終えた石井豊さん。それぞれの家庭で楽しんでほしいと願う=日本レトロゲーム協会提供
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます