MENU CLOSE

ネットの話題

1528200

お店のトイレットペーパーを守る! 店主の「おどろおどろしい対策」

「これは手が出せない」

トイレットペーパーを守るのは……!
トイレットペーパーを守るのは……! 出典: みんくさんのツイートより

目次

「新型コロナウイルスの感染拡大に関わり、トイレットペーパーが品薄になる」というデマが広がり、メーカーや業界団体、政府が「在庫は十分にある」と呼びかけています。スーパーやコンビニで品切れが続いた混乱の最中、お店のトイレに予備で置いてあるペーパーも消えていくという事象も……。しかしそんな状況を「衝撃的すぎる方法」で防いだというツイートが話題です。投稿が拡散された後も、意外な結末が待っていました。お店の受難は続くのか……。

「これは手が出せない」

話題となっているのは、みんくさん(@moemoekohu)が投稿したツイート。

「最近、仕事場のお客様用トイレのペーパーのストックがどんどんなくなっちゃうの
 なので、気分転換に手作りインテリアでちょっと模様替えしてみたらトイペなくならなくなったよ〜」
添えられた写真の中には、目のようなイラスト謎の記号と、「盗 罰 飢 喰」「厄」など、おどろおどろしい文字がちりばめられた「呪いの札」のような紙が4枚、棚に貼り付けられているのがわかります。

その「お札」の向こうにトイレットペーパーがあるのが見えますが、触れたら何だか、ただ事では済まない気がする……。「効果てきめん」だったというこの対策、「手作りインテリア」というようなカジュアルな響きとはほど遠い光景です。
謎の記号や文字が……
謎の記号や文字が…… 出典:みんくさんのツイートより
想像の斜め上の発想に、「これは手が出せない」「霊験あらたか」「天才です!」とコメントが集まり、ツイートには2.2万件以上のいいね、1.2万回以上リツイートされています。

一体何が起こっているのでしょう。ツイートしたみんくさんに聞きました。

「見えない祟りや呪い」恐れる傾向を利用

チェーンの小売店を経営しているというみんくさん。お店のトイレの個室には、扉がついた棚があり、常時10~20個ほどのトイレットペーパーを置いているといいます。

普段は1日1ロールも使い切らないのに、騒動によってトイレットペーパーの品切れが起こった頃から、1日3~5ロールほど減っていくようになったそうです。掃除をしている従業員の話を聞いて、みんくさんは「ストックが持ち帰られているのではないか」と感じました。

「品薄騒動を乗り切れるくらいの量は確保していたつもりだったのに、どんどんストックがなくなっていって、お客様や従業員がおしりを拭けないと困るなぁと思いました」

普段のトイレの棚
普段のトイレの棚 出典: みんくさん提供

そんな中、思いついたのが今回話題となった「呪符」だったといいます。漫画好きなみんくさんは、絵や図形を描くのが趣味で、今回の札も「キョンシーの御札」をイメージして自分でデザインしたそうです。

「人間は目に見えない祟りや呪いを恐れる傾向があると思います。そこを利用させてもらいました」

ちなみに、「呪符」は扉を開けた中に貼ってあり、開けなければ見えないようになっているそうです。

取られたくないプリンにも…

みんくさんは今回のトイレットペーパーに限らず、「呪符」を使っているようで、「家族に不気味がられながらも、取られたくないプリンなどに貼っておくと誰も食べないので重宝しています」。

出典:みんくさんのツイートより

みんくさんは2016年にも、「ゆうパックの代金を切手で払ったら、切手がびっしり貼られた荷物が届いた」というユニークな出来事をツイートし、話題になったこともありました。

今回、投稿が拡散されたことについては「前回は何が何だかわからなくて通知に埋もれ、スマホは熱くなり、Twitterは機能しなくなり怖かったのですが、今回は通知を切ってあるので静かに過ごしております」。

「ただ、本ツイにリプをくださった友人たちにも流れ玉通知が届きまくっているようで、ちょっと申し訳なく思っています」

事態は一変、「呪符」盗まれる

ところが、この記事を配信する前日になって事態が一変。みんくさんから「呪符が盗まれた」との連絡がありました。

「呪符」は男子トイレ、女子トイレの棚にそれぞれ貼っていたのですが、男子トイレのものだけなくなっていたそうです。一方、トイレットペーパーは無事だったとのこと。

驚きの展開にみんくさんも「悔しい」。トイレットペーパーを守るはずが、想定外の攻防戦に突入しました。

お店のものを無断で持ち帰ることは絶対にやめてください。しかしこのビジュアルの「呪符」ですから、持ち去った人に何か起こっているかも……。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます