閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2019年03月05日

パン屋に行ったら絶対やってる! 「7大あるある」描いた作者に聞く

  • 110610

「パン屋さんでありがちなこと」の一場面

「パン屋さんでありがちなこと」の一場面

出典: 橋本ナオキさん提供

 パンを選びながらトングをカチカチ。1個だけでいいのに申し訳なくて無難なパンを買い足してしまう――。そんな「パン屋さんでありがちなこと」を描いたイラストが、ネット上で注目を集めています。「すべて実際の自分の体験です」と話す作者に聞きました。

「パン屋さんでありがちなこと」の一場面

「パン屋さんでありがちなこと」の一場面

出典: 橋本ナオキさん提供

ツイッターで話題に


 先月9日にツイッター投稿された4ページのイラスト。「パン屋さんでありがちなこと」というタイトルで7つの「あるある」が描かれています。

 (1)パンを選んでる間はトングをカチカチする

 (2)おいしそうなのがいっぱいあるけど 結局自分の定番しか買わない

 (3)パンの個包装とレジ打ちが異常に早い人がいる

 (4)朝早くというか ほぼ深夜から仕込んでる(多分)

 (5)こどもがいると 落としそうでヒヤヒヤする

 (6)一個だけでいいけど申し訳なくて無難なパンを買い足す

 (7)焼きたての破壊力

「パン屋さんでありがちなこと」の一場面

「パン屋さんでありがちなこと」の一場面

出典: 橋本ナオキさん提供

作者は橋本ナオキさん


 「でぶどり」という名前のキャラクターが登場するこのイラスト。

 ツイッター上では「めっちゃ共感する」「6の分かりみが深い」といったコメントが寄せられ、リツイートは2万2千、いいねは5万5千を超えています。

 作者はイラストレーターで漫画家の橋本ナオキさん。ツイッターやインスタグラムで漫画「毎日でぶどり」を毎日更新しています。

 3月13日には書籍『会社員でぶどり』の発売が予定されており、予約も始まっています(「ありがちなこと」シリーズは載っていないそうです)。


描いたきっかけは


 今回の「パン屋さんでありがちなこと」はどういった経緯で描かれたのか? 橋本さんに話を聞きました。

 ――この漫画を描こうと思ったきっかけを教えてください

 きっかけは、日々寄せられるリクエストです。「◯◯にありがちなことを書いてください」というメッセージをたくさんいただくので、その中から描けそうなものを選ばせてもらっています。

 ――橋本さんの実体験がもとになっているのでしょうか

 すべて実際の体験からです。学生時代に初めて一人暮らしをした家の前が小さなパン屋さんだったので、よく利用していました。

 入店して、パンを選んで、会計する、という流れを必死に思い出しながら描きました。

「パン屋さんでありがちなこと」の一場面

「パン屋さんでありがちなこと」の一場面

出典: 橋本ナオキさん提供

「パン屋さんでありがちなこと」の一場面

「パン屋さんでありがちなこと」の一場面

出典: 橋本ナオキさん提供

思い入れがあるのは


 ――描かれた7つのうちで思い入れがあるものは

 「朝早くというか ほぼ深夜から仕込んでる(多分)」ですね。

 帰りが遅くなったときに、パンのいい匂いを嗅ぎながら帰るのが楽しみになっていました。

 フォロワーさんの中には、パン屋さんで働いていて「仕込みのときは終電で出勤していた」という方もいらっしゃいました。

「パン屋さんでありがちなこと」の一場面

「パン屋さんでありがちなこと」の一場面

出典: 橋本ナオキさん提供

「パン屋さんでありがちなこと」の一場面

「パン屋さんでありがちなこと」の一場面

出典: 橋本ナオキさん提供

あえて「焼きたての破壊力」


 ――描く上で心がけた点は

 パン屋さんに限らず、共感してもらうものを描くには、できる限り自分で情景を思い出すようにしています。

 「◯◯あるある」はネット上によくまとめられているんですが、そういうのを読んでしまうと「よくあるけど誰も言語化していない」という絶妙なラインのネタが描けなくなるからです。

 描き終わってからまとめサイトを見てみて、結果的に同じになっていることはあるんですが、そういうときは少しだけ悔しいですね。

 7つ目を「焼きたての破壊力」と書きましたが、これが「焼きたてのパンはいい匂い」といった当たり前の情報にならないように、といった点も気をつけています。

「パン屋さんでありがちなこと」の一場面

「パン屋さんでありがちなこと」の一場面

出典: 橋本ナオキさん提供

「パン屋さんでありがちなこと」の一場面

「パン屋さんでありがちなこと」の一場面

出典: 橋本ナオキさん提供

自信があったわけでは……


 ――多くの反響が寄せられていることについては

 とにかく嬉しいですし、どのネタが受けるのか読めないのも面白いところです。

 正直に言うと「パン屋さんでありがちなこと」は、今までのネタに比べてそこまで自信があったわけではなかったので。

 パン屋さんで働いている人目線のコメントが来たり、「こういうのも追加で!」とあるあるが深まったり、という点も面白いです。

パン屋さんで絶対やっちゃう! 「7大あるある」が面白い
前へ
「パン屋さんでありがちなこと」の一場面
次へ
出典:橋本ナオキさん提供
1/8
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

障害者の兄、隠し続けた葛藤 一緒に歩いた...
障害者の兄、隠し続けた葛藤 一緒に歩いた...
おひとりさまが「がん患者」に……遺品の手帳に記されていたこと
おひとりさまが「がん患者」に……遺品の手帳に記されていたこと
「走れる」って当たり前ですか?義足エンジニアが語る社会の整えかた
「走れる」って当たり前ですか?義足エンジニアが語る社会の整えかた
PR
原発の見える集落で「大字」集める歴史学者...
原発の見える集落で「大字」集める歴史学者...
国連安保理の南スーダンへの武器禁輸決議、賛成しない国の理由は?
国連安保理の南スーダンへの武器禁輸決議、賛成しない国の理由は?
Q&A
「数学で社会課題を解決する」 不思議な錯覚の世界
「数学で社会課題を解決する」 不思議な錯覚の世界
PR
出入り口がない駅? 本日開業、岩国「清流...
出入り口がない駅? 本日開業、岩国「清流...
外国人観光客が撮った写真を調査したら…ある飲み物の「謎さ」を認識
外国人観光客が撮った写真を調査したら…ある飲み物の「謎さ」を認識
あの「ゆかり」が缶チューハイに ご飯のお...
あの「ゆかり」が缶チューハイに ご飯のお...
障がい者の「わがまま」許せる?「こんな夜...
障がい者の「わがまま」許せる?「こんな夜...
ガラス越しに飼育員とタッチ! 見つめ合う那須のマヌルネコが話題に
ガラス越しに飼育員とタッチ! 見つめ合う那須のマヌルネコが話題に
渋谷の囲い、実はアートでした! 全長200mの物語が心温まると話題に
渋谷の囲い、実はアートでした! 全長200mの物語が心温まると話題に

人気

もっと見る