MENU CLOSE

連載

53332

#13 ネットの話題フカボリ

「すごくない自分」認めたら楽に 一歩ずつ進む大切さ、漫画で描く

誰もが抱く「⼈に認められたい」という感情と、真剣に向き合うお話です
誰もが抱く「⼈に認められたい」という感情と、真剣に向き合うお話です 出典: さいとうなおきさん(@_NaokiSaito)のツイッター

目次

 「私はもっとできるはず!」。そんな気持ちにとらわれ、悩んだ実体験を描いた漫画が、ツイッター上で共感を集めています。作品が評価されず苦しむ、イラストレーターの主人公。思いわずらった末に、「すごくない自分」を受け入れてみると、少しずつ事態が好転していきます。「一歩一歩進む大切さを表したかった」と語る、作者の男性を取材しました。(withnews編集部・神戸郁人)

なりたい自分を目指すために

 「スゴい人になりたい」けど「実際は全然スゴくない自分」が「スゴく辛い人」へ。

 そう名付けられたイラストが今月15日、ツイッター上で公開されました。

 イラストレーターの主人公は、有名な先人に憧れ、自分も認められたいと奮闘します。

「スゴい人になりたい」けど「実際は全然スゴくない自分」が「スゴく辛い人」へ
「スゴい人になりたい」けど「実際は全然スゴくない自分」が「スゴく辛い人」へ 出典: さいとうなおきさん(@_NaokiSaito)のツイッター
「スゴい人になりたい」けど「実際は全然スゴくない自分」が「スゴく辛い人」へ
「スゴい人になりたい」けど「実際は全然スゴくない自分」が「スゴく辛い人」へ 出典: さいとうなおきさん(@_NaokiSaito)のツイッター
「スゴい人になりたい」けど「実際は全然スゴくない自分」が「スゴく辛い人」へ
「スゴい人になりたい」けど「実際は全然スゴくない自分」が「スゴく辛い人」へ 出典: さいとうなおきさん(@_NaokiSaito)のツイッター
「スゴい人になりたい」けど「実際は全然スゴくない自分」が「スゴく辛い人」へ
「スゴい人になりたい」けど「実際は全然スゴくない自分」が「スゴく辛い人」へ 出典: さいとうなおきさん(@_NaokiSaito)のツイッター

 読者からは「人生と同じだ」「1人では導けないものが見えた」などのコメントが殺到しました。漫画は今も拡散され続け、リツイート数が5万を超えています。

虚勢が自信に変わった瞬間

 作者はイラストレーターのさいとうなおきさん(@_NaokiSaito)です。有名ゲームのキャラクターデザインや、トレーディングカードの挿絵を手がけた経歴があります。



 漫画に描いたのは、約6年前の出来事です。当時はフリーランスで、制作会社などから業務を請け負っていました。

 しかし内容は、カードゲームに登場する、モンスターの造形を考えるものなどが中心。人物を描きたいという本心との間に、ずれがあったといいます。

 「日々、『有名になりたい!』という気持ちばかりがふくらんでいました。そんな時に、ゲーム開発会社から『新作の女性キャラを担当しないか』と誘われたんです。張り切って完成させたのですが、ネット上で『可愛くない』と酷評されてしまって……」

 この経験を機に、「ダメな自分を認めよう」と考えたさいとうさん。会社に所属し、実績を積んでいた先輩イラストレーターに、アドバイスを求めました。その人の作品を分析し、気付いたことをノートに書き留める、といった努力も重ねたといいます。

 「続けるうち、『良くなってきたね』と言ってもらえるようになった。ツイッターでも絵を投稿していたのですが、同時期に『いいね』の数や、ツイッター経由での仕事依頼が増えたんです。『俺はすごい』と根拠無く張っていた虚勢が、自信に変わった瞬間でした」

「スゴい人になりたい」けど「実際は全然スゴくない自分」が「スゴく辛い人」へ
「スゴい人になりたい」けど「実際は全然スゴくない自分」が「スゴく辛い人」へ
出典: さいとうなおきさん(@_NaokiSaito)のツイッター

「俺の表現だ」と初めて思えた

 漫画を公開したことで、うれしい結果も得られました。今回、「いいね」の数は14万件を超えています。これまでの最高は、人気ゲームのキャラクターイラストについた約10万件。オリジナル作品で記録を塗り替えられたのです。

 「今まで手がけた絵の大半は二次創作。『自分には独自の視点が持てないのでは』と、悩むことも度々でした。漫画が話題になったおかげで、『これは俺の表現だ』と初めて思うことができました」

「スゴい人になりたい」けど「実際は全然スゴくない自分」が「スゴく辛い人」へ
「スゴい人になりたい」けど「実際は全然スゴくない自分」が「スゴく辛い人」へ
出典: さいとうなおきさん(@_NaokiSaito)のツイッター

 「できない自分」を素直に認める。やれることに、一つ一つ謙虚に取り組む。そんな姿勢こそが人生を豊かにするのだと、さいとうさんは考えています。

 「こだわりを捨てることで、僕は良い方向に変わることができました。同じ悩みを持つ人に、漫画を読んで『何だか元気が出た』と感じてもらえれば、とてもありがたいですね」

連載 ネットの話題フカボリ

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます