閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年05月11日

午前4時半起床は家族のため けがで挫折も、選抜4強29歳監督の素顔

  • 11622

選抜大会で選手に指示をする小島紳監督=4月3日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場、内田光撮影

選抜大会で選手に指示をする小島紳監督=4月3日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場、内田光撮影

出典: 朝日新聞

 大阪桐蔭高の連覇で幕を閉じた今春の第90回記念選抜高校野球大会で、1人の若き指揮官が注目されました。49年ぶりに4強入りした三重高の小島紳監督(29)です。平成生まれ初の甲子園監督で、バントを極力使わない戦いぶりは「イケイケ野球」として脚光を浴びました。飛ぶ鳥を落とす勢いの指揮官は、エリート街道のど真ん中を歩いてきたのかと思いきや、その素顔は意外なものでした。(朝日新聞津総局記者・甲斐江里子)

三重の小島紳監督

三重の小島紳監督

娘とともに午前4時半起床

 小島監督の朝は午前4時半ごろに始まります。朝練の準備……ではなく、もうすぐ1歳になる長女・禾奈(かんな)ちゃんが目を覚ますからです。眠い目をこすりながら、枕元でじゃれつく娘と遊んで、保健体育教諭を務める三重高に出勤。野球部の指導を終えて、帰宅するのは午後9時ごろです。

 禾奈ちゃんは寝ていますが、元管理栄養士の妻が作る夕食を食べ、疲れを癒やします。家では野球の話をしないのがポリシーだとか。「良いパパでないと生徒たちに顔向けできないでしょ」と笑います。

 高校野球の名将と言えば、家族との時間を犠牲にして練習や試合に打ち込むイメージでした。でも、小島監督は違います。部員たちに「やるべきことをやっているからこそ得られる『普通』の人生を送ってほしい」と願うからこそ、家族との時間もおろそかにしません。

 選抜の時も、家族を兵庫県まで連れていきました。「娘がめちゃくちゃかわいい」。家族の話になると、目を細めます。

選抜の宿舎前で、娘の禾奈ちゃんを抱く小島紳監督=小島監督提供

選抜の宿舎前で、娘の禾奈ちゃんを抱く小島紳監督=小島監督提供

けがに泣いた高校時代

 コーチから監督への「昇格」を打診されたのは2017年夏。禾奈ちゃんが生まれた2日後のことでした。そこから1年足らずで甲子園4強を果たした指揮官ですが、自身の現役時代は挫折だらけでした。

 愛知県出身の小島監督は小学1年で野球を始め、6年の時には身長170センチ以上ありました。高校は愛知の強豪・中京大中京高に入学。1年秋には捕手としてベンチ入りも果たします。

 その頃から肩に痛みがありましたが「ボールを投げない冬のトレーニング期間で治るだろう」と、痛みを隠して練習をしました。

 2年春、肩が上がらない状態になりました。診断は関節唇損傷。手術を受けることになり、医者から1年間はボールを投げられないと告げられました。

 手術後は「2軍」にあたるBチームの主将に。腕をつりながら、試合には出られなくてもチームをまとめました。「一度始めたことは最後までやりきろう」と決意していました。

中京大中京時代の小島紳監督(右から4人目)=2007年6月、名古屋市瑞穂区の瑞穂球場

中京大中京時代の小島紳監督(右から4人目)=2007年6月、名古屋市瑞穂区の瑞穂球場

出典: 朝日新聞

甲子園遠く

 小島監督が3年生の時、大物1年生が入部します。現在、プロ野球広島でプレーする堂林翔太選手です。捕手として、当時投手だった堂林選手の球を受けました。「堂林は人なつっこくて愛嬌がありました」。小島監督は「俺たちの分までやってくれよ」と声をかけたこともあったそうです。

 3年生だった2007年夏、応援団長としてスタンドから声援を送りました。チームは愛知大会決勝に進みましたが、愛工大名電に敗れ、3年間で1度も甲子園に行けませんでした。

後輩たちの活躍に奮起

 野球への思いは断ち切れず、国立の三重大学でプレーを続けます。でも、肩は完治していませんでした。全国屈指の強豪で野球や勉強に打ち込んだ高校時代と、大学の自由度の高さにギャップを感じ、「1、2年の時は腐っていた」。髪を金色に染め、ふらふら過ごしました。

 そんな自分を変えたのは、母校の後輩たちでした。2009年、3年生になった堂林選手らが夏の甲子園決勝で、日本文理(新潟)の猛追を振り切って1点差で逃げ切り、全国制覇を成し遂げます。「勝者は泣き、敗者は笑った」と呼ばれる名勝負でした。

 「あいつらが活躍する姿が本当にうらやましくて、もう一回野球をやりたいと思った」。肩も癒え、本気で野球部に関わるようになると、4年の時は主将も務めました。

第91回全国高校野球選手権大会・決勝で優勝を決め、喜ぶ中京大中京の選手たち。右から2人目が堂林=2009年8月24日、阪神甲子園球場、福岡亜純撮影

第91回全国高校野球選手権大会・決勝で優勝を決め、喜ぶ中京大中京の選手たち。右から2人目が堂林=2009年8月24日、阪神甲子園球場、福岡亜純撮影

出典: 朝日新聞

夢だった教員 念願の指導者に

 中学のころから学校の先生になりたいと思っていました。三重大OBで三重高の元監督に声をかけられ、卒業後に三重高に着任。野球部副部長になりました。

 小島監督は、副部長時代から野球の技術以上に生活指導に重点を置きます。「学校生活、ルール、マナー。きちっとやっているからこそ、大舞台でも信頼して試合に出せます」。高校時代の挫折も、部員と共有しているそうです。

 理想の監督像もありません。強いて言うなら「カメレオンみたいな監督」を目指しています。

 「あくまでも主役は選手たち。彼らに寄り添って、柔軟に学んで成長したい」

練習を見つめる小島監督

練習を見つめる小島監督

気負わず自然体 100回目の夏へ

 選抜4強になり「もうLINEが嫌いになった」と言うほど、小島監督のもとにはたくさんのメッセージが寄せられました。「でも、野球は生活の一部。特別視されることじゃない」と言い切ります。

 選抜では日大三・小倉全由監督、大阪桐蔭・西谷浩一監督にもひけを取らない采配ぶりでした。でも、自身は「名将」と呼ばれたいわけではありません。「子どもたちのためにやっている。それだけですね」。自然体で夏の100回大会に挑みます。

1歳になる愛娘とにっこり、球児時代もイケメンだった小島監督
前へ
選抜の宿舎前で、娘の禾奈ちゃんを抱く小島紳監督=小島監督提供
次へ
出典:朝日新聞
1/6
前へ
次へ

あわせて読みたい

「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
Q&A
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
PR
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ

人気

もっと見る