MENU CLOSE

エンタメ

744

自治体の課題?何それ?な、あなたに…「彼の本心」悩む女心で説明

自治体の課題?何それ?な、あなたに…「彼の本心」悩む女心で説明すると…
自治体の課題?何それ?な、あなたに…「彼の本心」悩む女心で説明すると…

目次

広告会社に勤務する彼。

就活イベントで突然、告白された。

けど。

実家は八王子、趣味は地下アイドルの追っかけ。

そんな私に、なぜ? 釣り合うの?

そして、ちらつく本命の影。彼女は一体、誰?

恋も選挙も情報戦。抱えた悩みを整理できない女に勝ち目はない。じゃあ住んでる街の課題って?

【シリーズ恋も選挙も情報戦】
<恋も選挙も情報戦について>あなた、一目惚れを待っていませんか?
<序章>告白されたけど「この男、信用できるのか?」
<エピソード1>彼との出会い「組織を知る、それ大事」
<エピソード2>彼に借金あり!?住んでる街の懐事情
<エピソード3>自治体の課題「彼の本心」悩む女心で説明
<最終章>街の将来、彼との未来、納得してから決断
<木村草太さん解説>「恋愛と選挙は、よく似ている」騙されない投票

恋も選挙も情報戦〜エピソード3〜 本命の彼女は一体、誰?

※このコンテンツはエンターテイメントです。なかなかとっつきにくい選挙が恋愛を通して描くことで理解が深まるのかを調査しています。

 「佳祐さん、こんにちは。この前はご馳走さまでした。

 告白も嬉しかったです。

 ただ、いくつか聞きたいことがあるんです。

 おいしい日本酒、また一緒に飲みに行ってもらえませんか」

 絵梨香のメッセージに、佳祐からすぐに返信がきた。
 
 「もちろん、また行こう。いつがいい? 今週は金曜日なら都合いい」

 「了解しました。金曜日、楽しみにしています」

「告白も嬉しかったです。ただ、いくつか聞きたいことがあるんです」
「告白も嬉しかったです。ただ、いくつか聞きたいことがあるんです」 出典: https://pixta.jp/

そんな私になぜ彼が告白してくれたんだろう

 絵梨香はメールを送ってはみたものの、核心を聞けるのか、正直分からない。ドキドキしてきた。

 絵梨香の実家は八王子駅から徒歩15分ほどの住宅街にある。大学まで電車で40分ほどの距離。カフェのバイト代は地下アイドルの追っかけにつぎ込んでいる。正直、お気楽な学生だ。

 そんな私になぜ彼が告白してくれたんだろう。

 釣り合わないんじゃないかな。

 気が合うのは間違いないんだけど。

「釣り合わないんじゃないかな。気が合うのは間違いないんだけど」
「釣り合わないんじゃないかな。気が合うのは間違いないんだけど」 出典: https://pixta.jp/

「待って。突然で意味がわからないよ」

 大学4年の春、佳祐は、やよいと大学近くのカフェで待ち合わせた。

 「お待たせ」
 
 ふんわりしたレースのブラウスに、ハイウエストのストレートジーンズを着こなすやよいは、相変わらず綺麗だった。
 
 「久しぶり。就活で全然会えないね」

 「そうだね。やよいはエントリーシート書けた?」

 「そのことなんだけど。

  私、やっぱり東京で働くことはできない。

  地元に帰ろうかと思って」

 「帰るの? 聞いてないんだけど。俺と一緒に東京にいるって言ってくれてたじゃん」

 「そうなんだけど、親も帰ってこいって言うし。佳祐のことは好きなんだけど、私、東京で働いて、結婚して、子供を育てていける気がしなくて。地元に帰ったら、親もいるし、仲のいい友達もたくさんいるし。私も相当、悩んだんだけど」

 「待って。突然で意味がわからないよ」

 「本当にごめん」

 やよいが謝りながら泣き始めた。

「待って。突然で意味がわからないよ」「本当にごめん」やよいが謝りながら泣き始めた。
「待って。突然で意味がわからないよ」「本当にごめん」やよいが謝りながら泣き始めた。 出典: https://pixta.jp/

「分かった。頑張れよ」

 目の前で大好きな人が泣いている状況に、佳祐もどうすればいいのかわからない。付き合って2年。これからも一緒にいるものだと思っていた。

 お互い、長い沈黙が続いた。

 佳祐は、東京で就職して、働き続けたいと思っていた。やよいも一緒に東京で働いて、お互いに切磋琢磨、成長して、しばらくしたら結婚して、家庭を築きたいと思っていた。

 彼女の意思で決めたなら、反対しても仕方ない。
 
 尊重するしかない。

 「分かった。頑張れよ」

 佳祐はその言葉を言うだけで精一杯だった。

<解説>


 早稲田大学マニフェスト研究所の政策比較を元に、東京都の課題一覧をイラストで作成しました。

 今回の選挙は、「築地市場の豊洲移転」や「オリンピック・パラリンピック」の予算適正化などが話題です。国際オリンピック委員会(IOC)が選手村や競技場を禁煙とする「たばこのない五輪」を推進していることへの対策として「受動喫煙防止」について、ほとんどの会派が政策を打ち出しています。

 また、小池百合子都知事が誕生した契機となった「行政・議会改革」についても、課題解決に向けたマニフェストが出揃っています。

 しかし、同研究所が都民2千人に調査したところ、重視する政策は「医療・社会福祉」が28.8%でトップ、「防災・減災・インフラ整備」「雇用・景気対策」「子育て・教育」が続いています。

「恋も選挙も情報戦〜本命の彼女は一体、誰?」アンケート

関連記事

新着記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます