MENU CLOSE

エンタメ

12958

アイドルめざし、国会議員に陳情 冠二郎が語る「波乱の青春」

熱唱する冠二郎さん=2016年4月28日、東京都渋谷区、長島一浩撮影
熱唱する冠二郎さん=2016年4月28日、東京都渋谷区、長島一浩撮影

目次

 演歌歌手の冠二郎さん(72)がすごすぎる! 年齢詐称に、カツラ疑惑、31歳差婚……と、エピソードには事欠きません。酸いも甘いもかみ分けた彼の生き方は、何かと小さくまとまっちゃいがちな私たちに、気合を入れてくれます。たとえ悩み事があったって、思うようにいかなくたって、大丈夫! 私たちには、二郎センパイがいるから!(朝日新聞文化くらし報道部記者・岡田慶子)

冠二郎のすごすぎる人生
・アイドルめざして陳情「君の顔は演歌」
・地獄の極貧10年「あれは俺の黄金時代」
・年齢詐称バレて収入3倍 カツラ疑惑も

「おじさん、これと同じ頭にしてくれ」

 センパイの生まれは埼玉県の「秩父の山奥」。高校時代は、橋幸夫さん、舟木一夫さん、西郷輝彦さんの「御三家」全盛期で、センパイもご多分に漏れずガッツリ影響を受けたそうです。

 高2の春休みには、橋さんのマネをして潮来(いたこ)刈り(俗に言う角刈り)に。「橋さんのブロマイドを持って床屋さんに行って、『おじさん、これと同じ頭にしてくれ』って。同級生で、長髪は俺だけだったんだよ。で、女の子がキャーキャー言うから、変な自信過剰になって。突然アイドル志望になったわけ」

 以降、「秩高(ちちこう・秩父高校)の橋幸夫」と、もてはやされたという二郎センパイ。こびりついた“俺イケてる感”は、ますます加速していきます。

「潮来(いたこ)刈り」の橋幸夫さん=1961年3月29日
「潮来(いたこ)刈り」の橋幸夫さん=1961年3月29日
出典: 朝日新聞

地元の国会議員に「陳情」

 高2の夏休みには、「秩父で一番エラい人に頼めば、俺もアイドルになれるんじゃないか」と、地元出身の国会議員で元運輸大臣の荒舩清十郎さんを訪ね、上京したこともありました。

 「先生、俺を歌手にしてください」
 「俺の秘書になれ。30になったら参議院の公認をやる」
 「先生、俺歌手になりたいんです」

 この強烈な思い込みと、身の程知らずなトンデモ“陳情”はしかし、後の師匠・三浦康照さんとの出会いを引き寄せます。

冠二郎さんが「公認」をもらいかけた荒船清十郎さん=1977年2月25日
冠二郎さんが「公認」をもらいかけた荒船清十郎さん=1977年2月25日
出典: 朝日新聞

「人の3倍息を吸う演歌鼻」

 こぎつけたオーディションで、しかし、三浦さんは、二郎センパイに告げます。「君の顔は演歌だよ」と。

 これは、自らを橋幸夫風情だと思い込んでいたセンパイにとって、少なからずショックなひと言でした。「演歌ってアイドルより大衆的だし、俺は自分のことをもっといい顔だと思ってたわけ。女の子が騒ぐし。だから『どこが演歌ですか!』って。でも結局、人の3倍息を吸う演歌鼻だったわけよ」

アイドル志望だった冠二郎さん、突きつけられた現実は「君の顔は演歌だよ」=2016年4月28日、東京都渋谷区、長島一浩撮影
アイドル志望だった冠二郎さん、突きつけられた現実は「君の顔は演歌だよ」=2016年4月28日、東京都渋谷区、長島一浩撮影 出典: 朝日新聞

 こうして、演歌歌手として老舗レーベル、コロムビアの門をたたきました。

 ところが、「演歌歌手がゴロゴロいる」「同型はいらない」というオトナの事情で、録音済みのデビュー曲も出せないままビクターへ移籍。ようやくデビューを果たしたのは、2年後のことでした。

 「冠二郎のすごすぎる人生」は5月21日発行の朝日新聞夕刊紙面(東京本社版)「ココハツ」と連動して配信しました。

冠二郎のすごすぎる人生
・アイドルめざして陳情「君の顔は演歌」
・地獄の極貧10年「あれは俺の黄金時代」
・年齢詐称バレて収入3倍 カツラ疑惑も

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます