2018年05月11日

スプツニ子!さんも経験した年齢の壁。自分の声を聞けば越えられる

  • 提供:SK-II

 「30歳までには結婚しなくちゃ」「アラサーという言葉を聞くと焦る」など、30歳という年齢に不安を覚える女性は相変わらず多いようです。このような目に見えないプレッシャーに不安を感じたり、立ち止まったりしてしまう女性たちに寄り添いたいという思いから、一つの動画が昨年公開されました。その動画が伝えているのは、「自分が信じた道を進む上で、誰かに決められた期限なんてない。運命を変える力はあなた自身の中にある。」という、一歩を踏み出すためのメッセージ。SNS上で話題になったこの動画は、全世界で1億回以上、日本でも880万回以上の再生を記録し、さらに、このwithnewsで今年3月に紹介した日本限定特別動画も、大きな反響を呼びました。

 こうした状況を受けて今回、新たに近藤千尋さん、シシド・カフカさん、スプツニ子!さん、マドモアゼル・ユリアさんという、様々な分野で自らの人生を切り拓いてきた著名人4名が、これまで実際に経験してきた年齢にまつわるストーリーを赤裸々に語るインタビュー動画が同時に4本リリースされています。
 withnewsでは、その中の一人、アーティストのスプツニ子!さんの動画をフカボリ。意外にも目に見えない社会のプレッシャーに悩まされた時期があったようです。

何気ない言葉や、見えないプレッシャーで女性は心が削られる!

スプツニ子!さんは、高校を1年飛び級して英国のロンドン大学インペリアル・カレッジへ進学。卒業後、ロンドンでプログラマーとして働きながら、作詞作曲などの音楽活動も行い、英国王立芸術学院修士課程修了。その後、マサチューセッツ工科大学メディアラボの助教をしばらく務めた後、日本に帰国し大学准教授に就任。現在はアーティスト、研究者として世界を舞台に第一線で活躍しています。こんなにも華々しいキャリアを歩み、実際、自らの力で人生を切り拓いてきた彼女でさえ、30歳を前にした頃、飲み会やメディアからの何気ない言葉や社会からの見えないプレッシャーによって、心が疲弊していたことを動画の中で赤裸々に語っています。その言葉を聞くと、女性は誰でも多かれ少なかれ「30歳の壁のプレッシャー」を経験するものなのだなと改めて気づかされます。

人の声ではなく、自分の声を聞き、自分の信じた道を進む

 でも、スプツニ子!さんは、ある時「人の声を気にしていても仕方ない、自分の声に耳を傾けよう」と思ったのが転機となり、迷いなく、目の前の人生を素直に楽しむようになったそうです。動画ではこんな風に語っています。
 「誰かの期待に応えようとすると、もうキリがなくて、しかも、なんかこれやってあれやってって全部やろうとしても出来ない。だから、一番大事なのは自分が気持ち良いか、自分が楽しいか。人の声ではなく、自分の声を聞こうと思うようになったのが大きな転機でしたね」
 社会の声に惑わされず、自分の気持ちに素直になる。それこそが自らの生き方を輝かせる秘訣なのです。

パッケージ化された女性の人生ではなく自分らしく生きよう

 さらに、スプツニ子!さんは、日本やアジアの女性はパッケージ化された女性の人生を社会に押しつけられることが多い印象があると感じています。そのため、まずは女の人が不安になるようなプレッシャーをかける社会が変わらないといけないと言います。さらに、「でも、女の人自身もそういう目に見えないプレッシャーがあることにちゃんと気づいて、この感じに負けないぞっていう気持ちを持つことが大事」だと女性たちにエールを送っています。

 見えない誰かと比べるのはやめて、目の前の人生を素直に楽しんでほしいというスプツニ子!さんと同じメッセージを伝えるもう一つの動画も見てみましょう。

 この動画は、女性が誕生してから30歳になるまでの成長の過程と葛藤を追ったショートストーリー。生まれたときから腕に30歳の誕生日がスタンプのように押されているところからスタート。このスタンプは、女性が年齢を重ねることに対して感じているプレッシャーを示唆していますが、世間に惑わされず、自分の意思で生きていこうと決めた瞬間、スタンプは消え、女性たちも吹っ切れた笑顔を取り戻すというところで終わります。

 いかがでしょう? この動画を見ていると、もしかしたら年齢へのプレッシャーって自分で知らず知らずのうちに与えているものなんだ、という気がしてきませんか? 動画の中にこんなコメントがあります。「自分が大切だと思うことに胸を張れば、周りの目も気にならなくなる。だから、自分が大切にしていることを信じて前へ進もう」と。

 本動画が発信する「♯期限なんてない」のキャンペーンメッセージに共感した、様々な分野で圧倒的存在感を放つ著名人、シシド・カフカさん、近藤千尋さん、スプツニ子!さん、マドモアゼル・ユリアさんが、それぞれの言葉で「期限にとらわれない生き方」を語ってくれたのが、今回同時リリースの動画です。
 この4名の動画は、彼女たちのリアルボイスを通して『本当に大切だと思うことを信じて前へ進めば、運命だって変えられるはず。自分の人生に、誰かに決められた期限なんてない』というメッセージを伝えています。
 あなたも今から始めてみませんか? 自分の価値観で、自分の道を進んでいくという生き方を。きっと、もっと毎日が楽しくなるはずです。

 近藤千尋さん
 「見えない誰かと比べるより、自分自身と戦いたい」


 シシド・カフカさん
 「成長していくということに関して、リミットはない」


 マドモアゼル・ユリアさん
 「何歳だからもう遅いなんて、社会の洗脳。こうありたいって自分が思えばいい」


■SK-II公式サイトはこちら

人気

もっと見る