2017年12月25日

解散宣言から30年 BOØWYファンの想いが新聞広告でカタチに

  • 提供:レコチョク

「THANKS BOØWY」のメッセージ

2017年12月24日。朝日新聞全国版に、「THANKS BOØWY」というメッセージとそれを囲む482名の名前が記載された1ページの広告が掲載されました。

これは、株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:加藤裕一、以下レコチョク)が運営する共創・体験型プラットフォーム「WIZY(ウィジー)」が呼び掛けた「12月24日の新聞上でBOØWYにお祝いメッセージを伝える」プロジェクトが、サポートしたファンとともに広告掲載したものです。

1987年12月24日。東京・渋谷公会堂公演で解散を宣言したBOØWYは、翌日、新聞広告で「BOØWY解散。」とファンへ解散を知らせました。今年はBOØWYのデビュー35周年であり、解散告知から30年後の12月24日に、今度はファンからBOØWYへ、BOØWYが解散を伝えた新聞広告を使い、「35周年をお祝いする」気持ちをカタチにできる場を用意しようと、このプロジェクトがスタートしました。

プロジェクトをサポートしたファンの中には、「30年前の12月25日 あの新聞の広告を見て涙しました」という方や、「解散宣言から30年経ったあの時と同じ日に同じ媒体で感謝を述べられるなんて」という声が寄せられ、また、心を熱くしてくれたBOØWYへ、お礼を伝えたいという感謝の声が届いています。

『BOØWY 1224 -THE ORIGINAL-』がリリース

また、このプロジェクト立ち上げのもう一つのきっかけとなったのが、本日2017年12月24日にリリースされる映像作品『BOØWY 1224 -THE ORIGINAL-』です。今年、突然の解散宣言を収めたオリジナルフィルムが新たに見つかり、LAのスタジオで4Kスキャニングし、デジタル映像データ化、BOØWY作品を数多く手がけた映像ディレクター前嶋輝氏が新たな編集を施し、初のHDおよび4K・HDR化、初の16:9画角で復元され、DVD、Blu-ray、そして日本の音楽ソフトでは初となる4K Ultra HD Blu-rayの3形態でリリース。熱狂。そして奈落。絶頂と悲しみを同時に体感したこの日、クリスマスイブの渋谷公会堂が、新たな映像となって日本ロック史に永遠に語り継がれます。

WIZYは、今後も。アーティストとファンの“想い”をつなぎ、その実現をサポートしていきます。

WIZY(ウィジー)について

WIZYは、アーティストが実現したい、メッセージ性やクリエイティブ性の高い企画を、そのアイデアに共感・サポートしたファンと共にカタチにする、音楽分野に特化した共創・体験型プラットフォームです。アーティストとファンの“想い”をつなぎ、その実現をサポートしていきます。WIZYという名称は「With You」をもとにした造語です。
株式会社レコチョクがプラットフォームを提供、潜在的なアーティストファンへのアプローチや、アーティストとの結びつきをさらに深められるような感動体験の創出をお手伝いいたします。

【WIZY(ウィジー)】みんなの夢をかたちにしよう-アーティストとファンによる共創・体験型の音楽クラウドファンディングプラットフォーム

音楽は、ただ”聴くこと”から”体験”として多様化し、そのサイクルをアーティスト(クリエイター)とファンが”共に創る”時代に。レコチョクが運営するWIZY(ウィジー)は、アーティストとファンの想いを繋ぎ、その実現をプロジェクトという形でサポートする共創型クラウドクリエイティングプラットフォームです。

※「BOOWY」の2つ目のOはストローク符号付きが正式表記です。
※本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

人気

もっと見る