MENU CLOSE

ネットの話題

公式のブックカバーが「バーモントカレー」 未来屋書店が謎のコラボ

コラボ実現の経緯を取材しました

バーモントカレーそっくりなブックカバー
バーモントカレーそっくりなブックカバー 出典: 未来屋書店提供

目次

 「みんなこのバーモントカレーをみてくれ……実はこれ、ブックカバーなんだぜ……」。イオングループの書籍専門店「未来屋書店」のそんなSNS投稿が注目を集めています。コラボ実現の経緯を取材しました。

文庫本を購入するとブックカバーとしおりがもらえます。デザインはそれぞれ2種類ずつ
文庫本を購入するとブックカバーとしおりがもらえます。デザインはそれぞれ2種類ずつ 出典: 来屋書店提供

投稿が話題に


 未来屋書店 Bookmark Lounge cafe 碑文谷店のX(ツイッター)アカウントが7日、こんな投稿をしました。

 みんなこのバーモントカレーをみてくれ……

 実はこれ、ブックカバーなんだぜ……

 と、いうわけで!

 今日から未来屋書店で文庫を買うといつもの未来屋書店のカバーではなくバーモントカレーカバーです!

(いつものカバーもあります)

 添付された画像に写っているのは、ハウス食品の「バーモントカレー」そっくりなブックカバーです。

 この投稿に対して、「控えめに言ってもものすごく欲しい」「電車内とかで見かけたら吹いてしまうかも」といったコメントが寄せられ、いいねは5000を超えています。

未来屋書店に聞きました


 「書籍とほど遠い業界とコラボさせていただくことで、双方のお客様にアピールできるのではと考えました」

 そう話すのは、未来屋書店商品企画グループのマネージャー・北田秀明さん。

 バーモントカレー60周年を記念してのコラボで、文庫本を購入するとブックカバーとしおりがもらえます。

 デザインはバーモントカレーのパッケージにそっくりなものと、イラスト風のものの2種類。

 9月7日から配布が始まり、10月21日までを予定していますが、なくなり次第終了だそうです。

甘口にした理由


 大手総合印刷会社の仲介によって実現したという今回のコラボ。

 ハウス食品側としても「未来屋書店はイオンモール内に多くあるのでファミリーでの来店が見込める」「本屋は信頼感のあるイメージがある」といったメリットがあったようです。

 ところで、なぜ辛口や中辛ではなく甘口のデザインなのか?

 「ハウス食品様では広告などの象徴的なイメージとして使用するのが甘口とのことで、甘口にさせていただいております」と北田さん。

 すでに「おもしろい」「かわいい」といった反響が寄せられているという今回の企画。

 碑文谷店の投稿が話題になったことについてはこう話します。

 「日頃からご欄いただいているお客様がたくさんいらっしゃるおかげで、話題になることができました。お客様にもスタッフにも感謝感激です。第2弾の投稿もおもしろいのでぜひチェックしてみてください」

関連記事

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます