MENU CLOSE

ネットの話題

営業時間は0時3分まで 山形の書店看板が話題、3分プラスの理由は

理由を店長に聞きました

営業時間は「9:30~0:03」と表記されています
営業時間は「9:30~0:03」と表記されています 出典: こまつ書店提供

目次

 営業時間は「9:30~0:03」。そんな書店の看板がネット上で注目を集めています。なぜ0時ピッタリではなく3分プラスされているのか、理由を店長に聞きました。

【PR】デフリンピックへ向け「おもてなし」のコミュニケーション学ぶ
こまつ書店寿町本店
こまつ書店寿町本店 出典: こまつ書店提供

山形のこまつ書店


 昭和56年創業で、山形県内に5店舗を展開する「こまつ書店」。

 話題になったのは、山形市にある寿町本店の看板です。

 営業時間が書かれているのですが、「9:30~0:03」となっています。

 先日、この看板がツイッターで紹介されると「3分の理由が知りたい」と話題に。

 すると、理由を推測するこんなコメントが寄せられました。

 「解禁日になってすぐ買いたい人のために?」

 「0時=12時として123にしたかった?」

 「客が店を出る時間を3分取ってるとか?」

営業時間は「9:30~0:03」と表記されています
営業時間は「9:30~0:03」と表記されています 出典: こまつ書店提供

店長に聞きました


 こまつ書店のホームページを確認すると、寿町本店は「9:30~0:03」となっていますが、コロナ対応で現在は23:03までの営業とのこと。

 他の4店舗についても、従来は「9:30~23:03」でしたが、現在は22:03までのようです。

 「私が入社した24年前もすでにプラス3分でした」と話すのは、寿町本店の鈴木真基さんです。

 会社の採用担当でもある鈴木さんによると、プラス3分の理由は「駆け込みで来られたお客様が商品を選ぶ余裕を持てるように」とのこと。

 書籍だけでなくCDや文房具なども取り扱っており、文房具については「あすどうしても必要」といった駆け込み需要があるそうです。

 採用面接の際にもよく聞かれるというプラス3分の理由。話題になったことについてはこう話します。

 「盛り上がっていただけてうれしいです。これからもお客様第一で変わらずやっていきたいです」

関連記事

PICKUP PR

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます