MENU CLOSE

ネットの話題

オシャレな包みと思いきや… 「YASUKUTE UMAI」でした

おもしろパッケージを考案した製パン会社を取材しました

話題になっているパンのパッケージ
話題になっているパンのパッケージ 出典: 小菅製パン提供

目次

 一見するとオシャレなパンのパッケージ。でも書かれている文字を読むと「YASUKUTE UMAI(安くてうまい)」「NAKANAKA IINJYANAI(なかなかいいんじゃない)」となっていた――。そんなおもしろパッケージを考案した製パン会社を取材しました。

◆未来空想新聞2040 5月5日発行!こどもの日は、未来を考える日。◆
話題になっているパンのパッケージ
話題になっているパンのパッケージ 出典: 小菅製パン提供

流山の小菅製パン


 千葉県流山市に本社と工場がある「小菅製パン」。

 学校給食用のパンがメインですが、千葉、神奈川、東京にある直営6店舗では小売り販売もしています。

 そんな直営店で使われているパンを個包装するパッケージが先日、ネット上で注目を集めました。

 アルファベットが印字されたオシャレな包装に見えますが、よく読むとこんな文字が書かれています。

 「YASUKUTE UMAI(安くてうまい)」

 「CHOI UMA GURUME(ちょいうまグルメ)」

 「SAIHUNI IINJYANAI(財布にいいんじゃない)」

 これに気づいた人がSNSで紹介すると「ダイレクトマーケティングすぎて好き」「全部読みたくなっちゃいます」といった反応が寄せられました。

話題になっているパンのパッケージ
話題になっているパンのパッケージ 出典: 小菅製パン提供

社長に聞きました


 「包装メーカーとの打ち合わせの場で私がポロッと言ったのがきっかけです」

 そう話すのは小菅製パンの社長・小菅大輔さんです。

 おいしくて安いパンが売りなので、あまりオシャレすぎるのは似合わない。

 気取らずストレートなメッセージをローマ字で書いたらおもしろいのではないか、と提案したそうです。

 書かれている文章は全部で8種類で、うち4つは「IINJYANAI(いいんじゃない)」が使われています。

 「言い切りや強制ではなく、問いかけるかたちがいいのではないかと考えました」

パッケージに使われている文章の元データ
パッケージに使われている文章の元データ 出典: 小菅製パン提供

使っているのは1年ほど前から


 1年ほど前から使っているそうですが、ここまで注目を集めたのは初めてだといいます。

 「おそらく気づいていない人がほとんどなんだと思います」と小菅さん。

 話題になったことについては、こう言います。

 「MOTTO IINE OSHITEMO IINJYANAI(もっといいね押してもいいんじゃない)」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます