MENU CLOSE

ネットの話題

「元気のないチアリーダー」 言い得て妙なイソギンチャクつかむカニ

撮影した飼育員に話を聞きました

キンチャクガニ
キンチャクガニ 出典: すさみ町立エビとカニの水族館のツイッター

目次

 両方のハサミにイソギンチャクをつかんで、ゆっくりと動かす姿がまるで「元気のないチアリーダー」みたい――。そんな動画が注目を集めています。撮影した飼育員に話を聞きました。

◆鍛えすぎは禁物?!スポーツ科学が解き明かす効率的なトレーニング法(PR)◆

エビとカニの水族館


 和歌山県すさみ町にある「すさみ町立エビとカニの水族館」。

 世界中から集めたエビとカニを中心に、ウミガメや地元で採集された魚などを展示しています。

 そんな水族館のツイッターアカウントが17日、「元気のないチアリーダー」というタイトルで動画を投稿しました。

 映っているのは「キンチャクガニ」で、両方のハサミにイソギンチャクをはさんでいます。

 チアリーダーがポンポンを手にしているように見えるその姿で、ハサミをゆっくり左右に動かしています。

 確かに「元気のないチアリーダー」のように見えるこの動画。

 「水曜日の仕事終わりの私」「がんばれキンチャクガニ!」といったコメントが寄せられ、いいねは2000を超えています。

キンチャクガニ
キンチャクガニ 出典: すさみ町立エビとカニの水族館のツイッター

飼育員に聞きました


 「いつになくゆっくり動いていたので動画を撮影しました。いつもはもっとリズミカルに動いています」

 そう話すのは、飼育員の千田茜さんです。

 お互い共生関係にあるというキンチャクガニとイソギンチャク。

 キンチャクガニにとってはタコなどを威嚇する際に有効で、イソギンチャクはカニの餌のおこぼれをもらえるメリットがあるそうです。

 つねにハサミでイソギンチャクを挟んでいますが、食事の時などに離すこともあるといいます。

 実は千田さん、このツイートの5日前にカブトガニが活発に動く様子を投稿して40000を超えるいいねを集めたばかり。

 今回は対照的にのんびりとしたカニで注目を集めました。

 「思った以上に伸びてよかったです。キンチャクガニを応援してくれるコメントがあったのがうれしかったです」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます