MENU CLOSE

連載

#8 特別じゃない日

妻の帰りを待ちわびたおじいさん いざ帰宅されると、居間に戻って…

 

漫画「おるすばん」の一場面。おばあさんが旅行に行き、ひとりで留守番をしていたおじいさんは……
漫画「おるすばん」の一場面。おばあさんが旅行に行き、ひとりで留守番をしていたおじいさんは…… 出典: 稲空穂さん提供

目次

 「特別じゃない日」をテーマにした単行本が発売された漫画家・稲空穂さん。ツイッターで発表して注目を集めた漫画「おるすばん」に込めた思いを聞きました。

◆「医療機器」に起こったパラダイムシフト 「次世代CT」15年にわたる研究の軌跡(PR)◆
漫画「おるすばん」
漫画「おるすばん」 出典: 稲空穂さん提供

漫画のあらすじ


 「行ってきます」とキャリーケースを手に出かけていくおばあさん。

 どうやら友人と旅行に行くようです。

 おじいさんは「うん」とだけ言って、見送りもせずに居間に座ったまま新聞を読んでいます。

 夜になって、妻が用意してくれた夕飯を食べようとしますが、しょうゆの場所がわからず探し回ります。

 ひとりで見るバラエティー番組はつまらなくて早々に寝ることにしますが、寝室がいつもより広く感じました。

 翌朝、帰宅が18時ごろになると連絡があり、いそいそと部屋の掃除を開始。何度も外を眺めては帰りを待ちます。

 玄関の向こうに帰宅した妻のシルエットを見つけると、なぜかいったん部屋の中へ。

 なかなか入って来ないのでのぞいてみたら、カバンやポケットの中を探って鍵を探しているようです。

 じれったくなって、内側からカギを開けようと手を伸ばした時に、「ガチャン」とカギを開ける音が。

 帰りを心待ちにしていたことを知られたくないおじいさんは、あわてて居間に戻ります。

 新聞を読んでいたふりをしますが、紙面は逆さまで、メガネもかけわすれたまま。

 それに気づいたおばあさんは、「ふふ」と笑うのでした。

作者・稲空穂さんからのメッセージ


 「いつもの時間」に帰ってくる家族が、様々な理由でその時間に帰ってこないことはよくあります。

 少し増えた自分ひとりだけの時間。

 最初のうちは「あれもできる、これもできる」と自分のペースで過ごします。

 でも、夕方が近付いてくるにつれて、無駄にLINEのメッセージを確認してみたり、近くで車の音がするたびに窓の外を見てみたり。

 結局、増えた自分ひとりだけの時間を、落ち着きのない時間として過ごしているような気がします。

 その分、家族が帰ってきた時のホッとした気持ちや、今までソワソワしていた自分が報われるような気持ちは、何度経験しても幸せな時間だと思っています。

    ◇

 〈稲空穂=いな・そらほ〉 静岡県出身・在住の漫画家。会社員を経て2017年に「おとぎ話バトルロワイヤル」(KADOKAWA)でデビューし、「特別じゃない日」で日常をテーマにした作品に挑戦中。老夫婦や女子高校生、主婦、バイトの青年……それぞれの小さな幸せがつながっていく物語を描いていて、実業之日本社から第1集が書籍化されています。Twitterアカウントは@ina_nanana

 withnewsでは原則隔週水曜日に、稲さんの漫画とともに作品に込めたメッセージについてのコラムを配信しています。

連載 特別じゃない日

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます