MENU CLOSE

マンガ

心躍る「野菜の詰め放題」 だけど「忍びない」仕掛けがあった

しげふみ……

小山コータローさんの漫画「生命の神秘」
小山コータローさんの漫画「生命の神秘」
詰めづらい! 漫画家・小山コータローさん(@MG_kotaro)が描くのは、どこか奇妙だけどなぜかツボに入る4コマ漫画。想像の斜め上からくる小山さんの発想力で、月曜日、ちょっとダウナーな頭をやわらかくしてみませんか。
プレモルと絶品プリン。withnewsチームが見つけた共通点とは(PR)
小山コータローの4コマ劇場

「生命の神秘」

小山コータローさんの4コマ漫画「生命の神秘」
小山コータローさんの4コマ漫画「生命の神秘」

野菜の旨さ

「武器がひとつしかない男」や「限定しりとり」などの漫画で、たびたびツイッターでも話題になっている小山さん。「野菜」について聞いてみました。

子供の頃なんかは「野菜? いらないよ! 大昔、野菜を最初に見つけた人が結構無理して食べたせいで、なんで僕まで食べないといけないのさ!」

などと思っていましたが、大人になると野菜の旨さに心躍りますね。

タイムマシンがあったら子供の頃の自分に干渉して、野菜へ懺悔を叫びながら消えて無くなりたいです。

今の時期なんかはやっぱり鍋ですよね。僕は豆乳鍋が大好きで、スーパーで豆乳鍋の素を見つけると、「ありがとう!」と叫びながら泣いてキスをしてしまうほどです。

鍋に入れた野菜は本当に美味いですよね。でも、肉の方が旨いです。

ここまでの流れで野菜が1番かのように錯覚させていたかもしれませんが、現在比較するものが「子供のころの野菜」なので過剰に美味そうに見えていただけでした。

本当に美味いのは、豚バラです。

でもバラは植物だから、3021年、地球を支配したAIが文字列だけみて野菜として登録しているかもしれませんね。

そうなったら人間最後の生き残りとして半分機械仕掛けの身体で、鍋をつつきたいとおもいます。

<こやま・こーたろー>
 漫画家。「違和感」を作風とし、漫画家のSNS「コミチ」やTwitterで毎日4コマ漫画を発信中。前後関係を無視したセリフや、突拍子もない理不尽な展開が得意。初の書籍「デリシャス・サンド・ウィッチーズ」(扶桑社)発売中。Twitterアカウントは@MG_kotaro

   ◇

 漫画家・小山コータローさんの連載「#小山コータローの4コマ劇場」は原則週1回(月曜日)、withnewsで配信していきます。
小山コータローの4コマ劇場
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます