MENU CLOSE

ネットの話題

ハンカチ拾って渡したらプロポーズ? まさかの婚姻届デザインが話題

好きな人に拾ってもらうとプロポーズになるハンカチです。

婚姻届のハンカチ
婚姻届のハンカチ 出典: 山月智浩さん提供

目次

 好きな人に拾ってもらうとプロポーズになるハンカチです――。そんなアイデア作品がツイッターで注目を集めています。商品化に向けて動き出した作者に話を聞きました。

広げるとこんな感じ
広げるとこんな感じ 出典: 山月智浩さん提供

婚姻届のハンカチ


 8月29日、こんなツイートが投稿されました。

 「婚姻届のハンカチをつくりました 好きな人に拾ってもらうとプロポーズになる」

 添付された画像にはハンカチが写っていて、広げてみると婚姻届のデザインがそのままプリントされています。

 意中の人の目の前でわざとこのハンカチを落とせば、拾って渡された瞬間がプロポーズになる、ということのようです。

 この投稿に対して、「これ欲しいんですけど」「全然興味ない人だったら恐怖」といったコメントが寄せられ、いいねは3万を超えています。

作者に聞きました


 作者はツイッターアカウント「山(@___montagne)」の山月智浩さん。

 京都芸術大学の空間演出デザイン学科を卒業後、4月から大手通販会社で働いています。

 「新人研修の中で『商品企画をやってみよう』というお題が出されて、その時に作ったものです」

 山月さんがテーマとして考えたのは「アイツを振り向かせたい!」。

 好きな人に振り向いてもらえるような4商品を提案。うち3つについては実物も制作しました。

 そのうちの1つが婚姻届のハンカチです。

山月智浩さんがプレゼンした4つの商品アイデア
山月智浩さんがプレゼンした4つの商品アイデア 出典: 山月智浩さん提供

思いついたきっかけは


 実用性よりもユーモアや可愛らしさを意識しながら頭をひねることに。

 気持ちが実る瞬間について考えていたら、「正式に認められるのは婚姻届を出した時か」と思い、その両方を一緒にできないかとひらめいたそうです。

 そこで出てきたのが、漫画などで見かけるハンカチを拾う出会いのシーンと、婚姻届を組み合わせるというアイデアでした。

 ツイッターで発表すると商品化を望む声が寄せられたことから、本格的に検討を開始。

 生産や流通、販売といった一連の流れを知ることで、通販会社での業務にも役立つはず、という思いもあるそうです。

 「学生時代にジェンダー問題について取り組んだこともあり、今回は自分の熱量を生かして企画しました。誰かの『好き』という気持ちに寄り添って、応援できるようなアイデアをこれからも出していきたいです」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます