MENU CLOSE

ネットの話題

もうトイレットペーパー盗ませない! 人の心理に訴えた対策が話題に

トイレットペーパーの盗難で困っていた道の駅。そこに貼ってある「人間の心理に訴えた貼り紙」について取材しました。

盗難対策として貼り出されているポスター
盗難対策として貼り出されているポスター 出典: 道の駅水辺プラザかもと提供

目次

 トイレットペーパーの盗難で困っていた熊本県内の道の駅。そこにある「人間の心理に訴えた貼り紙」がネット上で話題になっています。支配人に話を聞きました。

◆今売れてるパーフェクトサントリービール あの先生が脳科学的に解説(PR)◆
盗難対策として貼り出されているポスター
盗難対策として貼り出されているポスター 出典: 道の駅水辺プラザかもと提供

熊本の道の駅


 熊本県山鹿市にある「道の駅水辺プラザかもと」。

 物産館だけでなく、レストラン、パン工房、天然温泉付き宿泊施設などもあります。

 24時間使える屋外のトイレは、盗難対策としてトイレットペーパーホルダーが鍵付きに。

 話題になっているのはそちらではなく、屋内のトイレで実施している対策です。

 洗面台付近に貼ってあるポスターのことで、こんな文章が書かれています。

 大好評発売中

 当店で使用しているトイレットペーパーは盗まれるほど大人気!

 そのため、ご好評につき販売することとなりました!

 購入をご希望の方はお手数ですが、レジまでお持ちください。

 1巻50円(税込)
盗難対策として貼り出されているポスター
盗難対策として貼り出されているポスター 出典: 道の駅水辺プラザかもと提供

支配人に聞きました


 販売を告知しているように見えますが、伝えたい内容はそうではありません。

 「売り物です」と明示することで、持って帰れば窃盗になりますよ、というメッセージが込められているのです。

 先日、このポスターがツイッターで紹介され、「いいアイデア」「実際買う人がいるかどうか気になる」といったコメントが寄せられています。

 支配人の荒木英夫さんによると、貼り出したのは昨年の秋ごろ。

 運営会社の社長が、他の道の駅でこのようなポスターを貼ったら効果があった、と知ったのがきっかけでした。

 文言を一部変えて同じようなポスターを作成し、店内にある男女それぞれのトイレの洗面台付近に貼ったそうです。

道の駅水辺プラザかもと
道の駅水辺プラザかもと 出典: 道の駅水辺プラザかもと提供

購入希望者も


 実際に販売するつもりはありませんでしたが、「売ってほしい」と言われたことも。

 「キャンピングカーでお越しの方でした。移動先でトイレットペーパーがなかった時のために常備しておきたいとのことで」

 扱っているトイレットペーパーは、市販品と比べて長いため、50円で販売すると赤字になってしまうそうです。

 貼り紙の効果については、「利用の多い屋外トイレではありませんし、かつてが盗難だったのか使う方が多かったのか、はっきりしないために明確にはわかりません」とのこと。

 話題になったことについては、こう話します。

 「トイレットペーパーの盗難に限らず、不法投棄など、道の駅が困っていることは他にもあります。これをきっかけに知ってもらえたらうれしいです」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます