MENU CLOSE

ネットの話題

「ダダダダダダダ」って銃撃戦? くちばし打ち鳴らすハシビロコウ

ハシビロコウがくちばしを打ち鳴らす動画が注目を集めています。

ハシビロコウのフドウ
ハシビロコウのフドウ 出典: 松江フォーゲルパーク提供

目次

 「動かない鳥」として知られるハシビロコウ。そんな鳥が飼育員に向かって近づきながら、くちばしを打ち鳴らす動画が注目を集めています。その音がまるで銃撃戦のように聞こえるのです。

ハシビロコウのフドウ
ハシビロコウのフドウ 出典: 松江フォーゲルパーク提供

松江フォーゲルパーク


 動画を投稿したのは、松江フォーゲルパークのツイッターアカウント。

 島根県松江市にある花と鳥のテーマパークです。

 17秒の動画には、こんな文章が添えられています。

 突如、銃撃戦が始まったかのような音が鳴り響きますが、ハシビロコウのクラッタリングです。

 くちばしを打ち鳴らして音を出す、彼らのコミュニケーション方法です。

 撮影しているスタッフに挨拶をしているようです。

「思った以上に銃撃戦」


 カメラを構えた飼育員に向かって、ゆっくりと近づいてくるハシビロコウのフドウ(オス)。

 展示施設の屋外から屋内に入ったあたりで、「ダダダダダダダダ」と銃撃戦のような音が響きます。

 いったい何の音かと思いきや、フドウのくちばしを見ると、小刻みに動かして打ち鳴らしていることがわかります。

 この投稿に対して、「思った以上に銃撃戦の音だった」「世界中の銃声がクラッタリングにかわりますように」といったコメントが寄せられ、再生回数は50万回、いいねは4万を超えています。

ツイッター担当者に聞きました


 「この動画は4月上旬に飼育員が撮影したものです」と話すのは、営業・企画課の山田篤さん。

 動画を受け取って投稿したツイッター担当者です。

 撮影したのは、ちょうど夕ごはんのタイミングで、飼育員の姿に気づいた時のことだったそうです。

 「クラッタリングは求愛や威嚇など、コミュニケーションのために使われます。いつもの飼育員に気づいてあいさつをしていたようです」

ハシビロコウのフドウ
ハシビロコウのフドウ 出典: 松江フォーゲルパーク提供

顔を忘れるとしてくれない?


 山田さんが頻繁に顔を出している時は、同じようにクラッタリングしてくれますが、しばらく間が空くと顔を忘れるのか、してくれないといいます。

 動画が話題になったことについては、こう話します。

 「期待はしていましたが、思った以上の反響でした。飼育員が来たタイミングでやってくれる可能性があるので、ぜひ張り付いて観察してください」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます