MENU CLOSE

連載

57051

#42 漫画「すべてを肯定してくれる彼氏」

「わたしだけを見てちょんまげ」 彼女からのお願い、彼の答えは…

大げさくらいでちょうどいいんだ!

あまいろさんの「すべてを肯定してくれる彼氏」より
あまいろさんの「すべてを肯定してくれる彼氏」より

目次

「わけわかめ」「冗談はよしこさん」……懐かしいギャグが大好きな彼女と、それをあたたかく見守る彼氏。漫画家・あまいろさん(@tentijin11)が描く漫画「すべてを肯定してくれる彼氏」がツイッターで人気です。高校生から連絡先をもらった由香ちゃんを心配する野田くんは…。
漫画「すべてを肯定してくれる彼氏」

「メモ、捨てたよね?」

あまいろさんの「すべてを肯定してくれる彼氏」より
あまいろさんの「すべてを肯定してくれる彼氏」より
漫画「すべてを肯定してくれる彼氏」の主人公は引っ込み思案な大学生の由香ちゃん。「ばっちぐー」「わけわかめ」など昭和のギャグをこよなく愛するという天真爛漫な一面もあります。

由香ちゃんを優しく見守っているのは、彼女のすべてを受け入れる彼氏・野田くんです。こんな2人のやりとりに「癒やされる」と、これまでの物語をまとめたツイートは2.7万回以上リツイートされ、いいねは11.7万件以上集まっています。

大学で由香ちゃんに出来た友だち「ちえみちゃん」と、野田くんに思いを寄せていた「浅香さん」も加わり、2人の日常にも騒がしくなってきました。そこに新たに現れたのは、野田くんの友だちのお姉さん「真紀さん」です。
サウナ帰りの由香ちゃんが高校生からもらった連絡先について、「高校生から渡されたメモって捨てたよね」と青ざめながら確認する野田くん。
野田くんの心配をよそに、由香ちゃんはあっけらかんと「ううん、まだ持ってる」。

野田くんは「よし燃やそう!」と大胆な提案をしますが、「嫌よ、私のたからものなんだから」と由香ちゃんは断ります。

持っているだけで、連絡はとらないという由香ちゃんですが、野田くんにとってみれば、それでもやっぱり心配は心配。
「そいつとは会ってないよね?」という確認には「うん、それはない」と否定する由香ちゃんですが、「あ、でも時々視線を感じるときはあるかな」。ちょっと怖い…。

案の定、野田くんも心配になったようで、「警察に行って被害届を出そう!」と提案しますが、「大げさなんだから」と一蹴されてしまいました。
 
あまいろさんの「すべてを肯定してくれる彼氏」より
あまいろさんの「すべてを肯定してくれる彼氏」より
ここで由香ちゃん「もしも」の話をします。
「もし私が高校生とこっそり会ってたらどうする?」

野田くんは「血へど吐くよふつーに」。

とはいえこれは仮定の話。
「私は龍(野田くん)だけを見てる。だから龍も私だけをみてちょんまげ」と迫る由香ちゃんなのです。

野田くんも負けじと「当たり前田のクラッカー」と返し、由香ちゃんの「信じていいなおすけ?」にも「もちろん!いいなおすけ!」と二人なりの解決に至るのでした。

たからものって何だろう

真紀さんのことでケンカをして以降、和解の道を探っていた二人は、とうとう「当たり前田のクラッカー」で決着しました。ところで新たな火種となっていた由香ちゃんがもらった高校生の連絡先。由香ちゃんは「たからものなの」と言い張っていましたが、あまいろさんにとってのたからものってなんでしょうか?聞いてみました。

私のたからものって何だろう?

部屋のなかにある一番高価なものは、iPad pro 。
たしかにこれはたからものです。
これがないとマンガが描けません。


いやまてよ。


マンガが描ける能力。

こっちのほうが大事ですね。これがあるから、私は会社を辞めて大嫌いな人間から離れることができました。承認欲求も満たしてくれます。


いやまてよ。


健康。

健康だからマンガが描けるのです。健康だから美味しいものを美味しく感じ、美しいものを美しく感じることができる。


私の一番のたからものは「健康」


これしかありません。

【次回予告】
無事、仲直りをした二人。さっそく野田くんがキュンキュンしています(次回は11月24日配信予定)

     ◇

withnewsでは、あまいろさんの漫画「すべてを肯定してくれる彼氏」を原則週1回(火曜)配信していきます。これまでのエピソードとともに、込められた思いや制作の裏話をあまいろさんに綴ってもらいます。

<あまいろ>
漫画家。クスッと笑えるほっこりする作品を中心に、Twitterや漫画家コミュニティ「コミチ」などで漫画を発信中。「すべてを肯定してくれる彼氏」が話題。Twitterアカウントは@tentijin11

漫画「すべてを肯定してくれる彼氏」
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます