MENU CLOSE

連載

1380

#165 #withyou ~きみとともに~

悩み相談なのに「途中で切ってもいい」? あなたの気持ち聞かせて

チャイルドラインが配布しているカードには、HPにとべるQRコードも記載されています
チャイルドラインが配布しているカードには、HPにとべるQRコードも記載されています 出典: チャイルドライン提供

目次

18歳以下の子どもたちの悩みを、電話やチャットで受け付けている「チャイルドライン」を知っていますか?新学期が始まるこの時期、不安な気持ちを少しでも聞こうと、いつもより長い時間、相談を受け付けています。「うまく話せるかな」と不安に思う人もいるかもしれませんが、チャイルドラインのスタッフは「話がまとまってなくても大丈夫だし、嫌だったら切っても良いんだよ」と呼びかけます。「ポイントサイトに登録したら怒られた」「リスカの傷、ばれたくない」「同性が好き」――。これまで寄せられた相談内容と一緒に、相談先を紹介します。
 
チャイルドラインが配っているカード
チャイルドラインが配っているカード 出典: チャイルドライン提供

4日までは長く受け付けてるよ

チャイルドラインは、全国に拠点があり、全国統一のフリーダイヤル(0120−99−7777)にかけると、各地の相談拠点に電話がつながる仕組みです。
夏休み明けのこの時期、学校生活に不安を感じる子どもたちが多いので、9月4日までは、普段より相談時間を長くしてみなさんからの連絡を待っています。
 
●全国統一フリーダイヤル 
毎日午後2~11時(通常は毎日 16:00~21:00)

オンラインチャット相談
毎日午後4~9時(通常は木・金曜日に実施))
事務局長の向井晶子さんは「誰かに話を聞いてもらうと少し楽になるよ。一人で考えるとこんがらがってしまうこともあるので、話しながら整理してみませんか」と話します。
 

子供食堂にカードあるよ

チャイルドラインでは、今年は初めて、NPO法人「全国こども食堂支援センター・むすびえ」と連携して、相談先を書いたカードを全国74箇所の子ども食堂に配布しました。向井さんは「これまでカードは、学校などを通じて配ることもあったけど、学校以外でも情報を得てほしいと始めました」。
 
カードにはこんな文言が書かれています。
《ヒミツはまもる。名まえも言わなくていい。どんなことも、一緒に考える。でんわやチャットを途中で切ってもいいんだよ。》
 
8月、全国の子ども食堂に、チャイルドラインの連絡先が書かれたカードを配布した
8月、全国の子ども食堂に、チャイルドラインの連絡先が書かれたカードを配布した

こんな相談もありました

「2018チャイルドライン年次報告」によると、これまで、以下のような相談内容(チャイルドライン「プライバシーに配慮し再構成したもの」)が寄せられたといいます。
 
学校に行きたくない。いじわるされる。友だちは気にせず放っておいたらいいって言うけどすごくキズつく。先生も知っているけど、先生もどうしていいかわからないみたい
(小学高学年 女子)
「2018チャイルドライン年次報告」より
写真はイメージです
写真はイメージです 出典:pixta
家が貧乏だし、お金欲しくて、少しでも家族を助けたくて、誰でも稼げるっていうポイントサイトに登録したら怒られた。(中学生 男子)
「2018チャイルドライン年次報告」より
夏が来ると半袖の制服やプールの授業がとてもいや。リスカの傷があるから。家族には絶対見つからないようにしているのに。(高校生 女子)
「2018チャイルドライン年次報告」より
写真はイメージです
写真はイメージです 出典:pixta
同性の人が好き。尊敬の気持ちと違うように思う。恋愛感情かも。親に何げなく話したら「自然の摂理に外れている」といわれた。(高校生 男子)
「2018チャイルドライン年次報告」より
相談時間の拡大は、9月4日までですが、向井さんは「期間を過ぎてもやっているので、いつでも連絡してきてほしい」と話しています。
 

いろんな相談先があります


・24時間こどもSOSダイヤル 0120-0-78310(なやみ言おう)
・こどものSOS相談窓口(文部科学省サイト
・いのち支える窓口一覧(自殺総合対策推進センターサイト
 

withnewsでは、生きづらさを抱える10代への企画「#withyou ~きみとともに~」を続けています。

今年のテーマは「#居場所」。 

 目に見える「場所」でなくても、本や音楽…好きなことや、救いになった言葉でもいいです。生きづらい時間や不安な日々をしのげる「居場所」をみなさんと共有できたらと思います。 以下のツイートボタンで、「#居場所」について聞かせてください。


みんなの「#withyou #きみとともに」を見る
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます