close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2019年04月16日

本棚はずらり「中二病」の書店、マスターがすすめる「珠玉の3冊」


  • 6727

大吉堂の店主・戸井律郎さん

大吉堂の店主・戸井律郎さん

最新ニュースを受け取る

ヤングアダルトという言葉、ご存じでしょうか?私は言葉の響きにちょっとびっくりしたのですが、大丈夫。「YA」と略して表記されることもありますが、本の世界で使われるときは、「中高生を中心とする13~19歳を、主な読者対象」とした本のことを指します。そのYAを中心に取りそろえている古本屋が大阪にあります。新学期や新生活を迎え、期待や不安、いろんな気持ちが交錯しているあなたに、オススメの本も聞いてみました。

大吉堂オススメの本は

書店は大阪市阿倍野区にある「大吉堂」。リノベーションされた長屋5軒が並ぶ「アベノ洋風長屋」の一角にあります。落ち着いた照明の店内にはYAを中心に、5000~6000冊の本が並びます。店主の戸井律郎さんは、ふらっと入ってきたお客さんに「いらっしゃいませ」の一言をかけたあとは特に声をかけることもなく、店内には優しい時間が流れます。

本で埋め尽くされた店内。いすも置いてあり、ゆっくりと選ぶことができる。

本で埋め尽くされた店内。いすも置いてあり、ゆっくりと選ぶことができる。

昔から本もアニメもマンガも好きで、「子ども周辺の文化が好きだった」という戸井さんが、この古本屋を始めた経緯は後ほど紹介するとして、まず、「新学期、学校が不安なあなた」に向けた本を3冊紹介していただきました。

なにに注目するかでいまの自分がわかる

「エヴリデイ」デイヴィッド・レヴィサン著、三辺律子訳(小峰書店)

「エヴリデイ」デイヴィッド・レヴィサン著、三辺律子訳(小峰書店)

【「エヴリデイ」デイヴィッド・レヴィサン著、三辺律子訳(小峰書店)】
戸井さんのあらすじ紹介・・・毎日違う16歳の体で目覚める主人公の物語。いろんな人の体に入って一日を送ることで、あらゆる状態を経験します。ところが、ある少女に出会い恋をすることで変化がうまれます。恋をすることで、それまでとは違い『自分の意思』で動きたい、という感情になるのです。

「この本はそのまま楽しんでもらいたい。SFとしてでも、人間の本質を見つめるという意味では哲学でも、恋愛小説としてでも楽しんでもらえるけど、どこに自分が注目するかでいまの自分がわかるかもしれません」

一歩踏み出すと変わることもある

「星空ロック」那須田淳著(あすなろ書房)

「星空ロック」那須田淳著(あすなろ書房)

【「星空ロック」那須田淳著(あすなろ書房)】
戸井さんのあらすじ紹介・・・転校を繰り返してきた中学生が主人公の物語。あるおじいさんとの出会いを起点に、旅行先のドイツで起こる出来事の数々。これまで深く付き合ってこなかった人間関係に変化が現れます。

「好きなことができるってこんなにいいことだよ、一歩踏み出して行動することで変わることもあるよ、というメッセージがあるように思います。ただ、主人公はやりたいこととやりたくないことがはっきりしてて、無理をしていない。背伸びしなくてもいいという捉え方もできます」

学校って、おもしろいかも

「ABC!曙第二中学校放送部」市川朔久子著(講談社)

「ABC!曙第二中学校放送部」市川朔久子著(講談社)

【「ABC!曙第二中学校放送部」市川朔久子著(講談社)】
戸井さんのあらすじ紹介・・・中学校の放送部が舞台。弱小放送部が、美少女転校生をスカウトし、放送部は廃部の危機を乗り越えますが、部内・部外の人間関係のトラブルなど様々な出来事が起こります。

「新生活、不安に思っていないよという子もいると思う。そんな子に向けて選びました。学校っておもしろいやんという気持ちになる。一方、物語では嫌な人は最後まで嫌な人のまま。それもリアルでおもしろい。色々あるけど、ひとつ夢中になることを見つけるとおもしろくなってくるよというお話です」

モヤモヤに形を与えてくれる作家さん

【番外編】
戸井さんは、オススメの作家さんとして、梨屋アリエさんを挙げてくれました。「YAメインの作家さんで、『言葉の意味はわかるけど心がついていかない』という、頭と心と体がバラバラになる時期から目をそらさず、逃げずに向き合っている作家さんという印象です。梨屋さんの本は、自分の中のモヤモヤに形を与えてくれる。寄り添って、友達になってくれる本です」

「子ども周辺の文化」へのこだわり、古本屋に

戸井さんがYA中心の古書店を開いたのは、2015年のこと。本やマンガ、アニメがもともと好きだったという戸井さん。「子ども周辺の文化が好きだった」ことから、ボランティア・職員として児童館でも働き、長く子どもに接してきました。

そんな中、30代半ばで一冊の本に出会いました。
「チョコレート・アンダーグラウンド」(アレックス・シアラー著、金原端人訳/求龍堂)です。
「とある国のとある政党が、『悪いものをなくします』と言って政権を取ります。彼らの言う『悪いもの』とは、チョコレート。チョコレートを取り上げられた少年たちが反抗する話なんですが、チョコが自由の代名詞になっているのもおもしろい」(戸井さん)
その物語に心奪われた戸井さん。著者のアレックス・シアラーさんと、翻訳者の金原端人さんを調べたところ、YAというジャンルがあることを知ります。「YAにあたる年代のキリキリした感じに魅了されていった」

「いつか古本屋になりたい」と思っていた戸井さん。ミステリーを中心にそろえることも考えましたが、やはり「子ども周辺文化」というものへのこだわりがあり、YAを中心にした店作りをすることにしました。

店先に掲げられた大吉堂の看板

店先に掲げられた大吉堂の看板

「壮大なウソが好きなんです」

YAといっても様々なジャンルがあります。戸井さんは「この本を10代に薦めたいと私が言えば、それがYAになる」と話しますが、YAの普及を目指す13の出版社からなるYA出版会も「読書の楽しみを中高生に伝えたい一心で『こんな本あるから読んでみない?』という活動を続けているのがYA出版会です」としています。
つまり、YAは小説やノンフィクションなどのジャンルの縛りがありません。その中でも戸井さんは「壮大なウソが好きなんです」と、店内にはファンタジーなどの物語作品が多めです。「ミステリーとか中二病的なもの、自分じゃないものに自分を投影できる作品を扱いたいんです。10代は自分自身を肯定するよりも、理想を肯定したいということもあると思うんです」

「避難所のひとつに本がある」

そして、戸井さんは「避難所としての『本』」を提案します。
「どんな形でも人には逃げ場が必要です。場所だけじゃなくて、本やスポーツ、映像作品…なんでも。そこに意味は持たせなくて良いんです。意味を持たせるとそれが現実になってしまうから。逃げ場っていうと、マイナスに聞こえるけど、避難所みたいなイメージですかね。そのひとつに『本』もあるよと言いたいです」

小学5年生の2月に転校を経験した戸井さん。「すでに人間関係ができあがっている中に『空いている場所』なんてなかった」と、休み時間や長期休みを図書室で過ごしたといいます。その経験も「本に避難する」という考えにつながっています。

「避難所としての本」を提案する戸井律郎さん

「避難所としての本」を提案する戸井律郎さん

「子ども時代は修業時代じゃない」

「大人の役割は、この世は楽しいことであふれていると伝えることだと思っています」と戸井さん。
「しんどいことがあるって子どもは言わなくたって分かっているし、子どもだってつらい。そしてそれが自分だけじゃどうにもならないこともわかっているはずです。子どもは時代は修業時代でもなんでもないんだから、一日一日大切に過ごしてくれたらいいと思います。しんどいときは大人をちょっと頼ってくれていい」

「大人はおもしろいことを知っています。子どもたちも『おもしろい』をみつけてほしい。つまらなかったら…忘れたらええねん」

 

 withnewsは4月から、生きづらさを抱える10代への企画「#withyou」を始めました。日本の若い人たちに届いてほしいと、「#きみとともに」もつけて発信していきます。以下のツイートボタンで、みなさんの生きづらさも聞かせてください。


みんなの「#withyou #きみとともに」を見る

 

いろんな相談先があります

・24時間こどもSOSダイヤル 0120-0-78310(なやみ言おう)
・こどものSOS相談窓口(文部科学省サイト
・いのち支える窓口一覧(自殺総合対策推進センターサイト

本棚はずらり「中二病」の書店、マスターがすすめる「珠玉の3冊」
前へ
大吉堂店主の戸井さんが新学期を迎える子どもたちに薦める3冊
次へ
1/10
前へ
次へ

もっと見る



コメント

あわせて読みたい

「青いカレー」に「食べないよ」悩む地方に中高生クリエーターが提案
「青いカレー」に「食べないよ」悩む地方に中高生クリエーターが提案
令和だけど…昭和の伝票使ってます 40年以上前に誤って5000冊も発注
令和だけど…昭和の伝票使ってます 40年以上前に誤って5000冊も発注
ナビサイト使って参加学生ゼロ 企業がテンプレ採用をやめるべき理由
ナビサイト使って参加学生ゼロ 企業がテンプレ採用をやめるべき理由
福岡市長選の「筋肉動画」なぜできた?
福岡市長選の「筋肉動画」なぜできた?
Q&A
薬の英語の情報、どうやって手に入れる?ド...
薬の英語の情報、どうやって手に入れる?ド...
同棲カップルの心理戦 「プリンの恨み」と思いきや…漫画作者に聞く
同棲カップルの心理戦 「プリンの恨み」と思いきや…漫画作者に聞く
朝日新聞指定席 『恋のヴェネチア狂騒曲』 ムロツヨシ
朝日新聞指定席 『恋のヴェネチア狂騒曲』 ムロツヨシ
PR
「私を置いて 世界が感動している」最後の運動会、選ばれなかった私
「私を置いて 世界が感動している」最後の運動会、選ばれなかった私
一人ひとりが「自分」でいられる神秘の島 隠岐に生きる
一人ひとりが「自分」でいられる神秘の島 隠岐に生きる
PR
「あなたを犠牲にしないで…」 交換ノートめぐる漫画の作者に聞いた
「あなたを犠牲にしないで…」 交換ノートめぐる漫画の作者に聞いた
ツッパリするなら正しくな! 突っ張り棒の社長が「ツッパリ嬢」に
ツッパリするなら正しくな! 突っ張り棒の社長が「ツッパリ嬢」に
体重115kgの私がダイエットに苦しみ、後に40kgの減量に成功した理由
体重115kgの私がダイエットに苦しみ、後に40kgの減量に成功した理由

人気

もっと見る