close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2019年03月02日

日本に住んで20年、でも国籍は…フィンランド人が感じた「住み心地」


  • 44329

フィンランド出身のハッカライネン・ニーナさん。日本で困った経験も笑いながら話してくれる

フィンランド出身のハッカライネン・ニーナさん。日本で困った経験も笑いながら話してくれる

最新ニュースを受け取る

 フィンランドから日本に移り住んで約20年。京都市で暮らすハッカライネン・ニーナさんは、市民グループを立ち上げて、きめ細かい外国人支援に取り組んできました。「治安がよくて清潔。親切な人が多い。でも……」。日本の永住権を持っている一方、帰化して日本国籍を取得するつもりはないそうです。外国人の立場から見た日本の住み心地とは? ニーナさんの言葉から、外国人との向き合い方を考えます。

「治安がよくて清潔。親切な人が多い。けど……」

 ――日本での暮らしが20年以上と長いですね。来日のきっかけは。

 「フィンランドの大学で『日本学』を専攻していました。アジアを旅して興味を持ったんです。修士論文を書く前に1992年から2年半、日本に留学しました。その後、フィンランドに戻って研究を終え、2000年に再度来日し、東京で働き始めました。15年ほど前からは京都市で暮らしています」

 「日本は治安がよくて清潔。親切な人が多いですね。街にごみが少ないし、迷子になったら丁寧に道案内をしてもらっています」

市民グループ「パルヨン」の代表でフィンランド出身のハッカライネン・ニーナさん

市民グループ「パルヨン」の代表でフィンランド出身のハッカライネン・ニーナさん

「異文化体験」ではない「生活支援」を

 ――一方で、「暮らしにくさ」も感じていますか。

 「そうですね。生活に関する情報を得るのに苦労してきました。医療、子育て、防災、税金などです。行政から外国人住民に向けた情報発信が少ないです。国が移民政策をとってこなかったことが関係していると思います」

 「各地の国際交流団体がやっている生け花や茶道、料理といった『異文化体験』とは違う『生活支援』がもっと必要です」

 「外国人住民がそこそこ多い京都市でも生活情報が少なかった。だから、市が募集していた『外国籍市民施策懇話会』の委員になりました」

 「例えば、役所に当時はあった外国人登録窓口に、暮らしに関する情報のチラシを置いて欲しいと提案しましたが、実現しませんでした」

 「しびれを切らして2007年、京都で暮らす中国、インドネシア、パラグアイなどから来た外国出身者と京都に暮らす日本人でグループを作り、外国人女性の支援に取り組むことにしました。市民グループ『パルヨン』(https://paruyon.jimdo.com/)です」

 「専門家をゲストに呼び、日本の制度を学びました。小学校の入学準備や国際結婚・離婚、子育てなどについて勉強しました」
 
 「数年後、2カ月に1回の「おしゃべり会」を始めました。外国人女性が悩みを打ち明け、みんなでアドバイスし合うんです。友達づくりにもなっていますよ」

市民グループ「パルヨン」のメンバー。2カ月に1度のおしゃべり会には、いつもの仲間も初めての人もやってくる

市民グループ「パルヨン」のメンバー。2カ月に1度のおしゃべり会には、いつもの仲間も初めての人もやってくる

 「最近は、『町内会』や『ごみの出し方』など暮らしの情報を簡単にまとめたガイドブックを作りました。簡単な単語と文法を使った『やさしい日本語』、英語、中国語の3種類があります。医療制度や病院の情報がとても重宝されています。一方、外国から日本に来て暮らす人に、生活ルールやしきたり、コミュニケーション方法を伝える、日本人向けのヒント集も作ってみました。いずれもホームページから無料でダウンロードできます」

 「今年に入って、電話やスカイプによる月2回の無料相談事業を始めました。人前で話しにくい内容の悩みを聞いたり、問題が深刻になる前に手を差し伸べられたりできないか、と考えるようになったからです」

「初対面で年齢を聞く人にビックリ」

 ――ほかに、日本で戸惑うことはありましたか。

 「来日当初、初対面で年齢を聞く人が多くてビックリしました。年齢であるべき姿が決まっているようで息苦しいんです――。これくらいの年齢だったら働いたり、結婚したり、孫がいたり、という風に。私は、年齢や属性でなく、内面を見て知り合いたいという気持ちが強いです」

 「あと、白人とひとくくりに扱われる感じも苦手です。親切心からか英語で話しかけてくる人が多いです。私は英語を話せますが、母国語ではありません。やさしい日本語で話しかけてもらえば、もっとお互い楽にコミュニケーションがとれるんじゃないかな」

「分かりやすい英語」

 ――やさしい日本語は、災害時に特に役立つと注目が集まっていますね。日本で1年ほど暮らす外国人が理解できる程度の約2千の単語と文法で表現します。

 「災害時だけでなく、日ごろから使ってもらえるとありがたいです」

 「日本語だけでなく、『分かりやすい英語』も大事です。『Plain English』『Easy English』と呼ばれる言葉です。日本語が苦手で、母国語が英語でない外国人住民や観光客に役立つと思います」

 「街には、英訳された案内表示やパンフレットが増えました。残念ながら、直訳というか難しい表現で分かりにくいものも少なくありません」

 「先日、京都市で外国人向けに作られた災害時帰宅困難者のパンフレットをみたら、『どうする?』の英訳が『How can we protect ourselves?』になっていました。間違ってはない。でも『What to do?』の方が単語三つで分かりやすいですよね」

Plain English(プレーン・イングリッシュ)
「分かりやすい英語」という意味。プレーン・イングリッシュに関する著書がある英語講師のケリー伊藤さんによると、短く慣れした親しんだ単語を使う▽できるだけ能動態を使う▽できるだけ否定形を避ける▽ひとつの文にはひとつの情報――などがポイントだ。元々は書き言葉としての活用がうたわれていた。アメリカでは1978年、市民に分かりやすいように「連邦職員が書く文書は簡潔な表現でなければならない」という大統領令が出された。イギリスやオーストラリアなどでも盛んに使われている。「Easy Enlgish」や「Simple English」は類義。

日本語? それとも英語? 市民グループ「パルヨン」が作った外国人とおつきあいするための早見表

日本語? それとも英語? 市民グループ「パルヨン」が作った外国人とおつきあいするための早見表

「快適な老後の生活を日本で送れるか不安」

 ――日本と関わりを持ってもうすぐ30年です。フィンランド人から日本人になろうと考えますか。

 「日本での永住権は持っています。申請すれば帰化して日本国籍を持てる可能性があります。でも、そうしようとは考えていません。二重国籍が認められれば別ですが」

 ――それは、ニーナさんのアイデンティティーと関係するのですか。

 「フィンランド人でいた方が老後、手厚い社会保障を受けられるかもと想像しています。高齢になった外国出身の住民はまだ日本に少なく、日本人になったとしても医療や福祉サービスを利用して快適な老後の生活を日本で送れるか不安があります」

 「アイデンティティー――。長年、生まれた国を離れて生きていくと、国籍に基づいたアイデンティティーを持つ意識が薄くなりました。『国』は人工的なもので、戦争や政治で国境は勝手に変わってしまう」

 「いま、日本で注目を集めている女子プロテニス選手の大坂なおみさんも同じように感じではいるのではないかなと思ってニュースを見ています。記者会見で、アイデンティティーを問われたとき『私は私』と答えていましたね」

日本人と国籍
 日本での国籍取得は、親が日本人なら国籍を与える「血統主義」に基づく。国内で生まれた人に国籍を与える「出生地主義」は採用していない。日本政府は国籍は一つだけであることが望ましいとする「国籍唯一の原則」をとっている。日本国籍を取得する外国人は、原則的に元の国籍を放棄しなければならない。また、外国で暮らし、その国の国籍を得た日本人は、日本国籍を失う。グローバル化が進む中、世界では、二重国籍を認める国が増えている。国連の調査(2011年)によると、加盟196カ国中、二重国籍を容認しているのは国は53%、一定の条件を付して容認している国は19%ある。主要7カ国(G7)の中で二重国籍を認めてないのは日本だけだ。韓国では最近認められるようになった。

市民グループ「パルヨン」が作った2冊の生活支援のガイドブック。外国人向けと日本人向けの2種類がある

市民グループ「パルヨン」が作った2冊の生活支援のガイドブック。外国人向けと日本人向けの2種類がある

「あえて日本に殺到するとは思いません」

 ――今春から、法律が改正されて、外国人労働者の受け入れが拡大します。

 「日本政府は『移民政策』でなく、一時的な労働者として扱おうとしているようです。もったいないと思います」

 「こうした外国人労働者への公的支援を手厚くして、日本語や日本文化を学び、社会にななじんでもらい、長く日本で働いてもらうほうが、長い目で見れば日本の国益にかなうのではないかと」

 「多様な人を受け入れて『多文化共生』に向けた社会を少しずつでも作りあげていくことができた方がいいなと思います。そうでないと少子高齢化で日本の人口が減る一方。かつ、グローバルな時代に、単一的なつまならない国になってしまうのではと思います」

 「専門的な資格や技能を持った『高度人材』は世界中でひっぱりだこです。あえて日本に殺到するとは私は思いません」

 「ならば、日本に足を向けた外国人労働者や留学生が日本社会に貢献してくれるための政策が求められるのではないでしょうか」

 「それと、とても似通った外見の人だけが日本人という『固定観念』はそろそろ終わりにしませんか。実態はすでに違うし、これからの時代、ますますなじまなくなる」

日本の「移民政策」
 日本は、外国人の単純労働者を認めない立場をとってきた。ただ実際には、知識や技能を習得して母国に持ち帰ることが目的の「技能実習生」や留学生アルバイトが、単純作業を含むさまざまな現場で働いている実態がある。日本で働く外国人労働者は約146万人にのぼる。4月に施行される「改正出入国管理法」は、外国人労働者の受け入れを拡大する。単純労働分野(14分野)で働く「特定技能」という新しい在留資格を作った。「特定技能1号」の在留期限は5年で、家族は呼び寄せられない。「同2号」の取得には、高度な技能試験に合格する必要がある。在留期間の更新ができ、配偶者や子どもの帯同も可能だが、ハードルが高いとされている。政府は依然「移民政策を取る考えはない」と繰り返している。

「近くにいる外国人に話しかけてみて」

 ――「多文化共生社会」に向けて、一人一人の日本人ができることは。

 「近くにいる外国人に、『困ったことはありますか?』と話しかけてみてください。近所にちょっとした悩みを打ち明けられる知り合いができると心強いです」

 「国は、外国人の生活全般に関する相談に応じる『多文化共生総合相談ワンストップセンター』(仮称)を全国111カ所に設ける予定ですね。私のように、日本で長く暮らす外国出身者も人材として活用してもらえればと思います」

福岡県柳川市の団体が作った「やさしい日本語」のPRバッジ。ニーナさんがカバンに付けていると街中で話が弾むという

福岡県柳川市の団体が作った「やさしい日本語」のPRバッジ。ニーナさんがカバンに付けていると街中で話が弾むという

取材を終えて……知らない間に意識していた国籍

 2年ほど前から、市民グループ「パルヨン」の取材を続けている。会うたびに、新プロジェクトに取りかかるニーナさんのエネルギーに圧倒されてきた。

 時々感じる日本での生活トラブルを、笑いながら打ち明けてくれるので、嫌みな感じがない。解決に向け自分が汗をかく姿が印象的だ。

 国籍にとらわれないニーナさんのアイデンティティーがとても新鮮だった。グローバル化が進んでいるのに「日本人かどうか、どの国の人か」と、いつの間にか意識して相手と話したり、生活や社会を見たりしすぎていると自分を省みた。

 血統を重んじた「日本人」の定義、同質的な日本社会に窮屈さを感じている人が少なくないのではないか、と最近考えることが多い。

 私は、20代前半までドイツとイギリスで計7年、両親と生活したり留学したりしてきた。インタビューにも出てくる「Plain English」のような言葉に暮らしを随分助けられたように思う。

 私が住む京都市では、ゴミ出しのルールが難しいからか、ゴミ置き場が昔より散らかっていることが多い。資源ゴミをいれる透明の袋の「透明」が、来日間もない外国人には難しい単語だと耳にした。

 色んな人が暮らしやすいように、課題に気づいたら不満に思うだけでなく、できることを見つけて活動したいと考えている。

日本で撮った写真見せて!外国人観光客のカメラにあった知らない日本
前へ
浅草にいる外国人観光客に、カメラの中身を見せてもらいました
次へ
1/17
前へ
次へ

もっと見る



コメント

あわせて読みたい

マックのナゲット「形は4種類」 ブーツ、ボール…それぞれに名前も
マックのナゲット「形は4種類」 ブーツ、ボール…それぞれに名前も
外国人労働者の「日本愛」と「絶望」ベトナ...
外国人労働者の「日本愛」と「絶望」ベトナ...
英文かと思いきや「関西弁」でした! メンズビオレのラベルが話題に
英文かと思いきや「関西弁」でした! メンズビオレのラベルが話題に
市長が言い切る「学校に行かなくてもいい」...
市長が言い切る「学校に行かなくてもいい」...
「文化部はネクラ?」美術部がバレー部に入り気づいた自分のものさし
「文化部はネクラ?」美術部がバレー部に入り気づいた自分のものさし
仕事から離れ…「父親」としてつながれる「#ゆるゆるお父さん遠足」
仕事から離れ…「父親」としてつながれる「#ゆるゆるお父さん遠足」
体の自由を失ってわかる仕事の価値「働きた...
体の自由を失ってわかる仕事の価値「働きた...
鳩サブレー「ひと手間」で割れにくく 個包装のしっぽ付近に仕掛けが
鳩サブレー「ひと手間」で割れにくく 個包装のしっぽ付近に仕掛けが
Twitterで話題「#アレクモールドチャレンジ」商品開発の経緯は?
Twitterで話題「#アレクモールドチャレンジ」商品開発の経緯は?
Q&A
笑福亭鶴瓶に聞く 漫画家のように一人で深められるのが落語の魅力
笑福亭鶴瓶に聞く 漫画家のように一人で深められるのが落語の魅力
PR
見た目問題、「感動ポルノ」と言われても報じる理由 長男への思い
見た目問題、「感動ポルノ」と言われても報じる理由 長男への思い
「母という生き物」になったんだ… 息子を抱く実母を見て思ったこと
「母という生き物」になったんだ… 息子を抱く実母を見て思ったこと

人気

もっと見る