閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2019年03月01日

AKB48、アジアで異変 どんどん増える「姉妹」、今も人気はあの曲

  • 2852

2019年1月にバンコクで開かれた、AKB48と姉妹グループによる合同ライブ

2019年1月にバンコクで開かれた、AKB48と姉妹グループによる合同ライブ

出典: 染田屋竜太撮影

 タイの首都バンコクで1月、AKB48とアジアで活動する姉妹グループ、計7組によるライブがありました。記者はアイドルにうとく、タイやミャンマーなど東南アジアを取材拠点としながら、そんなにグループが増えているとは不勉強ながら知りませんでした。主催者によると、海外の全グループとAKBが一堂に会するライブは初めて。会場で感じたのは、ところ変われど変わらぬファンの熱い思い。そして、「本家」へのリスペクトでした。(朝日新聞ヤンゴン支局長兼アジア総局員・染田屋竜太)

アジアの6グループが集合

 AKBグループの海外展開は2011年、インドネシアのJKT48に始まります。続いてバンコクにBNK48ができました。今回集まったのは他に、ベトナム、フィリピン、上海(中国)、台湾から。

AKB48と姉妹グループは、それぞれ10人ずつが参加。ステージに並ぶと迫力があった=2019年1月、バンコク

AKB48と姉妹グループは、それぞれ10人ずつが参加。ステージに並ぶと迫力があった=2019年1月、バンコク

出典: 染田屋竜太撮影

 最古参のJKTに関しては、2018年5月にインドネシアのジョコ大統領が「胸がドキドキする」などとツイートして話題になりました。

 大統領府によると、ツイートは「担当者による誤り」。ツイートしたスタッフは解任されてしまったそうで、真相はよく分かっていませんが、インドネシアでは大きな話題になったそうです。

 タイのBNKも大人気。メンバーは毎日のようにテレビで見かけ、街中でも様々な宣伝用看板を飾っています。

 火がついたのは日本でもヒットした「恋するフォーチュンクッキー」で、YouTubeのミュージックビデオは本家AKBに肩を並べる1.6億回の再生回数を誇っています。


2018年に4グループ増加

ライブでは、各グループが様々な衣装で歌を披露した=2019年1月、タイ・バンコク

ライブでは、各グループが様々な衣装で歌を披露した=2019年1月、タイ・バンコク

出典: 染田屋竜太撮影

 2018年には、MNL48(フィリピン・マニラ)、AKB48 Team SH(中国・上海)、AKB48 Team TP(台湾・台北)、SGO48(ベトナム・ホーチミン=サイゴン)の4グループが立て続けにできました。

 年末にできたSGO48には、7000人を超える応募があったそうです。

 地元のベトナムネットメディアは「当初ははやらないと思っていたSGO48になぜこんなに人気が集まったのか」という記事を掲載。「単に見た目がいいアイドルではなく、みんなで成長を見守ろうという文化が新しかった」と分析しました。

 応募者の中から1次、2次の選考ごとに顔写真付きで通過者が発表されたことが、「ファンの応援したいという気持ちを駆り立てた」とみています。

歌は日本語の部分と、英語やタイ語が混じった、インターナショナルな歌詞だった=2019年1月、バンコク

歌は日本語の部分と、英語やタイ語が混じった、インターナショナルな歌詞だった=2019年1月、バンコク

出典: 染田屋竜太

 さて、「AKB48グループ アジアフェスティバル 2019」と題されたライブ。会場は「インパクトアリーナ」という、バンコクでも最大規模のホールで開かれました。

 午後7時のライブ開始に先立って会場を訪れると、すでに多くの人がホールを取り巻いています。

 多く見かけるのは地元・BNKのメンバーの名前が書かれたシャツの人たちですが、中にはAKBメンバーの名前と「大好き!」などと日本語で書かれたシャツやプラカードを持ったタイの人も。

AKBメンバーにタイから熱い声援

タイで大人気のBNK48。前日には単独ライブも開いていた=2019年1月、バンコク

タイで大人気のBNK48。前日には単独ライブも開いていた=2019年1月、バンコク

出典: 染田屋竜太

 用意された約1万席はほぼ満席で、十数社の報道陣がカメラを構えていました。男性客の方が多いとは言え、女性の姿もかなり多かった印象です。

 大音量で開始を告げるアナウンスが流れると、会場全体が揺れました。空気が震える感触がして、オープニング曲が。

 ずらっと全てのグループがステージに登場し、歌ったのは、AKBのメジャーデビュー曲「会いたかった」。BNKのファーストシングルでもあります。

それぞれのグループが違う衣装でパフォーマンスを披露した。真ん中の赤い衣装がAKB48=2019年1月、バンコク

それぞれのグループが違う衣装でパフォーマンスを披露した。真ん中の赤い衣装がAKB48=2019年1月、バンコク

出典: 染田屋竜太撮影

 観客からは、歌詞の途中にコールが入ります。全ては聞き取れなかったのですが、タイ語あり日本語あり。一緒に歌うお客さんもいて、一気に盛り上がりが過熱します。

 曲が終わると、各グループの紹介。AKBメンバーは日本語で、BNKはタイ語で、他のグループは英語でのあいさつでした。

 BNKへの声援が大きいのはもちろんなのですが、同じくらい、いやそれ以上に大きな声が上がっていたのがAKBのメンバーが話す時でした。AKBのメンバーが話す日本語は場内放送でタイ語に訳されます。本人の発言からちょっと遅れて上がる歓声が印象的でした。

国境を超えるアイドル

日本でもヒットした「フライングゲット」を歌う、7グループの合同メンバー=2019年1月、バンコク

日本でもヒットした「フライングゲット」を歌う、7グループの合同メンバー=2019年1月、バンコク

出典: 染田屋竜太撮影

 パフォーマンス中も、スクリーンには、歌っている各グループメンバーの顔写真と名前が表示され、BNKはもちろん、AKBのメンバーの時も会場が盛り上がります。

 七つの国と地域の人がそれぞれのグループが応援しつつ、同じ曲を一緒に歌う。

 大げさかもしれませんが、「アイドルは国境を越える」なのでしょうか。

 これを聞いていて、思いだしたことがありました。本家AKBの「恋するフォーチュンクッキー」のYouTubeで、タイ語でこんな書き込みがありました。

ขอบคุณสมาชิก AKB48 ทุกคน เพราะจุดเริ่มต้นมาจากพวกคุณ ถ้าไม่มีพวกคุณ เราคนไทยก็คงไม่ได้เห็นวงรุ่นน้องอย่าง BNK48 และไม่ได้ฟังเพลง Koisuru Fortune Cookie คุกกี้เสี่ยงทาย พวกเราคนไทยขอบคุณพวกคุณจากใจจริงๆ 💗😊

「ありがとう、AKB48の皆さん。全てはあなたたちから始まりました。あなたたちがいなければ、タイの人たちはBNK48のような若い世代のグループを、そして「恋するフォーチュンクッキー」を知って見ることができませんでした。心の底から感謝します」

出典: YouTube 2018年1月31日のコメントより

コールや振りは、観客も一緒。ホール全体が盛り上がった=2019年1月、バンコク

コールや振りは、観客も一緒。ホール全体が盛り上がった=2019年1月、バンコク

出典: 染田屋竜太撮影

 タイではドラえもんのワンピースやシャツを着ている人をしょっちゅう見かけるし、好きな外国料理では、日本料理が6割の人の支持を集めてダントツの1位。親日性を感じることはたびたびあります。

 この中に「日本発アイドル」が加わったのかな、そう思わされました。

 一時は社会問題とまで言われたAKBの人気は、日本ではやや落ち着きつつあります。ライバル「坂道シリーズ」の人気上昇も話題です。でも、この日感じたのは長姉の貫禄でした。

AKB48のメンバーが登場すると、会場から大きな歓声が上がった=2019年1月、タイ・バンコク

AKB48のメンバーが登場すると、会場から大きな歓声が上がった=2019年1月、タイ・バンコク

出典: 染田屋竜太撮影

 ライブのアンコールでは、AKBメンバーが「タイといったらやっぱりこの曲でしょう」と言って、「恋するフォーチュンクッキー」を披露。いつまでも歓声が鳴りやみません。

 終演後の会場周辺は、バンコク名物の渋滞が輪をかけてひどくなっていましたが、帰途につく観客の表情はとても晴れやかでした。

 元気がないと言われがちな日本ですが、AKBグループのアジアでの活躍に学ぶところがあるかもしれません。

アジアにどんどん増えたAKB姉妹グループ、いつの間にか6組に
前へ
AKB48と姉妹グループ計7組が一堂に会してライブを披露した=2019年1月、バンコク
次へ
出典:染田屋竜太撮影
1/31
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

目の動きで車いす操作「サイボーグマスク」開発者が挑む「精神論」
目の動きで車いす操作「サイボーグマスク」開発者が挑む「精神論」
障害者の兄、隠し続けた葛藤 一緒に歩いた披露宴で出した答え
障害者の兄、隠し続けた葛藤 一緒に歩いた披露宴で出した答え
「数学で社会課題を解決する」 不思議な錯覚の世界
「数学で社会課題を解決する」 不思議な錯覚の世界
PR
これぞ本当の「バス」タオルだ! 方向幕を...
これぞ本当の「バス」タオルだ! 方向幕を...
万博開催で暮らしはどうなる?関西1位のマンション企業に聞いてみた
万博開催で暮らしはどうなる?関西1位のマンション企業に聞いてみた
PR
ネイリストに増える外国人「根性で資格取得」苦労人に密着してみた
ネイリストに増える外国人「根性で資格取得」苦労人に密着してみた
NEW
23歳、124センチ。「小人症」の私は踊る。見せ物だっていいじゃない
23歳、124センチ。「小人症」の私は踊る。見せ物だっていいじゃない
阪神の糸原「一緒にプロに行く」誓ったいとこ「良太がいたから」
阪神の糸原「一緒にプロに行く」誓ったいとこ「良太がいたから」
NEW
 全人類的に共通する愛おしさ! 赤ちゃんの謎行動集めた一冊
全人類的に共通する愛おしさ! 赤ちゃんの謎行動集めた一冊
日本に住んで20年、でも国籍は…フィンランド...
日本に住んで20年、でも国籍は…フィンランド...
「遅きに失した」パワハラ防止義務化、それでも「大きな一歩」な理由
「遅きに失した」パワハラ防止義務化、それでも「大きな一歩」な理由
神輿担いで食っている「お祭り男」異色映画描く「時代の乗り切り方」
神輿担いで食っている「お祭り男」異色映画描く「時代の乗り切り方」

人気

もっと見る