閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年09月23日

世界で唯一?車いすの大統領だから言えること エクアドルからの伝言

  • 6030

笑顔で話すモレノ大統領(左)=2018年9月6日、東京都内、軽部理人撮影

笑顔で話すモレノ大統領(左)=2018年9月6日、東京都内、軽部理人撮影

 エクアドルのレニン・モレノ大統領(65)は、いまの世界では唯一とも言われる、車いすの国家元首です。強盗に襲われて下半身不随となった後に政界へ身を投じ、ノーベル平和賞の候補になったことも。一時は人生に絶望していたというモレノ氏ですが、そのエネルギーの源は、私たちも持っているものでした。(朝日新聞国際報道部記者・軽部理人)

強盗に襲われて被弾、下半身不随に

笑顔を見せるモレノ大統領=2018年9月6日、東京都内、軽部理人撮影

笑顔を見せるモレノ大統領=2018年9月6日、東京都内、軽部理人撮影

 「今後100年で、日本とエクアドルの友好関係がさらに強化されることを願っています」

 9月6日、都内のホテルであったレセプション。2018年は日本とエクアドルが外交関係を樹立してから100周年にあたります。これを記念し、モレノ氏は大統領として初来日しました。

 会場に詰めかけた参加者からの写真の要望にも、嫌な顔一つせず対応。側近の男性が車いすを押し、移動を手伝っていました。

天皇陛下と懇談するエクアドルのモレノ大統領=2018年9月5日、皇居、代表撮影

天皇陛下と懇談するエクアドルのモレノ大統領=2018年9月5日、皇居、代表撮影

 エクアドルの観光業界で働いていたモレノ氏は約20年前、妻と一緒に行ったパン屋の帰り道で、2人組の強盗に襲われました。

 「車と金をよこせ」。そう脅されたモレノ氏は車のカギと財布を差し出しましたが、強盗の1人が背中を銃撃。脊髄を損傷し、両足の自由を失いました。

 モレノ氏は当時をこう振り返っています。

 「手術の連続で、悲劇のまっただ中にいました。ほぼ毎日が苦しみでした」

出典: エクアドルのモレノ大統領、書面インタビューより

病室で気付いた変化

側近の男性に押されて、壇上からスロープをくだるモレノ大統領=2018年9月6日、東京都内、軽部理人撮影

側近の男性に押されて、壇上からスロープをくだるモレノ大統領=2018年9月6日、東京都内、軽部理人撮影

 入院中のある日、友人や家族が病院へ見舞いにやって来ました。そこでモレノ氏は、あることに気付いたといいます。

 「ある友人が冗談を言いました。私は5分ほど笑っていたのですが、その間、痛みは消えていました。まるで痛みがどこかにいったかのようでしたが、笑い終えるとまた痛みが戻りました。

 でもその瞬間、気付いたのです。神が道を与えてくださったことを。前に進むための、生きる喜びと薬を手にしたことを」

出典: エクアドルのモレノ大統領、書面インタビューより

笑いのセラピーを提唱

 笑うことの力を確信したモレノ氏は退院後、「笑いのセラピー(療法)」を実践。執筆や講演の活動で注目を集めるようになります。

 10冊ほど執筆した本のタイトルの一つは「笑おう。病まずに」。

 「笑顔でいることの副作用。そんなものは全くないし、どんな患者にも有効です。笑うことによって免疫力を高めることもできるため、ユーモアには鎮痛の効果があるのです。

 痛みをもたらす神経は、喜びをもたらすものと同じ神経を使います。喜びで満ちていると、痛みが入ってくる余地はありません。簡単でしょう?」

出典: エクアドルのモレノ大統領、書面インタビューより

エクアドルの首都キトで2009年4月、選挙集会で手を握り合うコレア大統領(左)とモレノ副大統領(いずれも当時)=ロイター

エクアドルの首都キトで2009年4月、選挙集会で手を握り合うコレア大統領(左)とモレノ副大統領(いずれも当時)=ロイター

 2006年の選挙に副大統領候補として立候補し、当選。就任後に真っ先に取り組んだのは、それまで政策として優先順位の高くなかった「障害者支援」でした。

 コレア氏が大統領になるまで年約200万ドル(約2億円)だった障害者向けの予算は、1.5億ドル(約170億円)に増額。2008年には憲法を改正し、「障害者に対する差別や非人道的な扱いは犯罪」と明記するなど、障害者の権利を向上させました。

エクアドルの首都キトで2008年2月、義足を付けた少年を見守るモレノ副大統領(当時)=ロイター

エクアドルの首都キトで2008年2月、義足を付けた少年を見守るモレノ副大統領(当時)=ロイター

 また、各企業が少なくとも従業員の4%を障害者雇用に充てることを明記。約40万人分の車いすや約4000人分の義肢を政府が提供しました。

 モレノ氏は当時をこう振り返ります。

 「エクアドルにいる障害者の多くは長い間、貧困に身を置いて非人道的な扱いを受けていました。非常に心痛むことです。

 私が副大統領になって訴えたかったことは、障害者の権利向上が社会の発展には不可欠だということです。障害者にとって、教育や医療へのアクセスがあること、家を所有すること、それら全てです。

 それが結果的に、障害者だけでなく全ての人々がお互いを尊重する社会を作ることになるのです」

出典: エクアドルのモレノ大統領、書面インタビューより

国連事務総長特使に就任、そして大統領へ

 モレノ氏は副大統領時代の功績が認められ、2012年にはノーベル平和賞の候補者に選ばれます。残念ながら受賞とはなりませんでしたが、副大統領を退任した後の2013年12月には、障害者支援を担当する国連事務総長特使に就任しました。

 そして2017年4月、エクアドル大統領選に勝利したのです。

エクアドルの首都キトで2017年4月、大統領選に勝利して笑顔を見せるモレノ氏=ロイター

エクアドルの首都キトで2017年4月、大統領選に勝利して笑顔を見せるモレノ氏=ロイター

 モレノ大統領はこう呼びかけます。

 「日本だけではなく世界に対する私から言えるアドバイスは、障害者に対する差別を今すぐに根絶し、全ての人が真に団結するよう力の限り尽くさなければいけないことです。その結果は我々に希望をもたらし、より思いやりのある社会が生まれるでしょう。

 障害者は今まで、社会から無視されていました。

 今こそ彼らに光を当て、社会の中での次なるリーダーが生まれることが必要です」

出典: エクアドルのモレノ大統領、書面インタビューより

世界中でたった一人?車いすの大統領が投げかけるメッセージ
前へ
天皇陛下と懇談するエクアドルのモレノ大統領=2018年9月5日、皇居、代表撮影
次へ
1/6
前へ
次へ

あわせて読みたい

「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
Q&A
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
PR
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ

人気

もっと見る