閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年01月08日

「4人以上産んだ女性」発言 違和感抱く女性ががっかりしたこと

  • 45073

山東昭子議員の発言に対する違和感をブログに書いた中島美里さん。左は長女の遥香ちゃん=千葉県柏市南柏

山東昭子議員の発言に対する違和感をブログに書いた中島美里さん。左は長女の遥香ちゃん=千葉県柏市南柏

 「4人以上産んだ女性、表彰を検討してはどうか」。昨秋、ある国会議員の発言が話題になりました。少子高齢化の日本。子どもの数はしばしば、国の未来とともに語られます。それでも、「国のために産んでるわけじゃない」。違和感をブログに記した女性に話を聞きました。(朝日新聞記者・田渕紫織)


中島美里さんが営むおかゆ専門店。土曜日は長女の遥香ちゃんも来て、母が働く姿をながめる=千葉県柏市南柏

中島美里さんが営むおかゆ専門店。土曜日は長女の遥香ちゃんも来て、母が働く姿をながめる=千葉県柏市南柏

「主婦=母」に違和感

 千葉県柏市の中島美里さん(43)は、経営しているおかゆ専門店のブログを毎日更新している。ただ、「炎上は面倒だから」と、政治ネタは話題にしない。

 しかし、昨年11月22日だけは、どうしても書き込みたくなり、店を閉めてからスマートフォンを手にした。あるニュースに目がとまったからだった。山東昭子参院議員が前日に自民党の会議でした発言を取り上げていた。

 「子供を4人以上産んだ女性を厚生労働省で表彰することを検討してはどうか」

 さらに、会議後に山東議員がしたという弁明を読んで脱力した。「女性活躍社会で仕事をしている人が評価されるようになって、逆に主婦が評価されていないという声もあるので発言した」らしい。

 「主婦=母」という理解は、産みたくて産めない人も産まない選択をした人も見えていないのでは――。あきれた。

 《現在子供一人でも息切れしている私。。。4人以上ってもはや神の領域です》《少子化だしね~わからなくはないけど。主婦って切り口と子沢山ってなんか違和感。。。》

 本当はもっと書きたかったけど、表現は控えめにした。

山東昭子氏

山東昭子氏

出典: 朝日新聞

「政治家には分からないんだろうな」

 2007年に当時の柳沢伯夫厚生労働相が「女性は子どもを産む機械」と発言したことを思い出した。その頃に結婚していた相手と子どもをもうけたかったが、相手にその気がなかった。医療事務として勤めていた病院で、同僚のパート女性たちに「子どもはまだ?」「そろそろつくったら?」と聞かれ続けた。

 新婚の時は受け流せたが、日を追うごとに悔しさが募った。実家に帰省すれば、父から「ニワトリも卵を生むから価値があんだ」と言われた。

 37歳で再婚してまもなく、不妊治療をした。生理が来るたびに、「自分は女じゃないのか」と、自分の人格を否定した。1度目の妊娠では、胎児の心拍音を確認してから流産した。3年前、2度目の妊娠で女の子が生まれた。

 出産は緊急帝王切開になり、産後1カ月で再入院。不眠不休の育児の厳しさは想像以上だった。合併症で高熱が出ても、夫は休日にお風呂に入れるだけ。熱を計らないようにして、しのいだ。

 当時は法律事務所に勤めていたが、都心への通勤時間を入れると保育園のお迎えに30分遅れる。フルタイムの勤務をあきらめて、派遣で働いた。「残業したいのにできなくて頭を下げて帰る気持ち、政治家には分からないんだろうな」と思う。お店を開いたのは、2カ月前のことだ。

中島美里さんが営むおかゆ専門店。土曜日は長女の遥香ちゃんも来て、母が働く姿をながめる=千葉県柏市南柏

中島美里さんが営むおかゆ専門店。土曜日は長女の遥香ちゃんも来て、母が働く姿をながめる=千葉県柏市南柏

周囲の空気にもがっかり

 政治家の発言で、勝手に「4人」と数字を上げられたことに、一番の違和感があった。「前職では人事の仕事をしていたので、労働人口の減少率の厳しさは分かるけど、国のために産んでるわけじゃない」

 今も、知り合った中年女性から「もう1人がんばんなさいよ」と言われる。「年齢的にもう無理っす」と冗談めかして切り返すが、「一人っ子はさびしいわよ」と言われると、胸が苦しくなる。

 「政治家が言っているだけなら、まだ我慢はできる。それが周囲の空気も映しているから、余計にがっかりしてしまった」

     ◇
出産を巡り問題になった国会議員らの発言(肩書は当時)
2003年6月 「子どもを1人もつくらない女性が、自由を謳歌し、楽しんで、年とって、税金で面倒をみなさいというのは本当はおかしい」(森喜朗・前首相、シンポジウムで)

2007年1月 「女性の数は決まっている。子どもを産む機械、装置の数は決まっている」(柳沢伯夫厚生労働相、自民県議の後援会集会で)

2015年9月 「(歌手で俳優の福山雅治と俳優の吹石一恵さんの結婚について問われ)この結婚を機に、ママさんたちが一緒に子ども産みたいとか、そういう形で国家に貢献してくれればいいなと思っています」(菅義偉官房長官、フジテレビの情報番組で)

2016年1月 「出産適齢期は18歳から26歳を指すそうだ」「若いみなさんに大いに期待したい」(松崎秀樹浦安市長、成人式で)

2016年3月 「女性にとって最も大切なことは、子どもを2人以上産むことです。これは仕事でキャリアを積むこと以上に価値があります」(寺井寿男・大阪市立中学校長、全校集会で)

2017年11月 「子どもを4人以上産んだ女性を厚生労働省で表彰することを検討してはどうか」(山東昭子参院議員、自民党役員連絡会で)

連載「平成家族」

この記事は朝日新聞社とYahoo!ニュースの共同企画による連載記事です。結婚・子育て・専業主婦…新しい価値観と古い制度の狭間にある「平成家族」をテーマに、1月1日から1月9日まで公開します。
【1日配信】「代理婚活」花盛り 「親が探した相手」を受け入れる子の気持ち
【1日配信】日本の家族、ようやく「変わり目」 税や社会保障、多様な実態合わず
【2日配信】「イクメン」を褒められても…減った給料、消えない後ろめたさ
【3日配信】退社時間早まったのに「足が家に向かない」 増える「フラリーマン」
【4日配信】「覚悟して選んだ」専業主婦、でも…「女性活躍」にざわつく焦燥感
【4日配信】「主婦の友」の盛衰から見る専業主婦論 「家庭か仕事か」3度論争も
【5日配信】「専業主婦も輝ける」 女性活躍への疑問「家族を支えているのは私」
【6日配信】非正規シングル女性、収入12万円の「充実」と「取り残され感」
【7日配信】「家族破綻のリスク」 無職の弟支えきれず、仕送り終了通告した兄
【8日配信】「結婚と出産って、別のこと」 産め圧力から解放されて見えた風景
​​​
【8日配信】「4人以上産んだ女性」発言 違和感抱く女性ががっかりしたこと
【9日配信】親の呪縛から逃れたい… 断絶を選んだ娘、罪悪感と安堵と

産め圧力・男性不妊・タワマン保活……多様化する「平成家族」の風景
前へ
【子どもがいない人生】出産年齢を「15~49歳」、2000年以降の合計特殊出生率を「1.40」として推計すると、子どもを持たない女性は3割にのぼる
次へ
前へ
次へ

もっと見る


あわせて読みたい

「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を申請した男性の告白
「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を申請した男性の告白
裏表紙にサプライズも、描き下ろしカバー『スラムダンク』新装再編版
裏表紙にサプライズも、描き下ろしカバー『スラムダンク』新装再編版
PR
「子供ができて知ったこと」、最後の1コマに涙腺崩壊 2児の母に聞く
「子供ができて知ったこと」、最後の1コマに涙腺崩壊 2児の母に聞く
毛むくじゃらで話題のナナちゃん、いったい何者? 名鉄百貨店に聞く
毛むくじゃらで話題のナナちゃん、いったい何者? 名鉄百貨店に聞く
アイス「替え玉」できます! 1回200円で回数制限なし 熊本の専門店
アイス「替え玉」できます! 1回200円で回数制限なし 熊本の専門店
「学校の軍事利用」反対しない日本 高校生...
「学校の軍事利用」反対しない日本 高校生...
ネットでは悪い話ばかりが広がるから… 電車のホッコリ体験が話題に
ネットでは悪い話ばかりが広がるから… 電車のホッコリ体験が話題に
守ってくれなかった先生「俺、信頼してたのに」夜廻り猫が描く噓
守ってくれなかった先生「俺、信頼してたのに」夜廻り猫が描く噓
縁ギザギザの「ギザ10」…1枚8万円? なぜ生まれた、価値に迫る
縁ギザギザの「ギザ10」…1枚8万円? なぜ生まれた、価値に迫る
「ハッピーターン」が作られた深い理由…「幸福の日」って?
「ハッピーターン」が作られた深い理由…「幸福の日」って?
PR
開けば驚く「だまし絵」ノート! 作者は19歳 完成までの経緯を聞く
開けば驚く「だまし絵」ノート! 作者は19歳 完成までの経緯を聞く
ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた
ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた

人気

もっと見る