MENU CLOSE

感動

2254

理由なんかなくたって…父親を捜すため重機の免許 息子が語ったこと

父のログハウスがあった場所を眺める男性=2017年8月9日、北海道清水町
父のログハウスがあった場所を眺める男性=2017年8月9日、北海道清水町

目次

 2016年、大型の台風が北海道などを襲いました。被災地となった帯広市では、土砂に流されて行方不明になったままの父親を捜すために、重機の免許を取った男性がいます。「理由は特にないですね」。最初は、言葉少なげだった男性が、徐々に話してくれた思い出から伝わってきたのは、かけがえのない等身大の「親子の姿」でした。(朝日新聞北海道報道センター・布田一樹)

「特にないですね」

 最初はつれない返事でした。

 父親との関係を聞くと、幼い頃に両親が離婚して母親に育てられたため、疎遠だったと言います。思い出はないかと尋ねても、「特にないですね」という返事でした。

 ではなぜそんな父親を捜すのかと問うと、「亡くなった母親が見つけてほしいと思うから」。その答えになんとなく納得して帰りました。

 ただ、後日よく考えてみると、「重機の免許を取るぐらいだから、何らかの思いがあるはず」と思いました。約束を取り付けて、もう一度男性に会いに行きました。

最初は父親を探す理由について「特にないですね」と語っていた
最初は父親を探す理由について「特にないですね」と語っていた

2人で暮らした東京

 話を聞き進めると、中学卒業後の2年弱、東京で2人暮らしをしていた時期があることを教えてくれました。

 でも寡黙な父親だったので、家での会話は全く弾まず。友達がいない環境が寂しくなり、「北海道に帰りたい」と切り出してしまったそうです。

東京で二人暮らしをしていたこともあったという
東京で二人暮らしをしていたこともあったという

自分の父親も…

 その時、ふと自分の父親との関係が頭をよぎりました。口数の少ない人で、実家に帰って2人でいると、なんとなく気まずい感じです。でもそんな父親にも、感謝の気持ちが多少はあります。

 小学生の頃、地元のサッカーチームに入っていたのですが、父親はそこでコーチを6年間やってくれました。運動は全く得意ではありませんが、審判の免許も取ってくれました。自分のために何かしてくれたことが、今では少しありがたかったなと感じます。

 そんな自分の身の上話をした上で、男性に質問しました。「どんな些細なことでも、お父さんに感謝していることはないですか」

台風10号の影響で不通になったJR石勝(せきしょう)・根室線の下新得川橋の線路=2016年9月1日、北海道新得町、白井伸洋撮影
台風10号の影響で不通になったJR石勝(せきしょう)・根室線の下新得川橋の線路=2016年9月1日、北海道新得町、白井伸洋撮影

等身大の「親子の姿」

 ようやく絞り出してくれたのが、父親が行方不明になった後に現場へ行った時のことです。

 近所の人と立ち話をしていると、父親が「うちの息子は○○に住んでいて、○○の仕事をしている」などと周囲に話していたそうです。

 男性は「どこかで自分のことを気にかけてくれたのかなと思って、うれしかった」と言いました。

 目を引くエピソードはなくても、それを自覚すらしていなくても、誰しも家族を大切に思う気持ちは持っているはずです。

 重機の免許まで取った男性の行動。でも、その背景にあったのは、誰もが感じるかけがえのない等身大の「親子の姿」でした。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます