閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年11月25日

トランプ訪日、訳されなかったアドリブ発言 「あなたは2位です」

  • 44662

東京・元赤坂の迎賓館で首脳会談を前に握手するトランプ米大統領(左)と安倍晋三首相=2017年11月6日、岩下毅撮影

東京・元赤坂の迎賓館で首脳会談を前に握手するトランプ米大統領(左)と安倍晋三首相=2017年11月6日、岩下毅撮影

出典: 朝日新聞

 初めて日本を訪れたアメリカのトランプ大統領は、安倍晋三首相と「ドナルド」「シンゾー」と下の名前で呼び合うなど友好ムードが目立ち、日本のおもてなしにご満悦の様子でした。しかし、首脳会談後の記者会見では「トランプ節」も炸裂させていました。通訳されなかったアドリブ発言から見える、トランプ大統領の「本音」とは?(朝日新聞国際報道部・神田大介)

「これまでの50年以上で最も深い絆」と自賛

 トランプ氏は5日から7日にかけて日本に滞在。演説や会合のほか、安倍首相とはゴルフも楽しみました。6日にあった首脳会談のあとの会見で、安倍首相が「半世紀を超える日米同盟の歴史において、首脳同士がここまで濃密に、そして深い絆で結ばれた1年はなかったと思います」と言うと、トランプ氏は「あなたの意見に賛同します」と応じました。

 また、日本を「本当にすばらしい国ですね。驚くべき歴史、文化、伝統、精神を持っています」と称賛。「先の選挙での偉大な成功をお祝いします。たいへんな大勝であり楽勝だったこと、まったく驚きません」とも話し、自民党の衆院選での圧勝を持ち上げます。

 さらに「日本人は成功し、街は活気に満ちています。みなさんは世界で最もパワフルな経済の一つを作りました」と言ったところで、ピタリと動きが止まりました。

「そうだね? 日本は2位」

ゴルフ場で握手する安倍首相とトランプ氏=2017年11月5日、代表撮影

ゴルフ場で握手する安倍首相とトランプ氏=2017年11月5日、代表撮影

出典: 朝日新聞

 「みなさんは世界で最もパワフルな経済の一つを作りました。……我々に並ぶほどかどうかは知りませんが。たぶん違うと思います。そうだね? 我々はそれ(順位)が維持されるようにします。あなた(日本)は2位です」

 映像を見ると、トランプ氏は「最もパワフルな経済の一つを作りました」までは下を向いています。演台に置いた原稿を読んでいる様子です。しかし、読み上げた文章が気に入らなかったのか、しばし沈黙して顔を上げ、安倍首相の方を向きます。そして放ったのは、「パワフルな経済と言っても俺たちほどじゃないし、この先もずっとそうだけどな」という趣旨の発言。

 アメリカの新聞ワシントン・ポストはこのやりとりについて、「我々に並ぶほどかどうか」以下はアドリブだったと指摘。「そうだね?」は親が子どもに言い聞かせるようだったと書いています。

 この部分、日本のテレビ局が中継した際の同時通訳をいくつか聞きましたが、いずれもうまく訳せていません。同時通訳自体がきわめて難しいということもありますが、トランプ氏が文脈とまったく違うことを突然言い出したため、対応しきれなかったのかもしれません。

トランプ氏、安倍首相への質問を横取り

共同記者会見で向かい合って笑顔を見せるトランプ氏と安倍首相=2017年11月6日、代表撮影

共同記者会見で向かい合って笑顔を見せるトランプ氏と安倍首相=2017年11月6日、代表撮影

出典: 朝日新聞

 さらに、会見の終盤、アメリカの新聞ニューヨーク・タイムズの記者が質問した場面では、安倍首相に対する質問にトランプ氏が横入りするという出来事がありました。

 この記者は司会者に指名されると、まずトランプ氏に中国への対応について尋ね、続いて安倍首相への質問だと断った上で、「(トランプ氏は)日本に兵器を売りたがっており、また日本が北朝鮮のミサイルを北海道の上空から撃ち落とさなかったことに失望したと報じられている。この点は話題になったのか」などと尋ねました。

 この8月と9月に北朝鮮の発射したミサイルが日本上空を通過したことについて、トランプ氏は「迎撃するべきだった」「武士の国なのに理解できない」などと日本への不満を口にしていたと報じられています。これを踏まえた質問です。

「重要なのは、膨大な兵器を買うこと」

F35A戦闘機=2017年6月5日、吉本美奈子撮影

F35A戦闘機=2017年6月5日、吉本美奈子撮影

出典: 朝日新聞

 するとトランプ氏は中国に関して答えるよりも早く、「安倍首相の答えを少しだけ言ってしまえば、アメリカから多くの兵器の追加購入をしたときに、上空から撃ち落とせるでしょう」と返答。

 「非常に重要なのは、日本の首相が膨大な量の兵器を買うこと、そうするべきです。我々はこれまで、世界最高の兵器をつくっています。彼はアメリカからそれを買うことになるでしょう。完全なステルス機能を持った世界最高のF35戦闘機も、非常に多くの種類があるミサイルもあります。これは我々に多くの仕事を、日本には多くの安全をつくりますし、他国も我々から多くの兵器を同じように買っています」と続けました。

 私も過去にずいぶん色々な会見を見てきましたが、国のトップ同士による共同会見で、相手への質問を横取りして自分の主張をするというのは見たことがありません。しかも兵器の売り込みです。なお、中国についてはこの後で触れ、貿易赤字の多さに不満を表しました。



出典:トランプ氏のツイッター

 この会見の翌日、トランプ氏は「日本への訪問と安倍首相との友情は、偉大な我が国に多くの利益を生むだろう。莫大な軍事とエネルギーの注文がきているぞ!」とツイートしています。

隅に追いやられた安倍首相

 いずれの発言も、相手と場合によっては外交問題に発展してもおかしくありませんが、先のワシントンポスト紙を除くと、日本でもアメリカでもあまり報じられていません。

 トランプ氏の場合、無礼ととれる態度をとることがあまり珍しくないという事情があります。5月のヨーロッパ訪問でもモンテネグロの首相を押しのけて記念写真におさまろうとしたり、会合に遅刻したりといった不作法が話題に。今回のアジア歴訪では、フィリピンで予定されていた会議をドタキャンしてアメリカに帰ってしまいました。

 暴言では、メキシコ不法移民を「麻薬犯罪者」「強姦犯」などと決めつけ、テレビのキャスターを「IQが低い」「頭がおかしい」「サイコ(精神異常者)」などと攻撃。気に入らない政治家の「間抜け」「腰抜け」呼ばわりは日常茶飯事と言えるほどです。

 ただ、日本でトランプ氏が見せた態度は、どうも日本をアメリカよりも下に見ているような感じがあり、そこが気になります。

ゴルフ場での昼食前に、サインした帽子を見せる安倍首相とトランプ氏=2017年11月5日、埼玉県川越市の霞ケ関カンツリー倶楽部、代表撮影

ゴルフ場での昼食前に、サインした帽子を見せる安倍首相とトランプ氏=2017年11月5日、埼玉県川越市の霞ケ関カンツリー倶楽部、代表撮影

出典: 朝日新聞

 訪日中、安倍首相はトランプ氏とゴルフをする前に、サプライズでプレゼントを用意していました。白いゴルフキャップで、「DONALD
& SHINZO MAKE ALLIANCE EVEN GREATER」(ドナルドとシンゾーは同盟をより良くする)と金色のししゅうがされていました。

つばの真ん中にトランプ氏のサイン=2017年11月5日

つばの真ん中にトランプ氏のサイン=2017年11月5日

 2人はつばの部分にサイン。写真をよく見ると、トランプ氏は中央に大きくサインをし、安倍首相はふちに追いやられていました。

なんてクールな抗議デモ! 反トランプに現れた「謎バッグ」
前へ
「ウーマンマーチ」に現れた中身が見えるクリアバッグ。「無抵抗」「平和」の象徴として話題になった
次へ
1/27
前へ
次へ

あわせて読みたい

鳥山明さんに「漫画家になれますか?」「学校へ行けない僕」のその後
鳥山明さんに「漫画家になれますか?」「学校へ行けない僕」のその後
猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり…
猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり…
掲載ミス? 違います! Hondaが送ったメッセージとは
掲載ミス? 違います! Hondaが送ったメッセージとは
PR
スマホ充電コード、これでスッキリ! 話題のガチャは新入社員が企画
スマホ充電コード、これでスッキリ! 話題のガチャは新入社員が企画
人気が出たら生産中止! 「ドッキリ蛇口」が話題、大阪の会社に聞く
人気が出たら生産中止! 「ドッキリ蛇口」が話題、大阪の会社に聞く
「触れるVR」×「SDGs」=「?」 高校生たちの意外な回答とは
「触れるVR」×「SDGs」=「?」 高校生たちの意外な回答とは
PR
ママチャリ、なぜ定番に?
ママチャリ、なぜ定番に?
Q&A
多すぎて選べず…「ビジネス書」は教養重視に 具体的にこれ読んで!
多すぎて選べず…「ビジネス書」は教養重視に 具体的にこれ読んで!
「くつろぐソファ」の意味が違う! カメラマンの勘違いで撮れた傑作
「くつろぐソファ」の意味が違う! カメラマンの勘違いで撮れた傑作
発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!
発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
Q&A
鼻に芋、長面…幕末の偉人も人だった!大名の「あだ名」実はシュール
鼻に芋、長面…幕末の偉人も人だった!大名の「あだ名」実はシュール

人気

もっと見る