閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年10月05日

AV強要「一通の告発メール」手渡されたピル「肌もきれいになるから」

  • 12022

昨年AV強要被害に遭った20歳の女子学生が撮影の合間に自撮りした画像。不本意でAV女優になったが、撮影本番中は明るく振る舞ったという(画像の一部を加工しています)

昨年AV強要被害に遭った20歳の女子学生が撮影の合間に自撮りした画像。不本意でAV女優になったが、撮影本番中は明るく振る舞ったという(画像の一部を加工しています)

 AV出演強要問題を取材する記者の元に届いた「一通の告発メール」。それは今は20歳になった女子学生が、強引に業界に引きずり込まれたと訴えるものだった。連絡を取り話を聞く中で、女子学生は所属プロダクションから低用量のピル(経口避妊薬)を渡され、飲むように指示されていたことを証言した。また、撮影が原因と思われる性病にもかかっていた。(朝日新聞記者・高野真吾)


女子学生が出演したAVのDVD。現在も流通している(画像の一部を加工しています)

女子学生が出演したAVのDVD。現在も流通している(画像の一部を加工しています)

ピル譲渡「胸大きく、肌きれいに」

 女子学生は2016年3月、ファンだった30代のAV男優と会うため都内の山手線主要駅で待ち合わせると、雑居ビルにある事務所に連れて行かれた。そこで待っていたプロダクション社長と男優らが強引に話を進め、わずか30分で所属することになった。宣材用として全裸の写真も撮られた。

 プロダクション社長との会話の中で、自分の体のコンプレックスについて聞かれた。肌と胸に自信がないと答えると、「胸が大きくなり、肌もきれいになる薬を後であげるよ」と言われた。それが低用量のピルだった。

 実家の住所が分かる免許証をコピーされ、全裸の写真も撮られている弱みを握られつつ、食事を頻繁におごられ、プロダクションとの関係は深まっていった。3月下旬、大手メーカーに面接を受けに行く前日、プロダクション社長からピルを飲むように指示された。

女子学生がAV男優に連れ込まれた事務所がある建物の出入り口(画像の一部を加工しています)

女子学生がAV男優に連れ込まれた事務所がある建物の出入り口(画像の一部を加工しています)

面接時の書類でピルの服用チェック

 女子学生は胸や肌などへの効果を期待し、飲むことにした。この時点では「きっと面接に落ちる」と思っていて、AVの撮影のためという認識はなかった。

 一方、「社長の狙いは違っていた」と今は考えているという。大手メーカーの面接に行った際、女子学生は書類でピルを飲んでいるかどうかをチェックしたと記憶している。前日から飲み始めた彼女は、「飲んでいる」に印をつけた。

 女子学生は面接に通り、この大手メーカーのあるレーベルの専属女優となった。ピルを飲んでいることが決め手となったかは分からないが、このレーベルでは妊娠する可能性のある行為を売りにしている。実際、女子学生が経験した撮影の多くで、コンドームの着用はなかった。

女子学生が事務所から渡されていたピルと軟膏。ともに国内未承認薬だ(画像の一部を加工しています)

女子学生が事務所から渡されていたピルと軟膏。ともに国内未承認薬だ(画像の一部を加工しています)

男性マネジャーが「ピル係」に

 2016年3月下旬から飲み始めたピルを、女子学生はいったん数日でやめた。下腹部が痛くなるなど、体に不調が現れたからだ。4月5日、面接に受かったという連絡がプロダクション社長からきた。同時に彼女はピルを飲むことを再開した。撮影が決まり、妊娠を避けるためには選択肢がなかったが、下半身から不正出血したこともあった。

 社長と社長から「ピル係」に任命された30代の男性マネジャーが、ピルの服用期間の指示や体調面のアドバイスをした。女子学生は、プロダクション社長と「ピル係」のマネジャーなどとのLINEのやりとりを残している。

 LINEの文面は、字面だけを追うと軽い印象を受ける。ただし、女子学生はプロダクション社長らのアメとムチで、「マインドコントロールされたみたい」な状態だったため、非常に従順になっていた。また、「明るいキャラを演じていないと、AVの世界にはまっていく怖さに自分を保てなかった」と振り返る。

「ピル係」に任命されていたマネジャー役の男性。服用期間の指示やきちんと飲んだかを確認した(画像の一部を加工しています)

「ピル係」に任命されていたマネジャー役の男性。服用期間の指示やきちんと飲んだかを確認した(画像の一部を加工しています)

「怖いです」も説得される

 2016年4月22日、女子学生はプロダクション社長にLINEで不安を打ち明けている。

女子学生「(ピルの名前)怖いです」

プロダクション社長「明日ゆっくり話をしよーよ。心配ないからね」

女子学生「こわいですよううう」

プロダクション社長「いったん飲むのやめてもいいよ」

女子学生「わかりました」

 翌4月23日に会った社長は、飲んでいるピルの安全性を説明してきた。

 「ホルモン治療みたいな薬だからさ」

 女子学生が「将来、子どもを産むときに影響がでないか」と心配すると、元AV女優が自分の子どもと写っている写真を出してきた。説得され、飲み続けた。

 4月27日、プロダクション社長からピルに関する問い合わせがきた。

プロダクション社長「ピルは後何錠ある?」

女子学生「まだあります!!10粒位だった気が!」

プロダクション社長「そんなにある?毎日きちんと飲んでる?」

女子学生「なんかたまに飲んだか飲んでないかわからない時あります」

プロダクション社長「それは絶対にダメやん。(マネジャー名)に毎日連絡してもらおーね」

 同じ日に男性マネジャーからもLINEが来た。

マネジャー「今日から4/30までピルを飲んでくださいね!4/30になったら一旦止めてくださいね!んで、5/7からまた毎日のみましょー!ピル飲む時間は21時にしましょ!!分かんないところとかある??」

女子学生「わかりましたああ」

女子学生はマネジャー役の男性から、ピルを「ポーチの中とかに入れて持ち歩いてね!」と指示された ※写真と記事は直接、関係ありません

女子学生はマネジャー役の男性から、ピルを「ポーチの中とかに入れて持ち歩いてね!」と指示された ※写真と記事は直接、関係ありません

出典:https://pixta.jp

「明日から飲むよ」「やだああああ」

 この日から連日、女子学生はマネジャーから21時ごろに、ピルを飲んだかの連絡を受けるようになった。「ピルよろしくー!」「はい」という感じのやりとりが多数、LINEの履歴に残っている。

 2016年7月22日、マネジャーからピルを再開する連絡を受けた時、女子学生は抵抗感を示した。

マネジャー「明日からお薬飲むよおおお!!」

女子学生「やだああああ」

マネジャー「明日から飲むよー。よろしくね」

女子学生「はあ、、、」

マネジャーと女子学生は、連日のようにLINEで「ピルよろしくー!」「はい」とのやり取りを続けていた(画像の一部を加工しています)

マネジャーと女子学生は、連日のようにLINEで「ピルよろしくー!」「はい」とのやり取りを続けていた(画像の一部を加工しています)

女医「プロダクション、女性の健康の権利を侵害」

 ピルは国内では、医師の処方箋(せん)が必要な、医薬品に指定されている。自己使用目的ならば、一部の医薬品の個人輸入は認められており、個人輸入したピルを飲んでいる女性もいると思われる。ただし、医薬品医療機器法(旧薬事法)は個人輸入した医薬品の第三者への譲渡を認めていない。

 厚生労働省によると、女子学生が飲んでいたピルは国内未承認だ。同省によると、未承認薬の譲渡は同法違反になる。

 ピルに詳しい対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座院長で産婦人科医の対馬ルリ子さんに、実物を確認してもらった。海外で広く飲まれているものだという。

 対馬さんは女子学生に対し、「飲んでいたピルによる将来の健康被害の可能性はない。安心して欲しい」と話す。その一方、プロダクションに関しては厳しい言葉を口にした。

 「乳房、乳腺の組織は女性ホルモンに敏感に反応するので、ピルを飲むと最初は胸が張ったような、豊かになったような感じはします。ですが、飲み続けているとホルモンバランスは落ち着いてしまうので、ずっとは続きません」

 「医師の診察を経て処方し、使用後も不正出血や体調不良について気軽に相談できてこそ、ピルは安全、安心に使用できます。プロダクションの社長やマネジャーがやっていることは、女性の無知につけ込むやり方で、女性の健康の権利を侵害しています」

対馬ルリ子ライフクリニック銀座院長で産婦人科医の対馬ルリ子さん=同クリニック提供

対馬ルリ子ライフクリニック銀座院長で産婦人科医の対馬ルリ子さん=同クリニック提供

性病検査で引っかかったことも

 AVの撮影時には、出演する男女に性病検査の結果提出が求められる時がある。レーベルの専属契約、業界で「単体」女優と呼ばれるトップクラスにいた女子学生は、節目ごとに検査をうけ提出した。

 2016年8月23日、1週間後に出演を控えていたため、「ピル係」とは別の男性マネジャーと検査を受けにいった。

 8月27日に男性マネジャーから「淋菌が陽性でした」とLINEで連絡がきた。女子学生は「陰性」にするため、男性マネジャーの指示で薬を飲み、29日に再度の検査を受けた。

初撮影前の性病検査結果。この時は、引っかかる項目はなかった(画像の一部を加工しています)

初撮影前の性病検査結果。この時は、引っかかる項目はなかった(画像の一部を加工しています)

外国産の薬で性病、感染症を治療

 また、2016年9月には同じく性病のクラミジア、6月と7月には婦人科系感染症のカンジタ膣炎にもなった。女子学生はAVの撮影に出る前には、これらの性病、感染症にかかったことはなかった。

 女子学生にクラミジア、カンジタ膣炎の症状が出る度、プロダクションは事務所に備蓄してある外国産の固形薬と軟膏(なんこう)を渡してきた。女子学生は6月に初めてカンジタ膣炎を発症した際、社長が固形薬の回りに軟膏を塗り、下半身に挿入してきたと証言している。女子学生が保管していたこの軟膏を調べると、国内未承認薬だった。

 また、女子学生は性病検査の直前、事務所から渡された専門の道具で下半身の洗浄をした。プロダクションは、この道具と行為を「セペ」と呼んだ。セペ用の道具は、コンドームを着用しない撮影が行われた現場にも置いてあり、彼女は1日の撮影が終了し、最後のシャワーを浴びるときに使用していた。性病予防に効果があると思っていた。

女子学生がプロダクションに渡されて使った軟膏。国内未承認薬だ(画像の一部を加工しています)

女子学生がプロダクションに渡されて使った軟膏。国内未承認薬だ(画像の一部を加工しています)

赤ひげ先生「信じられない対処」

 六本木の「赤ひげ先生」と呼ばれる医師で自民党前衆院議員の赤枝恒雄さんは、多くのAV女優の診察もしてきた。有名AV男優やAV女優と、大学のイベントなどで一緒にトークショーをしたこともある。

 赤枝さんは、性病や感染症に対するプロダクションの行為を「信じられない対処の仕方だ」と批判する。

 「クラミジアで卵管炎を起こすと、不妊症になることもあります。また、『エイズのかげにクラミジアあり』と医療従事者の中では言われています。クラミジアになると、エイズに10倍かかりやすくなるともされるからです」

 「性病にかかったら、きちんと専門医に診てもらう必要があります。プロダクションの社長は、安易に医師のまねごとをすべきではありません。医師法違反の疑いがあります」

 「性病検査の前に、セペのような行為をしたら、病原菌が流れ、正しい検査ができません。いい結果を得たい悪知恵です。撮影後のセペは性病予防にはならないが、やった方が多少はいい程度です」

 「コンドームを着用しない性行為をしたのなら、翌日以降に速やかに検査に行くべきです。エイズと梅毒は2カ月たたないと分からないから、もう一度行く必要があります。自分の体と大切なパートナーを守る『けじめ検査』をしないといけません」

六本木の「赤ひげ先生」と呼ばれる医師で自民党前衆院議員の赤枝恒雄さん

六本木の「赤ひげ先生」と呼ばれる医師で自民党前衆院議員の赤枝恒雄さん

「体に何か影響でないか心配」

 女子学生は、金銭面で苦しく、また保険証を使ったことでの親バレが怖く、いまだに「けじめ検査」に行けずにいる。飲んでいたピルの体への影響について、対馬さんの見解を伝えるとほっとした様子を見せた一方、赤枝さんの意見には顔を曇らせた。

 「今のところ体の違和感はありませんが、わけが分からない薬を使ったので性病は治ったか、治っていないか分からない状況です。これから先、体に何か影響が出ないか心配です。将来、できれば子どもが欲しいと思っているだけに、余計に不安が募ります」

プロダクション側の見解

 女子学生の「告発」について、プロダクションの社長、「ピル係」のマネジャーに話を聞いた。

――(実物を示しながら)こちらのピルは海外からのですか

社長「個人輸入をしたものです。欲しいと言われたので(女子学生に)渡しました」


――ピルを所属女優に飲ませることは、通常にやっていることなのですか?

社長「欲しいと言えば渡しますよ」


――女子学生は、どういう理由で欲しいと言われたのでしょうか

マネジャー「生理不順」


――個人輸入した医薬品を第三者に渡すことは医薬品医療器機法(旧薬事法)で禁止されています。法に触れる可能性があるとの認識は?

社長「全然なかったですね。僕はよかれと思って(あげた)」


――ピルは日本では医薬品で、医者に行って処方箋(せん)をもらって出してもらうものです。マネジャーは、そうした専門知識はあるのでしょうか。

マネジャー「ないです」


――女子学生は、ピルを飲んで不正出血をしたと言っています。体に負担がかかったと思うのですが

マネジャー「本人が欲しいといったから渡しただけです」


――女子学生は性病などになった時、固形薬の上に軟膏を塗って、下半身の患部に入れて治す処置を、社長から直接されたと話しています。

社長「僕はそんな行為はしません。薬は渡しますよ。使い方も教えますが」


――女子学生はマネジャーにLINEで騙されたと伝えています。

マネジャー「一番終盤ですよね。辞めてから、がーっと来ましたけど。がーっと言ったのは一番終盤じゃないですか。逆にそれで騙されたと言われても、困るのですけど」

社長「撮影するまでは、結構な時間空いたと思いますよ。どのぐらい空いたかは覚えていないのですけど。その間、考える時間はあると思いますし、辞めるのは自由だし、やりたくない子を撮れるわけない」

情報提供、お待ちしています

     ◇

 AVに関係する情報を募集しています。出演強要被害に遭った男性、女性、業界の内情を語ってくれるAVメーカー、プロダクション幹部からの連絡をお待ちしています。

リクエスト募集中

AV強要問題に関する情報を募集中です。

リクエストを書く リクエストを書く


「顔はバレない…」支援団体が実話を元に作った性被害の啓発マンガ
前へ
子どもの性を守るための啓発漫画「ブルー・ハート」。NPO法人「人身取引被害者サポートセンター ライトハウス」(http://lhj.jp/)が無料配布しているアプリからは全話読むことができる
次へ
前へ
次へ

あわせて読みたい

中国で「カルト的人気」お化粧動画 千年前のメイク、計5千万回再生
中国で「カルト的人気」お化粧動画 千年前のメイク、計5千万回再生
衆院選「希望」ない3府県、それぞれの理由 競合回避 共闘 そして…
衆院選「希望」ない3府県、それぞれの理由 競合回避 共闘 そして…
NEW
カラダづくりを科学で見直そう 『正しい体幹トレーニング』
カラダづくりを科学で見直そう 『正しい体幹トレーニング』
PR
“王者”に君臨し続ける理由…「兵庫県産山田錦」
“王者”に君臨し続ける理由…「兵庫県産山田錦」
PR
イスラム国の脅威、空爆してもなくならない...
イスラム国の脅威、空爆してもなくならない...
85歳現役チアリーダー「生きがいなんて必要ない」 挑戦だらけの半生
85歳現役チアリーダー「生きがいなんて必要ない」 挑戦だらけの半生
家族の死、美談で終わらせないで…川に飛び込み犠牲に、遺族の違和感
家族の死、美談で終わらせないで…川に飛び込み犠牲に、遺族の違和感
悔しいけどクスッとしたよ… 不動産看板をダジャレにした理由とは?
悔しいけどクスッとしたよ… 不動産看板をダジャレにした理由とは?
衆院選の構図をおさらい 争う「3勢力」って...
衆院選の構図をおさらい 争う「3勢力」って...
世界で一番短い国歌、長い国歌は?
世界で一番短い国歌、長い国歌は?
Q&A
「withnews」×「城崎広告」 連載企画スター...
「withnews」×「城崎広告」 連載企画スター...
憧れの「日本の美大」中国人留学生が驚いたこと…「バイトが文化?」
憧れの「日本の美大」中国人留学生が驚いたこと…「バイトが文化?」

人気

もっと見る