MENU CLOSE

話題

12935

年賀状に「あの人の顔」が! 広告付きハガキに反響、掲載ルールは?

2018年用の広告付年賀はがきの、左上を拡大したもの。中央がアパホテル。
2018年用の広告付年賀はがきの、左上を拡大したもの。中央がアパホテル。 出典: 日本郵便提供

目次

 2018年用の年賀はがきのデザインが、8月末に発表されました。中でも驚きの声が多いのが、全国展開している「アパホテル」の元谷芙美子社長の顔写真が載った「広告付年賀はがき」です。誰もが広告費を払えば、顔写真入りの年賀はがきを発行できるのでしょうか。日本郵便を取材しました。

5円安く販売

 広告付年賀はがきは企業や自治体から広告費が入るため、通常より5円安い、1枚47円で販売されます。

 2018年用には14種類が発売予定。それぞれ一部地域の郵便局で売られます。

 例えば、東日本大震災で被災した福島県飯舘村の広告付年賀はがきは、福島県内の一部で販売。はがき下部の広告欄に描かれているのは、里山のイラストや「陽はまた昇る」のメッセージです。そのほか菓子メーカーや寺院の広告付はがきも。地元の風景や看板商品の写真が載っています。

福島県飯舘村の広告付年賀はがき
福島県飯舘村の広告付年賀はがき 出典: 日本郵便提供

 その中でもインパクトがあるのが、東京都内の一部で30万枚発行される、アパホテルの広告付年賀はがきです。

 はがきの左上に、元谷芙美子社長の顔写真と署名がカラー印刷され、思わず目を奪われます。広告欄には「アパホテル社長のお年玉年賀はがき」の文字。公式サイトで予約し、ホテルに持参すれば、1泊1室500円引きで泊まれる仕組みです。

 2018年用で人の顔が正面から載っている年賀はがきは、ほかにありません。ツイッターでは「攻めてるなあ」などと反響がある一方、年賀状に個人の顔写真を載せられるのかと驚く声も出ています。

アパホテルの広告付年賀はがき
アパホテルの広告付年賀はがき 出典: 日本郵便提供

日本郵便「顔写真は・・・」

 広告料を支払えば、誰もが顔写真を入れられるのでしょうか。日本郵便の広報担当者に聞きました。

ーーアパホテルの年賀はがきが、元谷社長の顔写真が載っていることもあって話題を呼んでいます。

 弊社が定める広告の条件に照らし合わせて、掲載を判断させていただきました。アパホテルの社長様の写真の場合、個人の氏名を宣伝するものではないと判断しました。

ーーそれはなぜですか?

 アパホテル様の広告や商品に、社長様の顔写真が、すでに広く掲載されているためです。そこで企業イメージを表現するのに必要不可欠な要素であると判断しました。

ーー個人の氏名を宣伝するのは、基本的にはNGなのですか?

 その点は広告主様との調整でさまざまなケースが考えられますので、必ずNGとは言えません。ただ、もちろん公序良俗に反する内容はお断りしています。

ーーちなみに広告付年賀はがきは、長年発行されているのですか?

 1981年(昭和56年)から発行しています。とはいえ広告主様ありきのものですので、毎年発行すると決まっているわけではありません。

       ◇
 一方、アパホテルを取材したところ、年賀はがきに広告を出すのは今回が初めて。担当者は「年賀状を通じて日頃ご愛顧いただいているお客様へ、お年玉をプレゼントできないかと考えました」と話します。

 2018年用の年賀状は、今年11月1日から販売が始まります。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます