閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年08月05日

マイナー毒蛇から小5救う 血清開発したヘビ園に聞く対策の闇

  • 80808

小5男児をかんだヤマカガシとみられるヘビ=兵庫県警伊丹署

小5男児をかんだヤマカガシとみられるヘビ=兵庫県警伊丹署

出典: 朝日新聞

 先月末、兵庫県の小5男子がヤマカガシとみられるヘビにかまれ、一時意識不明になりました。治療に使われた血清は、群馬県太田市の小さな観光ヘビ園で30年ほど前に開発されたもの。死に至る毒があるものの被害例は少ないヤマカガシは、治療研究も少ないです。ヘビ園のご努力がなければ、今回の男の子はどうなっていたのだろう… そんな思いを胸にヘビ園を訪ねると、日本の毒蛇対策のさらにお寒い事情を知ることになってしまいました。

「実は毒蛇」の衝撃

 私がガキンチョだった数十年前、仲間うちでヤマカガシは「毒のないヘビ」と思われていて、とっつかまえてはブンブン振り回す身近な生き物でした。ところが1984年、愛知県の中2がかまれて死亡と報道され、「毒蛇やったんや」と衝撃を受けた記憶があります。

ヤマカガシ=青森県むつ市

ヤマカガシ=青森県むつ市

出典: 朝日新聞

研究者、自発的に血清開発

 今回の兵庫の事故後、Facebookで、京都女子大名誉教授の小波秀雄さんからの「ヤマカガシの血清開発は科研費の研究だった」という投稿がまわってきて、驚きました。

 科研費、つまり科学研究費助成事業は、研究者が国に研究プランを示し、認められたときに研究費が出る仕組みです。要するに、死に至る毒蛇の治療法の開発は国主導ではなく、研究者が自発的に始めたということです。

 小波さんも投稿で「その科研費が採択されていなければ、血清は作られておらず、今回の事故でも死亡につながったかもというわけです。人の命を救うための研究が、そういう性質の予算で辛うじて支えられたというのは、ちょっとこわい」。確かに。

科研費データベースにあるヤマカガシ血清研究の記録

科研費データベースにあるヤマカガシ血清研究の記録

出典:科学研究費助成事業データベース

自給自足の「へび研」

 科研費のデータベースを見ると、申請は愛知の死亡事故の翌年で、申請者は日本蛇族学術研究所(へび研)。ググると、群馬県太田市の観光ヘビ園、ジャパンスネークセンターに併設されています。とにかく、行ってみることにしました。

 大変失礼ながら、「とても立派だ」とは言いがたい雰囲気のへび研。聞けば、ヘビ園運営も併せてスタッフはパートさんも含めて計9人。運営費も基本的に、ヘビ園の収益でまかなっています。でも実は、現在も国内の毒蛇対策の重要拠点なのです。

日本蛇族学術研究所=群馬県太田市

日本蛇族学術研究所=群馬県太田市

「誰もしてない」から始めた研究

 「ヤマカガシの研究を始めた動機は、単に他にやっている人がいなかったから、ですね。単純な毒だとは考えられていたので、素人には取り組みやすいと思ったのです。死亡例は1例知られていましたが、そこまで危機感があったわけではありません」

へび研の主任研究員、堺淳さん

へび研の主任研究員、堺淳さん

 主任研究員で所長代理の堺淳さん(62)は淡々と、話してくれました。大学時代に学んだのはクモの動物行動学。確かにヘビは「素人」だった堺さんですが、入所後に行った研究は、ヤマカガシの血清開発に大きな可能性を与えました。

基礎研究が道開く

 堺さんが明らかにしたのは、ヤマカガシの毒をウサギなどの動物に注射すると、きちんと血中に抗体が出来ること。そして、その抗体がきちんと毒を中和すること。それがあってこそ、愛知の死亡事故の翌年、へび研が血清試作に乗り出すことができたのです。

 試作に乗り出したきっかけは、死亡した中学生の遺族からの依頼のほか、当時の所長の熱意もあったようです。「元々は東大のヘビ毒の研究者でしたが、被害の多い東南アジアも駆け回り、治療法を探った人ですから」と、堺さんは振り返ります。

へび研が運営するジャパンスネークセンター=2005年

へび研が運営するジャパンスネークセンター=2005年

出典: 朝日新聞

血清完成後、死者は1人

 へび研が試作した血清が11人分の治療で尽きはじめた頃の1998年、やっと厚生省(当時)研究班ができ、ヤマカガシの血清開発に取り組みます。堺さんも参加し、1000回分以上の血清が作られました。これが今も、使われています。

 あまり人をかむことがないヤマカガシの被害は少なく、血清が使われだしてからの治療例は20回だけ。しかし、治療開始が遅れた1人以外の死亡例はありません。

ヤマカガシの血清

ヤマカガシの血清

出典:日本蛇族学術研究所

メジャーなマムシでも...

 「マイナーなリスクであっても、誰かが対応しないとダメ、ということですね。でも、メジャーな毒蛇のマムシ対策だって、厳しい状況なんです」と、堺さんは顔を曇らせました。

 国内でマムシの被害は年間約3000件で、死者は5人前後。年間約3000回分の血清が出荷されています。作っているのは一般財団法人の化学及血清療法研究所(化血研、熊本市)だけです。「昔は企業や大学など4者が作っていましたが、撤退しました。利用数が少ない血清は、利益が出ないんですよ」と、堺さんは説明します。

マムシ=長野市

マムシ=長野市

出典: 朝日新聞

血清の運命、ヘビ園とともに

 しかも、血清製造に必要なマムシの毒を採取し、化血研に送っているのはへび研だけです。「マムシから毒を絞るだけでなく、処理もしなくてはいけない。今のところ、できるのはうちだけです」

 しかし、へび研の運営を支えるヘビ園の入場者は減りました。堺さんが1979年に就職した当時、会社の慰安旅行の団体さんも多くにぎわいましたが、近年は「かろうじてやっている」状態。若い人が入所しても生活が成り立たず、やめていくといいます。

へび研からみたジャパンスネークセンター=群馬県太田市

へび研からみたジャパンスネークセンター=群馬県太田市

医師の相談対応も...

 マムシ血清の材料の供給が途絶えかねない不安に加え、もっと直近の不安もあります。

 ヤマカガシもそうですが、マムシ被害にしても、多くのお医者さんはそう頻繁に診察する訳ではありません。特にマムシはかまれた時に痛みが少ない時もあり、来院が遅れることもあります。様々な状況に対応できない全国のお医者さんが、へび研に相談の電話をかけてきます。

 「相談の仕事ができるのは私だけなんですよ。でももう62歳。いつまでできるか…」

医師からの相談対応は、堺さんしかできない

医師からの相談対応は、堺さんしかできない

体力・経営以外の不安も

 ヤマカガシに関しては、堺さんの体力やへび研の経営以上に困難な状況もあります。

 水辺でほぼカエルを専門に食べるヤマカガシは近年、カエルの減少と共に減っています。そして、ヤマカガシの毒はマムシと違い、殺さないと採取できないので数を集めなくてはなりません。厚生省研究班で血清を作った際は、約300匹を集めました。

 「そろそろ作り直すことを考える時期ですが、それだけのヤマカガシを集めるのはかなり困難でしょう」

「大変不安です」

 日本の毒蛇対策はどうなるのでしょう。

 「もう、大変不安です」

 正直なところ、「昔の研究者の熱意が兵庫の少年を救う」という美談が書けるのでは、という思いで始めた取材でしたが、へび研を去るときには私にも、不安しかありませんでした。

ジャパンスネークセンターの白蛇観音=2005年撮影

ジャパンスネークセンターの白蛇観音=2005年撮影

出典: 朝日新聞

マイナー毒蛇から小5救う 血清開発したヘビ園に聞く対策の闇
前へ
兵庫の小5をかんだヤマカガシとみられるヘビ=兵庫県警伊丹署
次へ
出典:朝日新聞
1/10
前へ
次へ

あわせて読みたい

音喜多氏が見た「小池百合子」のすごみ 巻き込む力「魔力のよう」
音喜多氏が見た「小池百合子」のすごみ 巻き込む力「魔力のよう」
解散総選挙「衆院だけ」にある理由 最も強...
解散総選挙「衆院だけ」にある理由 最も強...
六花亭が『いつものアレ』発売 どんな菓子なの?商品名の由来は?
六花亭が『いつものアレ』発売 どんな菓子なの?商品名の由来は?
工事現場が様変わり! 「バルーン投光器」の遊び心、製造元に聞く
工事現場が様変わり! 「バルーン投光器」の遊び心、製造元に聞く
キムワイプ「1cmの空白」の謎 箱で円を作ると中心に出現、その訳は
キムワイプ「1cmの空白」の謎 箱で円を作ると中心に出現、その訳は
85歳現役チアリーダー「生きがいなんて必要ない」 挑戦だらけの半生
85歳現役チアリーダー「生きがいなんて必要ない」 挑戦だらけの半生
「辻立ち無視」が無関心を呼ぶ? マック赤坂を撮った監督が語る選挙
「辻立ち無視」が無関心を呼ぶ? マック赤坂を撮った監督が語る選挙
子どもは静かに溺れます! 医師が注意喚起...
子どもは静かに溺れます! 医師が注意喚起...
カラダづくりを科学で見直そう 『正しい体幹トレーニング』
カラダづくりを科学で見直そう 『正しい体幹トレーニング』
PR
世界で一番短い国歌、長い国歌は?
世界で一番短い国歌、長い国歌は?
Q&A
なぜ秋葉原で牛乳? 駅ホームの自販機に「...
なぜ秋葉原で牛乳? 駅ホームの自販機に「...
“王者”に君臨し続ける理由…「兵庫県産山田錦」
“王者”に君臨し続ける理由…「兵庫県産山田錦」
PR

人気

もっと見る