閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年07月15日

「投げ銭の最高額は78万円」 伝説の大道芸人、ギリヤーク尼ヶ崎

  • 23294

鎮魂の舞を披露するギリヤーク尼ケ崎さん=2015年、兵庫県尼崎市

鎮魂の舞を披露するギリヤーク尼ケ崎さん=2015年、兵庫県尼崎市

出典: 朝日新聞

 半世紀近く街頭で踊り、観客からの投げ銭を頼りに暮らしてきたというギリヤーク尼ケ崎さん。パーキンソン病や脊柱管狭窄症の症状と闘いながら、80歳を超えるいまも街頭に立ち続けています。被災地やテロ現場で「祈りの踊り」を舞う一方で、「投げ銭を数えるのが楽しみ」と言ってはばからない一面も。聖と俗をあわせ持つ、伝説の大道芸人の素顔に迫りました。


初めての街頭は「右翼と学生と僕の三つどもえ」

 ――初めて街頭で踊ったのは。

 1968年の10月、38歳の時でした。銀座の数寄屋橋で学生さんが「○○反対!」と叫んでいて、もう一方では右翼の赤尾敏さんが演説していた。右翼と学生と僕の三つどもえ(笑)。赤尾さんの演説は浪花節の語りみたいで面白いの。

 タバコ売り場の前にベンチがあって、ここでやればいいやって。学生運動もやってるし、自由だろうと思ったわけ。200人以上は集まったかなあ。もうね、黒山の人だかり。その場でメイクを始めたものだから、何者だろうと思ったんじゃない? 若い女の子たちが、火星人でも見るような感じで目を輝かせてましたね。

 竹筒でつくった喜捨箱を置いておいたら、女子高生の2人組が恥ずかしそうに50円玉を入れてくれた。うれしくて泣けてきたね。あれがあったから、いままで50年近くやってこられた。あの時の女子高生も、元気でいればいま60代ぐらい。もう一度、会ってみたいなあ。

自宅で取材に応じるギリヤーク尼ケ崎さん

自宅で取材に応じるギリヤーク尼ケ崎さん

 ――38歳という年齢で街頭に踏み出すことに、迷いや葛藤はありませんでしたか。

 悩みましたよ。21歳で映画俳優を目指して北海道から上京したの。親には「英語の通訳になる」なんて言ってね。でも、函館弁のなまりが強くて、うまくいかなかった。それから舞踊研究所に入って、3年ぐらいで辞めて。

 10年もいたら、先生の型と同じ踊りしかできなくなっちゃう。絵描きさんは自分の描きたい絵を描くでしょ。創作舞踊も自分で創作するものだから、1人の方がいいやと思ったの。芸術っていうのは自分。自分の感情を自分で見つめて、自分で表現するしかない。自分一代だけの踊りを、一生掛けて掘り下げるんです。

映画俳優を目指していた、若き日のギリヤークさん。けっこう甘いマスク

映画俳優を目指していた、若き日のギリヤークさん。けっこう甘いマスク

出典: ギリヤーク尼ケ崎さん提供

「早く投げ銭を数えたい」 ぬれたお札にアイロン掛け

 ――半世紀近く観客の「投げ銭」で生活されているということですが、1回の街頭公演でどれぐらい稼げるものなのですか。

 いままでで一番投げ銭が多かったのは、1996年10月の新宿公演。1回で78万円も集まった。なかには1人で10万円入れてくれた人もいたよ。いいところで1万円札が入ると、1円、10円のつもりだった人も、思わず千円入れてくれる。群集心理だね(笑)。いただいた投げ銭は、明け方まで掛かって数えました。

 投げ銭を数えるのは、大道芸人の楽しみであり醍醐味。大道芸をやっている人は、本音ではみんなそう思ってるんじゃない? 踊り終わった後、打ち上げに呼ばれるんだけど、ゆっくり呑んでるヒマなんてないの。とにかく早く宿に戻って、投げ銭を数えたいわけ。

 「念仏じょんがら」という演目の最後に水をかぶるもんだから、早く投げ銭を乾かさないと、お札が破れたりくっついたりして、グチャグチャになっちゃう。ガマ口にしまえなくなっちゃうんですよ。

踊りの途中でバケツの水をかぶるギリヤークさん=2014年、兵庫県尼崎市

踊りの途中でバケツの水をかぶるギリヤークさん=2014年、兵庫県尼崎市

出典: 朝日新聞

 ――夜な夜な、お札にアイロンを掛けているというウワサを聞いたのですが。

 ホテルの部屋でお札にアイロンを掛けて、ドアからベッドまで並べて乾かすの。1万円札は破れたりしないように、慎重のうえにも慎重に温度調節して。だって、千円札10枚分でしょ。心配だから、1万円札だけはあまり長く干さない。生乾きでもしまっちゃう(笑)。

 ひとりでビール飲みながら、お札にアイロン掛けてる時が一番の快感。だから、打ち上げで乾杯するより、早く宿に帰りたいの。軽蔑する? でも僕はそのために踊ってるんだと胸を張っていたいね。

投げ銭の話題になった瞬間、この日一番の笑顔を見せるギリヤークさん

投げ銭の話題になった瞬間、この日一番の笑顔を見せるギリヤークさん

 ――そもそも泥棒に入られたことはあるんですか。

 一度もない。厳重にカギを掛けてるから。それでも夜中に2回は起きて、「よし、あるな」と投げ銭を確認する。1万円札とか高いお札ほど、寝床の近くに置いて寝るの。

 ――忍び込んだ部屋にお札が敷き詰めてあったら、さすがの泥棒も「これはヤバイ」と思うでしょう。

 泥棒が入ったら心理を聞いてみたいね。何かの罠だと思うんじゃない? 半分は盗れるもんなら盗ってみろって思ってるけど。

一心不乱に叫び、踊るギリヤークさん=2009年、兵庫県尼崎市

一心不乱に叫び、踊るギリヤークさん=2009年、兵庫県尼崎市

出典: 朝日新聞

「警察のお世話になったのは78回ぐらい」

 ――街頭で活動していると、警察から注意を受けることもありますよね。

 これまで警察のお世話になったのは78回ぐらい。秋田の大館にいた頃、神社の境内で踊りの練習をやっていたら、痴漢と間違われて警察に連れていかれたの(※ギリヤークさんは一度上京したものの、父親の体調悪化などに伴い1957年から3年間、大館で過ごした)。

 ふんどし一丁だし、奇妙な人間だと思われたんでしょう。取り調べの警察官に「お前がやったんだろう」と催眠術みたいに繰り返し追及されて。負けちゃいけないと、僕も下っ腹に力を入れて「やりません」と何度も答えました。

 そうこうしているうちに、被害者の女性が首実検で「あの人は違う」と言ってくれて釈放されました。何度も警察のお世話になったけど、この時が第1回目ですね。

年季の入った「青空舞踊公演」の掛け軸。「上演時間は15分。実際には30分やるとしても、そう書くの。15分ぐらいなら見ていこうと思うでしょ」

年季の入った「青空舞踊公演」の掛け軸。「上演時間は15分。実際には30分やるとしても、そう書くの。15分ぐらいなら見ていこうと思うでしょ」

 ――街頭で踊り始めた1968年以降では、いかがですか。
 
 新宿の西口広場で千人以上集まったことがあって、あの時はお客さんの顔が投げ銭に見えた(笑)。ところが、街頭で踊る時に引っかかってくるのが道路交通法なの。お巡りさんが来て「許可がないなら、ただちにやめてください」と言われて。いまさら中止にできないないから踊り出したんだけど、途中で連行されちゃった。
 
 なかには理解を示してくれるお巡りさんもいましたよ。僕が踊り終わって、投げ銭をしまうのを見届けてから声を掛けてきて。「もう終ったか。あんまり派手にやるなよ」って。青森県の出身で、踊りの時に流すじょんがらの音色が懐かしかったみたい。

 1983年、84年に両ひざの半月板を手術して、何カ月も休んだ後に渋谷のハチ公前で踊ったの。超満員で盛り上がったんだよ。若いお巡りさんさんが止めに入ったんだけど、お客さんが「帰れ、帰れ!」「(踊りを)やれ、やれ!」って叫んで。お巡りさんには気の毒だったけど、再起を賭けた公演だったから、お客さんの応援がありがたかったね。もしあそこで捕まっていたら、辞めていたかもしれない。

警察で母印をとった際の様子を再現するギリヤークさん。「5本指全部。指の上から強く押しつけられるようにしてとりました」

警察で母印をとった際の様子を再現するギリヤークさん。「5本指全部。指の上から強く押しつけられるようにしてとりました」

ヤクザに因縁、お客さんが助けてくれた

 ――海外でも捕まったとか。

 パリのシャンゼリゼ通りで踊った時に、警察署に連れていかれました。「芸術の都」というぐらいだし、ふんどし一丁でも大丈夫だろうと思ったら、私服の刑事がバーッと駆けつけてきて護送車に乗せられて。罰金も覚悟したけど、日本語のできるフランス人のジャーナリストの人が一緒に来て警察に掛け合ってくれたの。

 警察の偉い人からは「あなたの衣装はちょっと派手すぎます。シャンゼリゼはパリの顔。ほかの場所でやるなとは言いませんが、ここではご遠慮ください」と言われて。粋だなあと思いましたね。

 モスクワの赤の広場や中国の万里の長城でも踊りました。万里の長城はね、見張りの警官が戻ってくるタイミングを計算して、ずっと遠くまで行ったところで隙をついてやって。日本で警察の厄介になった経験が生きましたね。あ、別に権力に反対しているわけではないの。政治的なことは難しくてよくわからないし。

さすがにシャンゼリゼはふんどしNGだった…=2011年、北海道・根室

さすがにシャンゼリゼはふんどしNGだった…=2011年、北海道・根室

出典: 朝日新聞

 ――警察沙汰以外でも、路上はトラブルが多そうです。
 
 渋谷で投げ銭を持って帰ろうとしたら、地回りのヤクザに「おい、半分よこせ」と言われたことがあってね。その時はお客さんが守ってくれたの。「その人をいじめるな」「命がけで踊って稼いだお金を、よこせとは何事だ」って。学生さんやサラリーマン、奥さんとかが「早く逃げなさい」ってバスまで連れて行ってくれて。

 ――要所要所でお客さんに助けられていますね。

 ホームレスのおばさんは、いつもいの一番に500円ぐらい投げ銭をくれる。「私もカンパしたんだから入れなさい! タダ見はダメだよ」ってほかのお客さんに呼びかけてくれるの。

 右翼の人にもファンがいて、僕が行くと街宣の音楽を止めてね。「ギリヤーク先生の発表がありますから、どうかご覧ください」なんて紹介してくれたこともありましたね。

 僕の発表の場は街頭しかない。大道芸人には街頭しかないんだなあ。踊って投げ銭をもらって生きていく。僕の人生の住処、生き様みたいなもんだね。

時には観客と踊ることも。「いつもキレイな人ばかり選んでるって言われる。でも案外ロマンスはないね。終わったら早く投げ銭を数えたいし」=2006年、大阪市中央区

時には観客と踊ることも。「いつもキレイな人ばかり選んでるって言われる。でも案外ロマンスはないね。終わったら早く投げ銭を数えたいし」=2006年、大阪市中央区

出典: 朝日新聞

 〈ギリヤーク・あまがさき〉 本名・尼ヶ崎勝見。1930年、北海道・函館生まれ。1968年から全国の街頭で踊り続けている。著書に『鬼の踊り 大道芸人の記録』(ブロンズ社)、『ギリヤーク尼ヶ崎 「鬼の踊り」から「祈りの踊り」へ』(北海道新聞社)など。記録映画「祈りの踊り」「平和の踊り」では、製作・監督・主演を務めている。

踊りのためには歯さえ抜く! 全身大道芸人、ギリヤーク尼ケ崎の人生
前へ
次へ
出典:朝日新聞
1/37
前へ
次へ

あわせて読みたい

「見た目問題は障害」バケモノと呼ばれた男性の願い 就活で心砕かれ
「見た目問題は障害」バケモノと呼ばれた男性の願い 就活で心砕かれ
なんで電車の中は禁酒にならないんですか?
なんで電車の中は禁酒にならないんですか?
Q&A
ハイエースがロボに? トヨペット製作、愛...
ハイエースがロボに? トヨペット製作、愛...
イカだけ描く「イカ画家」の謎すぎる生態 バイト後ダッシュで水槽へ
イカだけ描く「イカ画家」の謎すぎる生態 バイト後ダッシュで水槽へ
世界が注目する港町ダンケルク ノーラン最新作が、いま世界を変える
世界が注目する港町ダンケルク ノーラン最新作が、いま世界を変える
PR
藤井四段の自宅で見た「普通すぎる日常」服はお下がり、将棋盤まで…
藤井四段の自宅で見た「普通すぎる日常」服はお下がり、将棋盤まで…
徳永英明が病から得た気づき ハンマーカンマー替え歌には「感謝」
徳永英明が病から得た気づき ハンマーカンマー替え歌には「感謝」
発売前の本、webで無料公開 新潮社が2週間限定で 担当編集者に聞く
発売前の本、webで無料公開 新潮社が2週間限定で 担当編集者に聞く
高校野球のブラバン、大阪では30年禁止 一体なぜ?高野連に聞いた
高校野球のブラバン、大阪では30年禁止 一体なぜ?高野連に聞いた
金閣寺が焼けた日 放火した僧の「その後」 恩赦で出所後、結核に…
金閣寺が焼けた日 放火した僧の「その後」 恩赦で出所後、結核に…
グラウンド整備おじさんが語った「夢」 黙...
グラウンド整備おじさんが語った「夢」 黙...
有楽町発世界へ!スタジオアルタ新劇場公演。演出家と出演女優が語る
有楽町発世界へ!スタジオアルタ新劇場公演。演出家と出演女優が語る
PR

人気

もっと見る