閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年06月08日

AV強要の実態は? 撮影に同行 「えっ」と絶句した女優の自己決定権

  • 393345

撮影が行われた和室。犬のぬいぐるみが置かれてあった

撮影が行われた和室。犬のぬいぐるみが置かれてあった

 AVの撮影現場とは、いったい、どのような場なのか。AV出演強要問題の取材のため同行した撮影現場は、ベテラン監督が出演女優に念入りに事前の内容確認を進め、撮影自体も丁寧だった。一方、女優が出演内容について、きちんと聞かされていなかったトラブルも。女優は取材に対し、「AV出演者の自己決定権」につながる情報が十分に伝えられていない実態を明かした。(朝日新聞経済部・高野真吾)


「最悪、撮影をなしにしてもいい」

 4月下旬の朝、甲信越地方のスタジオに向かう車中。AVメーカー「V&Rプラニング」創設者の安達かおる監督(65)が運転し、後部座席にはこの日出演する女優2人がいた。

 車を走らせ30分ほどたった時、女優たちが撮影内容の話をし始めた。すると、それまでほとんど黙っていた安達監督が口をはさんだ。

 「待って。君たちが言っている内容、予定と違うよ」

 「えっ」と絶句し、戸惑う女優たち。安達監督は、自社の撮影の基本方針を説明し、女優たちがマネジャーから聞かされていた撮影内容が予定と異なることを告げた。

 安達監督は「落ち込まないで」と後部座席の女優に声をかけつつ、スタジオ入りしている社員に矢継ぎ早に指示を出す。カーナビのモニターで電話をできるようになっており、運転に支障はない。

 「最悪、今日の撮影をなしにしてもいい。女優さんのマネジャーにきちんと確認して。販売日、撮影日も含め総合的に判断するように」。車中では、こうした内容のやりとりを続けた。

カメラを手に持ちながら、2人のAV女優に向き合う安達監督

カメラを手に持ちながら、2人のAV女優に向き合う安達監督

「今日はイレギュラーな日」

 40分後、今回の撮影でADを務める女性社員と最終的な電話をし、女優が聞いていない行為は別の日の撮影にすることで落ち着いた。女優2人も、ようやくほっとした様子を見せた。

 撮影現場では、「今日はイレギュラーな日」と複数のスタッフから説明された。しかし、プロダクションからの連絡が不十分なことは、ままあるようだ。撮影中に話を聞いた女優が明かした。

撮影現場には、複数の車を使い集合した。出演するAV女優が着いたのは、一番最後だった

撮影現場には、複数の車を使い集合した。出演するAV女優が着いたのは、一番最後だった

強要問題「大昔の話かな」

 まず、2人の女優はAVの撮影現場について「すごく好き」「楽しい」と口をそろえて話した。自ら望んでAVの撮影に臨んでいるという。

 既に数年の経験があり、他の女優と共演する機会もたくさんあったが、「みんな好きでやっている」「嫌々やっている子、いないと思います」と語った。

 1人は出演強要問題について「大昔の話かな、そんなのあるとしたら」とよそ事だった。もう1人は「女の子を第一に考えてくれる業界だと思う」としつつ、「やりたくない仕事をさせられてしまったのではないかな。断れなかったという感じなのかな」

前半の撮影が行われた和室。犬のぬいぐるみが置かれてあった

前半の撮影が行われた和室。犬のぬいぐるみが置かれてあった

不十分な事前連絡

 女優によると、マネジャーからの事前連絡が不十分で撮影現場でトラブルが生じることがある。

 「例えば絡みがありますと(マネジャーに)言われるじゃないですか。それは本当に『絡みの現場があります』という説明だけで、当日現場に行ってから、今日は何回絡みがあるよ、と説明される感じですね」

 「1回かなと思っていたのですけど、マネジャーさんにちゃんと確認しなかったのもいけないと思うのですけど、当日行ったら3、4回あるよとか」

出演したAV女優と話をする安達監督。言葉使いは非常に丁寧だった

出演したAV女優と話をする安達監督。言葉使いは非常に丁寧だった

予定になかった行為の指示も

 また、単なるエキストラで性的な行為は一切ないと聞いて向かった現場でのこと。監督のその場での発案で、事前の予定にはなかった道具を使うように指示されることもあった。

 その時は女優はマネジャーに電話をし、現場での指示通りにすることを伝え、監督の要求に応えた。ギャラを上げる交渉をする女優もいるが、彼女はしない。

 「本番とかになると話は変わってくると思うのですけど、作品がよくなればいいのかなと思う」

長丁場の撮影に備え、ペットボトルのお茶やお菓子などが豊富に置かれていた

長丁場の撮影に備え、ペットボトルのお茶やお菓子などが豊富に置かれていた

4月に第三者委員会発足

 AV出演強要問題を受け今年4月1日、業界の健全化を目指す第三者委員会「AV業界改革推進有識者委員会」が発足した。

 同委員会は「正規の審査団体の厳格な審査を経て認証され製品化された映像のみ」を「適正AV」と呼んでいる。

 「自己決定権の尊重」「可視化」など22条の「業界が守るべき規則」を示している。

説明会で発言をする「AV業界改革推進有識者委員会」の志田陽子代表委員(武蔵野美術大学教授)

説明会で発言をする「AV業界改革推進有識者委員会」の志田陽子代表委員(武蔵野美術大学教授)

撮影現場での説明「該当しない」

 委員の1人となった山口貴士弁護士は、4月17日にあった説明会で次のように語った。

 「AV出演者の自己決定権と安全確保をされない状況というのは、重大な人権侵害の温床になるという観点から、大問題であると同時に、AV業界の存続という観点からみても、デメリットしかない」

 自己決定権の確保に向けては、医療界で普及する「インフォームド・コンセント(十分な説明と合意)が重要になってくる」と指摘。

 撮影前でなく、撮影現場での説明については「出演するかどうかを判断する材料は、事前に提供されなければなりません」。

 「分かりやすくいうと、撮影現場で説明するということは、ちょっとこれは該当しないということだろう」と述べた。

説明会で発言する山口貴士弁護士

説明会で発言する山口貴士弁護士

ギャラの記載ないことも

 山口弁護士の説明をあてはめると、女優の1人は、かなり不十分な事前説明で毎回の現場に臨んでいる。

 マネジャーとのやりとりは、主にLINEになるが、重要な情報であるギャラについて書いてないこともあるという。

 同行した撮影は、午後10時までかかった。当初は午前2、3時に達しても1日で撮りきる予定だったが、「台本から想定する時間を見誤った」(安達監督)。大幅に積み残しとなり、女優が聞いていなかった行為の撮影もあり、「2日撮り」に変更となった。

 この日10時間かけて撮影したシーンは、映像上では約15分の長さになる。2日目の撮影とあわせると三十数分の作品だ。撮影時のモニター映像にはなかったモザイクがかけられ、発売される。

 ただし、「V&Rプラニング」が自社での基準で審査し販売するので、第三者委員会の基準にのっとると「不適正AV」扱いだ。

 午後10時半に都心に向けて帰る車中では、後部座席の女優2人は往路とは一転し、静かだった。ほとんどの時間を静かに眠っていた。

 車が都心部に戻ったときには、午前0時半になり日付が変わっていた。先に下りて見送った3人を乗せた車は、深夜の暗闇の中に静かに消えていった。

AV撮影現場に同行「被害者から聞いているだけではないAVの世界」
前へ
照明スタッフやADに囲まれ、カメラのモニターをチェックする安達かおる監督
次へ
1/11
前へ
次へ

あわせて読みたい

月17万円でも苦しい…「理想の貧困」の誤解、家計簿でくつがえす
月17万円でも苦しい…「理想の貧困」の誤解、家計簿でくつがえす
国会議員が「時間配分」を気にする理由 「...
国会議員が「時間配分」を気にする理由 「...
「ポッキーじゃないほう」パッケージ、知名度が低すぎ…担当者の真意
「ポッキーじゃないほう」パッケージ、知名度が低すぎ…担当者の真意
勤労感謝の日だからこそ伝えたい、ニッポンの生産者のメッセージ
勤労感謝の日だからこそ伝えたい、ニッポンの生産者のメッセージ
PR
最大40個!ツイッターのサブアカいくつある...
最大40個!ツイッターのサブアカいくつある...
AI技術が描く未来社会 -4つの技術群でフカボリしてみる-
AI技術が描く未来社会 -4つの技術群でフカボリしてみる-
PR
「動物園の動物はオモチャじゃない!」 飼育員の勇気ある掲示に反響
「動物園の動物はオモチャじゃない!」 飼育員の勇気ある掲示に反響
「大してインスタ映えもしないので…」 博物館の注意書きが斬新すぎ
「大してインスタ映えもしないので…」 博物館の注意書きが斬新すぎ
グーグルも「脱ヒルズ」卒業していった“あの会社” 楽天・リーマン
グーグルも「脱ヒルズ」卒業していった“あの会社” 楽天・リーマン
「ネ裏」「ハトノス」って? 野球の撮影、...
「ネ裏」「ハトノス」って? 野球の撮影、...
古本にイチョウの葉「大切にされていた証し...
古本にイチョウの葉「大切にされていた証し...
【決定版】電車で痴漢に疑われない「三つの...
【決定版】電車で痴漢に疑われない「三つの...

人気

もっと見る