閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年05月16日

「モアナ」の日本版ポスター「タトゥー」隠し? ディズニーは否定

  • 7667

編集部が入手したポスター。海外版(左)にいたタトゥーの大男マウイが、日本版(右)ではタカの姿に

編集部が入手したポスター。海外版(左)にいたタトゥーの大男マウイが、日本版(右)ではタカの姿に

 公開中のディズニーのアニメ映画「モアナと伝説の海」で、海外版と日本版のポスターが違い過ぎると話題です。海外版では主人公の少女モアナと、全身にタトゥーが入ったマウイというキャラクターが並んでいるのに、日本版はモアナばかりが目立つデザイン。ネット上では「あれ、マウイは?」「タトゥーの印象がよくないからでは」といった声もあがっています。


劇中では大活躍のマウイだったのに…

 「モアナと伝説の海」は3月10日に国内で公開され、観客動員417万人、興行収入50億8千万円の大ヒットを記録しています。物語の舞台は、太古の南の島モトゥヌイ。村長の娘モアナは、突然の不漁・不作に見舞われた島を救うため、村の掟を破って大海原への冒険に繰り出します。

 マウイは半神半人の英雄で、様々な動物に変身しながらモアナを助ける重要な役どころ。過去に経験してきた出来事がタトゥーとして全身に刻まれており、心の声がタトゥーに現れるという設定です。

 パンフレットには「マウイのキャラクターは、オセアニアで広く知られている偉大な神話の英雄からインスピレーションを得て生まれた」「マウイの体を覆うタトゥーは、フランス領ポリネシアのマルキーズ諸島のタトゥーにインスパイアされた」と記載されています。

編集部が入手した海外版ポスター。マウイは人間の姿で体全体にタトゥーが

編集部が入手した海外版ポスター。マウイは人間の姿で体全体にタトゥーが

 劇中では、マウイ以外にもモアナの父親や祖母ら多数のキャラクターにタトゥーが入っており、村人がタトゥーを彫る描写も登場します。単なる趣向にとどまらず、タトゥーがストーリーのカギを握る要素のひとつとして扱われているのです。

 ではなぜ、海外版と日本版のポスターで大きな違いが生まれたのでしょうか。海外版は、野心的なまなざしのモアナと全身タトゥーで腕組みしたマウイが正面を見すえる、力強いデザイン。対して日本版は、手でハートマークをつくったモアナが笑顔でたたずむ柔和なイメージで、冒険活劇的な要素はなりをひそめています。マウイはというと、タカに変身した姿で小さく描かれおり、海外版に比べると存在感は薄目です。

編集部が入手した日本のポスター。「モアナと伝説の海」やディズニーの映像作品をPRしたもの

編集部が入手した日本のポスター。「モアナと伝説の海」やディズニーの映像作品をPRしたもの

「感情移入しやすいよう、ヒロインをフィーチャー」

 ウォルト・ディズニー・ジャパンは両者の相違を「ローカライズ戦略のなかで、モアナのキャラクターを認知させるところからスタートしました。『ベイマックス』『ズートピア』でも違うポスターを使っており、より日本で好ましいものに合わせています」と説明します。

 日本では、タトゥーや刺青に対して嫌悪感を抱く人が少なくありません。関東弁護士会連合会の2014年の調査では、「イレズミを入れた人を実際に見た時に、どのように感じましたか?」(複数選択可)という質問に対して、51.1%が「不快」、36.6%が「怖い」と回答しました。今回のポスターをめぐっても、ネット上では「日本ではタトゥーが受け入れられにくいからでは」などと、いぶかる声が散見されます。


 日本の世論を意識した「タトゥー隠し」の意図はあったのでしょうか。この点について、ディズニーは「ないです」と明確に否定しました。公式サイトで公開されている予告編にはマウイも登場しており、日本版ポスターがモアナ中心になったのは「感情移入しやすいよう、ヒロインのモアナをフィーチャーした」ということです。

 『イレズミと日本人』(平凡社新書)の著者で、都留文科大学教授(文化人類学)の山本芳美さんは「タトゥーの精神性やポリネシアの文化をしっかり押さえている映画。いわゆるプリンセスものにとどまらない、新しい物語を紡ぎ出している点も素晴らしい」と「モアナ」を高く評価。そのうえで「いい作品だけに、ポスターで十分にメッセージが伝わらなかったのはもったいなかった。変に勘ぐられるようなことをせず、海外版と同じポスターでよかったのでは」と指摘しています。

最後のキング・オブ・タトゥーを彩った美女たち
前へ
キング・オブ・タトゥーに参加した游姫さん
次へ
1/22
前へ
次へ

あわせて読みたい

発売前の本、webで無料公開 新潮社が2週間限定で 担当編集者に聞く
発売前の本、webで無料公開 新潮社が2週間限定で 担当編集者に聞く
ブスの極み乙女… 子育て自虐エッセイ作者「ママになっても私は私」
ブスの極み乙女… 子育て自虐エッセイ作者「ママになっても私は私」
「落ちていたごみ」に最高点 94歳の美術家が伝えたかったこと
「落ちていたごみ」に最高点 94歳の美術家が伝えたかったこと
NEW
ブラック企業が激変!『魔王が社長になったなら』 体験を元に漫画化
ブラック企業が激変!『魔王が社長になったなら』 体験を元に漫画化
「みそ汁サーバー」なぜ家庭用に? ネットで拡散、マルコメに聞く
「みそ汁サーバー」なぜ家庭用に? ネットで拡散、マルコメに聞く
納豆「1万回」混ぜたら予想外の結果に…記念...
納豆「1万回」混ぜたら予想外の結果に…記念...
禁じられた改札タッチ、「とてつもない金額」とは? JR看板を検証
禁じられた改札タッチ、「とてつもない金額」とは? JR看板を検証
世界が注目する港町ダンケルク ノーラン最新作が、いま世界を変える
世界が注目する港町ダンケルク ノーラン最新作が、いま世界を変える
PR
なんで電車の中は禁酒にならないんですか?
なんで電車の中は禁酒にならないんですか?
Q&A
麻央さんが救ってくれた、私の心 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
麻央さんが救ってくれた、私の心 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
見た目問題、この子が大人になったら…親と当事者、それぞれの思い
見た目問題、この子が大人になったら…親と当事者、それぞれの思い
有楽町発世界へ!スタジオアルタ新劇場公演。演出家と出演女優が語る
有楽町発世界へ!スタジオアルタ新劇場公演。演出家と出演女優が語る
PR

人気

もっと見る