MENU CLOSE

IT・科学

2064

ドクター中松、実験中に転倒 頭蓋骨にひび入るも「名誉の勲章」

 発明家のドクター・中松氏(87)が、今月、がん治療法の発明中に転倒して頭蓋骨を骨折する大けがを負っていたことが分かりました。

痛々しい内出血のあざが残るドクター・中松氏
痛々しい内出血のあざが残るドクター・中松氏

目次

 発明家のドクター・中松氏(87)が、今月、がん治療法の発明中に転倒して頭蓋骨にひびが入る大けがを負っていたことが分かりました。難病の導管がんを患い、闘病中の身でもある同氏。その治療法の研究中に起きた事故で心配されましたが、中松氏は「名誉の勲章だ」と話しています。

頭蓋骨に2カ所のひび

 ドクター・中松氏によると、けがをしたのは今月14日。都内のホテルでがん患者のための歩行補助具の実験をしていたところ、誤って転倒。コンクリートの床に顔を強く打ち付けました。翌日、病院でCT検査を受けたところ、頭蓋骨2カ所にひびが入っていたそうです。

「メン・イン・ブラックの格好だ」と話して会見場に現れたドクター・中松氏
「メン・イン・ブラックの格好だ」と話して会見場に現れたドクター・中松氏

 18日、東京都千代田区の外国特派員協会で記者会見に臨んだ中松氏。黒い眼鏡に「(米大統領候補の)トランプからもらった」という黒ネクタイを着けて会見場に登場しました。会見中に眼鏡を外すと、右目の下には痛々しい内出血の青あざ。「頭に異常を来して発明できなくなる可能性がある」と明かしました。ただ、誇らしい気持ちもあるようです。「実験中にけがをしたのです。名誉の勲章だと思っています」

眼鏡を取ると右目には内出血のあざ
眼鏡を取ると右目には内出血のあざ

「地震対策も発明したい」

 会見では、今月8日に2020年東京五輪・パラリンピックの新しいエンブレムの最終候補作を発表した大会組織委員会に対して「応募者を愚弄している」と苦言を呈する場面も。

 ドクター・中松氏は組織委が制作したエンブレムの応募要項に沿い、同要項に示された「スポーツの力」「日本らしさ・東京らしさ」「復興・立ち上がる力」などの11の要素すべてを採り入れたデザイン案を応募したそうですが、「最終候補に選ばれた4案にはその要素がない。審査員に説明していただきたい」と力を込めました。

 一方で、熊本で発生した地震には自らも心を痛めている様子でした。「熊本の方々は本当に大変な地震に見舞われた。どうか頑張ってほしい。私も頭のひびを治して、何か地震対策になる発明を考えたい」と話していました。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます