閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年10月05日

たま駅長、死後もフォロワー増加 「天国に行かなかった」驚きの事実

  • 140928

「天国に行った」と思われていたたま駅長

「天国に行った」と思われていたたま駅長

出典: 朝日新聞

 和歌山電鉄のネコ駅長「たま」が亡くなって3カ月が経ちました。誰からも愛されたたま駅長、ツイッターの公式アカウントでは今も発信を続けています。フォロワーは5万人台に突入しました。実はたま駅長が今でもツイッターで健在でいられるのには、ある理由がありました。「それは天国に行かなかったからです」(電鉄関係者)…えっ、どういうことでしょうか。

サンタクロース姿のたま駅長=2010年

サンタクロース姿のたま駅長=2010年

出典: 朝日新聞

「80歳」の大往生

 子猫時代は和歌山電鉄(当時南海電鉄)貴志駅そばの小屋で飼われていたたま。「ふてぶてしいようで、どこか愛敬のある顔つき」が小嶋光信社長に見初められ、駅長に抜擢されると人気はうなぎ登りに。たまを一目見ようと、たくさんの人が駅を訪れ、活気をなくしつつあったローカル線に復活への希望を与えてくれました。亡くなったのは今年6月22日。人間にたとえると80歳という16歳での大往生でした。

病院に見舞いに来た和歌山電鉄の小嶋光信社長に「ニャー」とこたえるたま駅長=2015年6月21日、同電鉄提供

病院に見舞いに来た和歌山電鉄の小嶋光信社長に「ニャー」とこたえるたま駅長=2015年6月21日、同電鉄提供

ツイッターは6年前から

 そのたま駅長、ツイッターデビューは意外と古い、2009年の12月25日でした。開口一番に「メリークリスマス」。たったそれだけ。今では語尾に「にゃんご」と付くのがお決まりですが、当時は「ニャ!」「ニャア」「にぁ」などと若さゆえに落ち着きがありませんでした。


 その後、たま駅長は執行役員→社長代理→ウルトラ駅長と出世街道をひた走ります。同時にフォロワー数も急伸。ツイートするたびに数十から数百のリツイートがされるまでの人気アカウントとなりました。

「天国」から追い返された

 そんなたま駅長が6月に急死。葬式後、たまはこうつぶやきました。


 あとは天国への到着を待つばかり…誰もがそう思ったはずです。でも予想外の事態が起きたのです。




神式の葬儀だった

 このあたりの経緯について、たま駅長のツイッター事情に詳しい電鉄関係者が説明してくれました。
 「亡くなって葬式もしたんだから、当然誰もが『たまは天国へ行った』と思いました。ところが、たまは神式で葬儀をしていました。社長も『神式でしたんだから天国には行かないよ』と言うので、えー!となって…」

 そのほか、社内ではたま駅長が生前、和歌山県知事から「県観光招き大明神」の称号を贈られていたことについても議論されたそうです。「名誉永久駅長」の辞令も出たとあって、下した結論は「神様になったたまは天国には行かない」。これが電鉄側の公式見解ともなりました。

たま駅長のいた駅長室に手を合わせるファン。誰もが「天国へ行きますように」と祈ったはずだったが…=2015年6月28日

たま駅長のいた駅長室に手を合わせるファン。誰もが「天国へ行きますように」と祈ったはずだったが…=2015年6月28日

出典: 朝日新聞

 電鉄関係者は言います。「たまが急に亡くなったことで、ツイッターを閉じることになるのか、後任のニタマ駅長が引き継ぐことになるのか、何もわかりませんでした。でもお葬式のお礼はしたいと思って『みなさんのおかげで天国へ』となったんですが…。たまとしてはうっかり電車を乗り違えたことになりましたね」

魂は「たま神社」に

たま神社を参拝する貴志駅のたまⅡ世駅長(ニタマ)と小嶋光信和歌山電鉄社長=2015年8月11日

たま神社を参拝する貴志駅のたまⅡ世駅長(ニタマ)と小嶋光信和歌山電鉄社長=2015年8月11日

出典: 朝日新聞

 では、たまは今どこにいるのでしょう。公式見解としては、たま没後に貴志駅に完成した「たま神社」に魂は宿っています。でもツイッターを見ている限り、各地を転々としている様子。関係者は「温かい気持ちでみなさんに見守ってもらえたら、たまも喜ぶのでは」と話しています。
 
 打ち間違いや誤送信の「肉球暴走」も今も健在です。たま駅長ってやっぱり、うっかり者だったんですね。


追悼たま駅長、在りし日の姿 後任のニタマ駅長も負けてられにゃいぞ
前へ
今年6月に亡くなったたま駅長
次へ
1/40
前へ
次へ

あわせて読みたい

「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
Q&A
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
PR
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ

人気

もっと見る