MENU CLOSE

話題

10018

藤枝さんからの取材リクエスト

山下公園にある銅像のモデルになった日本と米国の女性が52年ぶりに再会するそう。ぜひ取材してください。



【お答えします】山下公園の銅像モデル 検索で偶然発見、再会へ

 52年前、銅像のモデルになった日本人とアメリカ人の少女たち。太平洋を挟んで別々の人生を歩んでいた2人が、再会を果たすことになりました。

日米ガールスカウト友好の像
日米ガールスカウト友好の像 出典: GS-ハンドシェイクプロジェクト提供

目次

取材リクエスト内容

横浜山下公園にある銅像のモデルになった日本と米国の女性が今秋52年ぶりに再会するそう。ぜひ取材してください。 藤枝

記者がお答えします!

 52年前、銅像のモデルになった日本人とアメリカ人の少女たち。太平洋を挟んで別々の人生を歩んでいた2人が、再会を果たすことになりました。

【質問】山下公園の銅像のモデルが52年ぶりに再会?

 横浜山下公園にある銅像のモデルになった日本と米国の女性が今秋52年ぶりに再会するそう。ぜひ取材してください。


【答え】2人はアメリカ人と日本人、11月に再会を果たします

 銅像は山下公園にある「日米ガールスカウト友好の像」です。少女2人が握手をしながら向き合っています。銅像のモデルだった少女は長い間、消息が不明でしたが、最近、リビー・ワトソンさんと田中紘子さんであることが判明しました。
 リビーさんは11月に来日し、田中さんと52年ぶりの再開を果たす予定です。

当時の写真
当時の写真 出典: GS-ハンドシェイクプロジェクト提供

【補足】長い間、消息不明だった2人

 像は1962年、日本ガールスカウト連盟の世界連盟加盟などを記念して建てられました。
 横浜市出身で、米・バージニア州在住のベスト加島聡子さんが、ガールスカウトの機関誌にアメリカ側のモデル、リビー・ワトソンさんが2006年に書いた当時を振り返る記事を見つけ、像に実在モデルがいることを知ったそうです。

リビー・ワトソンさん
リビー・ワトソンさん 出典: GS-ハンドシェイクプロジェクト提供
田中さんを捜し出したのは横浜市出身で、米・バージニア州在住のベスト加島聡子さん(43)。7年前にガールスカウトの機関誌で、米国側のモデル、リビー・ワトソンさん(63)が在日当時を振り返る記事を偶然見つけ、像に実在モデルがいることを知った。
2013年10月17日:像のモデル私たちです 山下公園「友好の像」、日米で消息分かる/神奈川県[朝日新聞紙面から]

ネットで検索し名前見つける

 ずっと見つからなかった日本のモデル、田中紘子さんは、リビーさんの記事を手がかりに名前をネットで検索すると、面影の似ている人物がヒット。ダメもとで手紙を送って確かめたら、本人だと判明したそうです。

田中紘子さん
田中紘子さん 出典: GS-ハンドシェイクプロジェクト提供
テキサス州でガールスカウトの活動を続けていたリビーさんとは、すぐに連絡が取れた。しかし、田中さんは退団し、消息が分からない。インターネットで名前を検索し、当時の写真と面影が似ていた顔写真を見つけ、米国から「モデルではないですか」と手紙を送ったという。
2013年10月17日:像のモデル私たちです 山下公園「友好の像」、日米で消息分かる/神奈川県[朝日新聞紙面から]

FBなどで資金集め、2人の再会実現へ

 消息がわかったことで、2人を再会させるプロジェクトが2014年にスタートしました。リビーさんを日本に招待するためフェイスブックなどで募金を呼びかけ、資金が集まり11月の再開に至ったそうです。

プロジェクトのサイトでは、来日時のイベントの案内などが掲載されています
プロジェクトのサイトでは、来日時のイベントの案内などが掲載されています 出典:GS-ハンドシェイクプロジェクト 友好の握手を、今ふたたび…アメリカからリビーさんを呼ぼう!

来日に合わせ、様々なイベント

 今回の再会を発案したGSハンドシェイクプロジェクトでは、リビーさんの来日に合わせ交流会など様々なイベントを企画しています。ネット検索が結んだ2人の再会を一緒に体験してみたい方、プロジェクトの事務局に連絡してみてください。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます