閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年03月28日

「スマホ」と「レイプ」の悲しい関係 アフリカ、鉱石争奪の闇

  • 3700

鉱山から採掘された希少金属タンタルを含む鉱石コルタン。パソコンや携帯電話などのコンデンサー(蓄電器)に使われており、先進国を中心に需要が高い=2016年6月、コンゴ民主共和国東部、朝日新聞

鉱山から採掘された希少金属タンタルを含む鉱石コルタン。パソコンや携帯電話などのコンデンサー(蓄電器)に使われており、先進国を中心に需要が高い=2016年6月、コンゴ民主共和国東部、朝日新聞

 いつも使っているスマホやパソコンが「アフリカのある国の内戦で起きている性暴力」と関係があるかもしれないと知ったら、どう思いますか? その国とは、アフリカ中央部にあるコンゴ民主共和国(Democratic Republic of Congo:DRC)です。札幌から那覇までを約3往復するぐらい離れている国の性犯罪と、私たちのスマホにどんな関係が? そこには鉱石が生む悲劇がありました。

なんでレイプと携帯・PC?

 DRCでは21年前から、政府と政府に反対する武装勢力による「内戦状態」が続いています。特に東部地域では、武装勢力が活発です。その反政府勢力が資金源の一部にしているのが、金など貴重な鉱物が採れる鉱山。本来は農業に従事する地域住民も動員し、鉱物取引からお金を得ています。

 武装勢力は、住民たちを恐怖で支配し、従わせるために、村を襲って女性をレイプするのです。時には男性や幼児まで被害に遭います。

 レイプは、被害者の心身を破壊し、恐怖を植えつけます。コミュニティ(住んでいる村など)が被害者を「汚れた存在」として疎外することもあり、コミュニティの団結も弱めるため、支配がしやすくなるのです。

 こうして採掘された鉱物が、例えばコンデンサーなど、日本のスマホやPCなどの部品の一部として、紛れ込んでいる「かもしれない」、というわけです。もちろん、きちんとした採掘業者もいるので、「DRC産の鉱物のすべてが」というわけではありませんが。


世界は動き始めた。「情報開示せよ」

 一部の鉱物が、紛争下の悲惨な暴力と結びついている――。この問題に対し、世界は動きはじめました。主導したのは、EICCという電子産業のグローバルな業界団体です。

 EICCの後押しで、2010年、アメリカで「ドッド・フランク法」という金融の規制強化をする法律ができました。この法律に、「DRCや、その周辺の国から採れた鉱物が使われてないか、米証券取引委員会(SEC)に上場している企業は開示せよ」という項目が加えられたのです。

 「なんだ、アメリカのことか」と思うかもしれませんが、日本も無関係でいられませんでした。なぜなら、米国のSEC上場企業と取引している日本企業は多いですし、そもそもSECに上場している日本企業もあるからです。

川の水を使い、土に含まれる鉱石コルタンを集める人々=2016年6月、コンゴ民主共和国東部、三浦英之撮影

川の水を使い、土に含まれる鉱石コルタンを集める人々=2016年6月、コンゴ民主共和国東部、三浦英之撮影

出典: 朝日新聞

「どこ産」かわかりにくい

 ドッド・フランク法が求めているのは、「使ってはいけない」ではなく「情報開示せよ」。それが、消費者や投資家、企業側にとって「紛争鉱物(の製品)を使わないようにしよう」という動機になるという考え方です。

 開示対象になったのは、タンタル(Tantalum)・タングステン(Tungsten)・スズ(Tin)、金(Gold)。通称3TG。ざっくり言うと「君んとこの製品に3TGを使ってるんなら、どこから来ているか調べて分かるようにしなさいね」という内容になります。

 でも、これがなかなか難題で……。野菜や果物なら、素材と商品が同じだから辿ることは難しくないでしょう。ところが精密な電子製品って、めちゃめちゃ作りがややこしい。シンプルに並べてみても……

鉱山で鉱物を採掘

鉱物から素材にする加工

素材自体の加工

部品の製造

組み立て

製品(完成)
 
と、多くの工程を踏み、多くの部品が使われます。

 部品メーカーや最終製品メーカーに、「どこ産の3TG使ってる?」と言われても、そう簡単には辿れないのです。

 基本的には、情報開示を求められる企業が直接やり取りしているサプライヤー(=1次サプライヤー)に聞き取り用紙を使って「材料をどこから調達してる?」と聞くしかありません。で、そのサプライヤーが自分のサプライヤーに同じ事を聞いて・・・の繰り返し。気が遠くなります。

 それでもSEC上場企業は、EICCが作った調査のフォーマット用紙を使い、調べてみました。その結果が2014年に分かったのですが、報告書を提出した(=3TGを使っていて、情報開示の義務がある)1321社のうち、67%が「どこの国が原産地か分からなかった」という結論だったのです。

川の水を使い、土に含まれる鉱石コルタンを集める人々=2016年6月24日、コンゴ民主共和国東部、三浦英之撮影

川の水を使い、土に含まれる鉱石コルタンを集める人々=2016年6月24日、コンゴ民主共和国東部、三浦英之撮影

出典: 朝日新聞


精/製錬所を突き止めろ

 網の目のように広がったサプライヤーを全て追いかけ、原産国まで辿るのは難しい。そこで、実際に効果を期待されているのが、原材料を最初の素材の形に変える「精/製錬所」に焦点を絞る方法です。

 なぜなら、3TGを扱う精/製錬所は、鉱山やサプライヤーほど数が多くないからです。つまり、「どんな3TGでも、精/製錬所は通過する。そこに網を張ろう」という発想。

 精/製錬所の段階で「紛争鉱物を扱っていない」と証明できれば、それは「紛争鉱物ではない=コンフリクト・フリー」とみなし、ヨーロッパのCFSI(Conflict-Free Sourcing Initiative)という団体に、コンフリクト・フリーの精/製錬所(Conflict Free Smelters:CFS)として登録され、リストとして公開されます。

 ですので、「原材料が採れた鉱山まで突き止めろ」ではなく、「精/製錬所を突き止めろ」が、各企業の目指すところ。国際社会としては、CFSを増やすことが重要ミッションの一つなのです。

鉱石コルタンを集める人々=2016年6月24日、コンゴ民主共和国東部、三浦英之撮影

鉱石コルタンを集める人々=2016年6月24日、コンゴ民主共和国東部、三浦英之撮影

出典: 朝日新聞

日本企業も動いている

 あまり知られていませんが、日本でもこの動きは少しずつ広がっています。

 もちろん、産地をたどる困難は米国と同じです。電子メーカーなどで作る「電子情報技術産業協会」(JEITA)の2015年の調査では、約8割の企業が「精/精錬所を特定するのは難しい」と回答しています。

 でも、CSRが求められる時代。どんな企業も、わざわざ性暴力と関係のある鉱物なんて、使いたくありません。そもそも、企業として法律を守るのは大前提です。

集めた鉱石コルタンを見せる青年=コンゴ民主共和国東部、三浦英之撮影

集めた鉱石コルタンを見せる青年=コンゴ民主共和国東部、三浦英之撮影

出典: 朝日新聞

 早い段階で「コンフリクト・フリー宣言」を出したのは、東京都の千住金属工業でした。商品の販売先である大手メーカーから、成立が噂されたドッド・フランク法への対応を事前に求められ、09年頃から調査を始めました。

 千住金属工業は、精/製錬所と直接取引をする素材メーカーです。精/製錬所はインドネシアや中国、ブラジルなどにあり、調べてみると、一部がDRC産の鉱物を使っていたことが判明。

 調達部門の社員が、10数カ所の全ての精/製錬所を約2年かけて訪問して調査し、武装勢力と無関係であることを確認し、2010年に「宣言」を出しました。今でも、年1回のペースで現地調査を続けています。

 CSR室長の黒田正宏さんは、「元々、精/製錬所と直接、やり取りしていたからできるやり方でしょうね」と話します。

地下約20メートルの坑道で、ノミを使って鉱石コルタン(タンタルの原料)を掘る人々=2016年6月、コンゴ民主共和国東部、三浦英之撮影

地下約20メートルの坑道で、ノミを使って鉱石コルタン(タンタルの原料)を掘る人々=2016年6月、コンゴ民主共和国東部、三浦英之撮影

出典: 朝日新聞

「本当に地味な作業ですよ……」

 京セラ (京都市伏見区) は、サプライヤーの裾野が多い分、もっと地味にやらざるを得ません。

 年に1度、約2500社の1次サプライヤーから回答が返ってきます。3人の担当者がひたすら、データとして上がってきた精/製錬所の名前と、CFSのリストに登録されている名前を一つずつ、ひたすらつき合わせて確認していくのです。

 担当の責任者を務める上田肇さんは、「いや、本当に地味な作業ですよ……」と苦笑い。

サプライヤーから提出されたリストを、黙々と確認する京セラの上田さん。地味に凄い=中野寛撮影

サプライヤーから提出されたリストを、黙々と確認する京セラの上田さん。地味に凄い=中野寛撮影

出典: 朝日新聞

 ですが、そのかいあって、SECに提出した2015年リポートでは、京セラが関わる3TGの241精/製錬所のうち、208カ所がコンフリクト・フリーと証明できました。残りの33は、「武装勢力と関係がある」というわけではなく、「関係がないと証明できていない」状態。上田さんが直接電話してみたこともあるそうですが、「お前は何者だ」と言われて切られました。

 上田さんは「武装勢力と関わりのあるかもしれない精/製錬所を訪ねるのもなかなか難しくて……」と難しい表情を見せます。しかし同時に、「多くのお客様は、害のあるモノを使いたくないと考えています。安心して使ってもらえる商品を作るのは、メーカーの使命です」と、きっぱり話していました。

 誰もが、当たり前のように使っている便利な電子機器。その中には、DRCの悲劇や、企業の地味な努力が詰まっているかもしれません。ポケットの中の小さなスマホは、世界とつながっているのです。

そのスマホにも使われている「かも」 アフリカ、金属の採掘現場
前へ
地下約20メートルの坑道で、ノミを使って鉱石コルタン(タンタルの原料)を掘る人々=2016年6月、コンゴ民主共和国東部、三浦英之撮影
次へ
1/15
前へ
次へ

あわせて読みたい

あっ!蚊が入っちゃうよ 網戸の正しい閉め方、YKK APに聞きました
あっ!蚊が入っちゃうよ 網戸の正しい閉め方、YKK APに聞きました
世界大学ランク日本版で23位! 会津大学って? 評価の理由を調査
世界大学ランク日本版で23位! 会津大学って? 評価の理由を調査
「空飛ぶ円盤」発見から70年、いるの?いないの? 大統領も「見た」
「空飛ぶ円盤」発見から70年、いるの?いないの? 大統領も「見た」
AKB総選挙、中止でも「逆に奇跡」 前乗りしたファンが見た「伝説」
AKB総選挙、中止でも「逆に奇跡」 前乗りしたファンが見た「伝説」
「異議あり!」リアル法廷であり?なし? 弁護士「ここぞ!の時に」
「異議あり!」リアル法廷であり?なし? 弁護士「ここぞ!の時に」
エスカレーターの下から小銭ざくざく・・・意外な「裏事情」とは?
エスカレーターの下から小銭ざくざく・・・意外な「裏事情」とは?
『この世界の片隅に』は「うれしい成功例」...
『この世界の片隅に』は「うれしい成功例」...
ミサイル防衛、「見える化」転換の防衛省 公開訓練で不安解消?
ミサイル防衛、「見える化」転換の防衛省 公開訓練で不安解消?
やじと戦った塩村都議 職員青ざめ「あっ」 伏魔殿の正体を見た瞬間
やじと戦った塩村都議 職員青ざめ「あっ」 伏魔殿の正体を見た瞬間
命を守る建築用語 「新耐震」の意味、知っている? 熊本地震では…
命を守る建築用語 「新耐震」の意味、知っている? 熊本地震では…
NEW
のんさんが、恋人にしたい相手の理想の身長を想像させた映画とは?
のんさんが、恋人にしたい相手の理想の身長を想像させた映画とは?
PR
映画館デートで注意したい77のポイント
映画館デートで注意したい77のポイント
PR

人気

もっと見る