閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年11月19日

校閲ガール「うちなら不採用」 業界でも一目、新潮社員のプロ技

  • 47434

リアル「校閲ガール」の丸山有美子さん。物差しをあてて、一行一行読み込む=東京都新宿区矢来町の新潮社

リアル「校閲ガール」の丸山有美子さん。物差しをあてて、一行一行読み込む=東京都新宿区矢来町の新潮社

出典: 朝日新聞

 日テレ系の連続ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」で、石原さとみさん演じる主人公が奮闘する「校閲」の仕事に注目が集まっています。ノーミスが当たり前の職場。業界でもその精密な仕事ぶりで知られる新潮社校閲部に聞いてみました。「ドラマみたいに難儀な仕事なの?」「河野悦子さん採用します?」(朝日新聞文化くらし報道部記者・木元健二)

校閲部の視聴率、70%超え?

 東京都新宿区の新潮社校閲部を訪ねました。約60人が働いています。ちょっとした河野悦子ブームで「校閲といえば新潮社」と取材依頼が相次いでいるほど。とはいえ職人集団、軽妙な展開のドラマへの評価は、どんなものでしょう……。

 「部内の視聴率はかなり高いですよ。勝手な推測で70%は堅い。小道具の校閲済みのゲラもよくできています」と飯島秀一校閲部長。部員の丸山有美子さんも「校閲という仕事が注目されていることはうれしい」と言います。

黙々と仕事を進める校閲部員ら=東京都新宿区矢来町の新潮社

黙々と仕事を進める校閲部員ら=東京都新宿区矢来町の新潮社

出典: 朝日新聞

 校閲部で働き20年になる丸山さんの胸中には、しかし、不安もよぎります。「こういう風が吹いているときに、びっくりするような失敗をしたりするので。改めて、引き締めていかないと……と思います」

確認、確認、また確認…

 確認のため、あらゆる手段を使う校閲の仕事には明確な終わりがない、とされます。それでも出版物のミスは避けねばなりません。どうやってチェックの精度をあげるのでしょう。

 「初校で1度確認し、再校、念校と段階を踏みます。初校、再校では校閲部員と外部スタッフが2人一組で仕事をし、念校では校閲部員ひとりで見直します。その後に印刷所にまわし、製本前の『刷り出し』を確認。製本後の見本は各部署に回覧して最終的にチェックします」

校閲部員らが使う辞書の種類も数多い=東京都新宿区矢来町の新潮社

校閲部員らが使う辞書の種類も数多い=東京都新宿区矢来町の新潮社

出典: 朝日新聞

 「初校では、特に事実関係を確認。直しが大幅に入って行数が動く可能性もあるので、早めに落ち着かせたいところです。次に文章の流れを追います。その過程で単純な変換間違いも見つけられる。1度にすべてを終えるのは不可能ですから」

「河野悦子は落ち着きに欠ける」

 ただ、ひたすらにチェックする。どんな姿勢で仕事に向かいますか。

 飯島部長は言います。「校閲の仕事は、冷静に1文字1文字追っていくのが基本です。『河野悦子』の主人公は落ち着きに欠けますから、あの通りの人だと……うちは採用できないでしょうね」

 校閲は職人的な仕事、という丸山さん。理想は近頃出会った、ある爪切り職人の姿です。なんでも、週初めに作ったものと週末の最後につくったものが、どこをとっても同じ仕上がりだったとか。そんな職歴ウン十年の人。

丸山さんの愛用品。細かい文字のルビを確かめるためのルーペや、用途別に使い分けるふせん、目薬など=東京都新宿区矢来町の新潮社

丸山さんの愛用品。細かい文字のルビを確かめるためのルーペや、用途別に使い分けるふせん、目薬など=東京都新宿区矢来町の新潮社

出典: 朝日新聞

 「話しかけられて、作業が途切れることも避けたい。集中力勝負。原稿に物差しをあて、一行ずつ読み込んでいきます。ひらがなが続く部分は間違いを見落としがちなので、斜線で細かく区切ってみたりします」

 「用字用語の確認には、4冊ほどの国語辞典や、大部の漢和辞典などにもあたります。朝から始めて午後になると、目が疲れて、ルビの確認にもルーペが欠かせなくなります」

油断や思い込みが〝落とし穴〟

 間違いを生じさせる「落とし穴」も、見えてきたそうです。

 「『おっきいもの』ほど見落としますね。まさか、と言いたくなるような誤りは、表紙に記された大きなサイズであることが珍しくありませんね」

 「『知っているはず』という思い込みも危ない。歴史好きで記憶力に自信のある人でも、徳川幕府の4代将軍ぐらいになるとついうっかりするものです」

多種多様な資料の中には、「大正十四年」と記された「汽車時間表」などもある=東京都新宿区矢来町の新潮社

多種多様な資料の中には、「大正十四年」と記された「汽車時間表」などもある=東京都新宿区矢来町の新潮社

出典: 朝日新聞

 「『誰かが見てくれてる』という油断も断ち切れない。出版物は校閲部員だけでなく、多くの人の目を通ります。担当の編集者や校閲部長といった管理職……。そうした中、作家名、観光地といった、ごく当たり前のデータに単純な間違いが紛れ込むと、えてして見逃してしまうものです」

「読むこととは全然違う」

 丸山さんは、子どものころから読書好きでした。「校閲部なら、ずっと本を読んでいて、お給料をいただける」と就職先を選びました。入社してほどなく、思っていたような仕事でないことに気づきました。

 「読むことと校閲の仕事は全然違います。職場では字面(じづら)はもちろん、調べ物を重ねて内容にも踏み込んでいきますが、その本の内容は、終われば自分でもおもしろいほど早く忘れちゃうものです」

丸山さんの机上の辞書。自分なりにめくりやすいように、と背表紙を向こう側にしている=東京都新宿区矢来町の新潮社

丸山さんの机上の辞書。自分なりにめくりやすいように、と背表紙を向こう側にしている=東京都新宿区矢来町の新潮社

出典: 朝日新聞

 「経験を積むごとに、人間のすることの至らなさが見えるようになりました。自分のミスは会社のミスに直結しますから、ゴールキーパーのような役割です。ドラマの河野悦子みたいな、超前向きな仕事ぶりは、まねしようと思っても、私にはちょっとできませんね」

責任の所在、わかってしまう怖さ

 出版物にはミスがなくて当たり前。校閲部員は黒衣のように目立たないことが、平生のことだといいます。

 「たとえば本が出るときに謝辞に校閲者の名前を、と言っていただくことがあっても躊躇(ちゅうちょ)します。大変ありがたいんですが、後でミスが分かると、責任の所在が明らかになる。それが怖くて。後ろ向きだと言われるかもしれませんが、それが本音なのです」

物差しをあて、一行一行読み込む丸山有美子さん=東京都新宿区矢来町の新潮社

物差しをあて、一行一行読み込む丸山有美子さん=東京都新宿区矢来町の新潮社

出典: 朝日新聞

 小2の女の子のお母さんでもある丸山さん。宿題の文章を読んで、つい口を出してしまうとか。「日記の文が『わたしは』で始まっていたとすると『日記は誰が書いているかわかるから、わたしは、はいらないんじゃないかな』とか(笑)」

 娘さんは「また言っているよ」という風に受け流します。でも、母が校閲した本を書店でチェックしては「結構売れてるみたいだよ」と教えてくれます。

 正確な表記によって得られる読者の信頼。それは「地味にスゴイ」校閲の仕事あってこそ、と、もう伝わっているのでしょうか。

この記事は11月19日朝日新聞夕刊(一部地域20日朝刊)ココハツ面と連動して配信しました。

リアル校閲ガールの仕事道具 背表紙が反対の辞書、ルーペに物差し
前へ
丸山さんの愛用品。細かい文字のルビを確かめるためのルーペや、用途別に使い分けるふせん、目薬など=東京都新宿区矢来町の新潮社
次へ
1/6
前へ
次へ

あわせて読みたい

本当に回るネジチョコ 増産しても即完売 ...
本当に回るネジチョコ 増産しても即完売 ...
グリコが開発した、この白い粉のすごい正体って…?
グリコが開発した、この白い粉のすごい正体って…?
PR
首吊り続けて20年 首くくり栲象を駆り立て...
首吊り続けて20年 首くくり栲象を駆り立て...
「女子力」って何なんですか? 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
「女子力」って何なんですか? 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
アメリカとは違うのだよ…「移民歓迎」カナダ...
アメリカとは違うのだよ…「移民歓迎」カナダ...
「あなたの年代がターゲットではない」と反論 目標の倍売れたチョコ
「あなたの年代がターゲットではない」と反論 目標の倍売れたチョコ
saitaが「脱ママ誌」宣言 非婚・専業主婦の減少…編集長に聞く
saitaが「脱ママ誌」宣言 非婚・専業主婦の減少…編集長に聞く
「まとめサイト」運営会社はどこ? 削除・不掲載…社名を伏せる理由
「まとめサイト」運営会社はどこ? 削除・不掲載…社名を伏せる理由
「保育園入れたら終わり?」 施設の事故で娘を失った…母の思い
「保育園入れたら終わり?」 施設の事故で娘を失った…母の思い
小田急線、「乗客喧嘩?」からまさかの連続トラブル ラッシュ客悲鳴
小田急線、「乗客喧嘩?」からまさかの連続トラブル ラッシュ客悲鳴
『過剰な注釈』への皮肉を漫画に 「世の中がんじがらめ、より緩く」
『過剰な注釈』への皮肉を漫画に 「世の中がんじがらめ、より緩く」
感動してコンタクト流れた 疲れた心に…この“サプリ映画”が効く!
感動してコンタクト流れた 疲れた心に…この“サプリ映画”が効く!
PR

人気

もっと見る