閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年11月09日

女優「のん」さん、名前への思いは… 「少しずつ広がってうれしい」

  • 55217

改名して芸能活動を再開した「のん」さん=瀬戸口翼撮影

改名して芸能活動を再開した「のん」さん=瀬戸口翼撮影

 7月に芸名を「のん」に改め、芸能活動を再開させた女優の能年玲奈さん。新しい名前でアニメ映画「この世界の片隅に」の声優に初挑戦しました。名前をめぐっては、フルネーム案、アルファベット案など、「のん」以外にもいくつか候補があったそうです。芸名誕生の裏話や、映画への思いを語ってもらいました。

「この世界の片隅に」で声優に初挑戦したのんさん=瀬戸口翼撮影

「この世界の片隅に」で声優に初挑戦したのんさん=瀬戸口翼撮影

復帰作で声優に初挑戦

 映画「この世界の片隅に」は、太平洋戦争当時の広島県呉市などを舞台にした漫画家こうの史代さんによる同名の漫画が原作です。

 終戦の1年前に広島から呉へ嫁いだ18歳の主人公・すずが、厳しい生活のなかで戦時を生き抜く姿を描いています。

12日から全国公開されるアニメ映画「この世界の片隅に」

12日から全国公開されるアニメ映画「この世界の片隅に」

出典: ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

「『普通に生きる』に、涙があふれる」

 「戦時下の話なので、つらいシーンはありますが、その中でも毎日は巡る。普通に暮らしていくことが、素晴らしいことなんだと感じられる映画です」と話す、のんさん。終戦へ向かう時代でもすずは、食事を工夫したり、着る服を作り直したりして、日常を丁寧に積み重ねていきます。

 「すずさんが目の前の生活を大事にしている様子を大切にしました。『普通に生きる』ということに、涙があふれてくる作品になっています」

 監督・脚本の片渕須直さんとは、すずの心情などを確認し合いながら役を作り上げていったそうです。「すずさんは『ぼーっとしている』と言われるんですけど、すごく力強くて、芯があるので、そこは大切にしました。あとは監督と話して、すずさんの『大人になりきれない、子どもっぽいところ』が面白いなと思って、その部分もしっかりと演じました」。

インタビューに答えるのんさん=瀬戸口翼撮影

インタビューに答えるのんさん=瀬戸口翼撮影

改名「フルネームも考えた」

 映画の公開に合わせて広島を訪れたり、NHKの朝ドラ「あまちゃん」の舞台となった岩手県久慈市を訪れたりするなど、世間の人たちと触れ合う機会も増えています。

 「子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで、『のんちゃん』と呼んでくれて、『わー、名前を知ってくれているんだ』とうれしい気持ちになります」

 のんさん自身、新しい名前が少しずつ浸透しているのを実感しているようです。

 改名については、契約していた事務所との関係で本名の「能年玲奈」が使えなくなった時に、「何がいいかなと考えて、友達に呼ばれていた『のん』っていいなと思った」と話します。

 アルファベットやカタカナ、名字をつけてフルネームにするなど、色々な候補があったそうですが、ひらがな2文字に落ち着いたそうです。

 「前の本名だと読み方が分からない人もいたので、『のん』にしてよかったと思っています。誰でも読めるので(笑)」

あまちゃんのロケ地だった岩手県久慈市を訪れ、台風10号で被災した街を元気づけるシャッターアートの企画に参加したのんさん

あまちゃんのロケ地だった岩手県久慈市を訪れ、台風10号で被災した街を元気づけるシャッターアートの企画に参加したのんさん

出典: 朝日新聞

インスタ・ブログ・コラム「表現する場を大切に」

 改名後は、インスタグラムやLINEブログなどで近況を積極的に発信することもしています。

 「自分が表現できる場なので、大切にしています。見る人が笑顔になってくれたらうれしい」

 今月からは、映画コラムの連載を朝日新聞で始める予定です。

 「『こんな素敵な映画に出たい』とか、普段は照れて口に出さないことも書きました。感じたことを言葉にするのが恥ずかしい性格なので、すごい緊張しました」

「私を知ってくれている人に、楽しんでもらえるアプローチがしたい」と話すのんさん=瀬戸口翼撮影

「私を知ってくれている人に、楽しんでもらえるアプローチがしたい」と話すのんさん=瀬戸口翼撮影

ネットニュースもチェック

 「どういう風に活動をしていけば、私を知ってくれている人に、楽しんでもらえるのかは、常に考えています」

 ネットニュースやSNSを見て、ファンの反応なども読んでいるそうです。

 最近では、片渕監督のツイッターに試写会を見た人たちから反応が寄せられているのを見て、「観客のみなさんがいて、作品は成立する。何かを感じてもらえたことがSNSの感想で分かるのはうれしい」と語る、のんさん。

 「『普通』でいることがすごく幸せなんだと気づかされる映画です。家族や友達のような大切な人とぜひ見に行ってほしいです」

     ◇
のん 女優・創作あーちすと。1993年兵庫県生まれ。「この世界の片隅に」は11月12日からテアトル新宿・ユーロスペースほか、全国で公開。11月11日から朝日新聞(東京本社版夕刊)で映画コラムをスタートする予定。

笑顔からシリアスまで…「のん」さん七変化 「能年玲奈」時代の姿も
前へ
改名して芸能活動を再開した「のん」さん=瀬戸口翼撮影
次へ
1/25
前へ
次へ

あわせて読みたい

DeNAの謝罪会見、憤る被害者「賠償請求少な...
DeNAの謝罪会見、憤る被害者「賠償請求少な...
顔の変形・あざ・失明、当事者が語った「幸せの処方箋」
顔の変形・あざ・失明、当事者が語った「幸せの処方箋」
真相・妻や娘が枕のニオイを指摘する本当の理由は加齢臭ではなかった
真相・妻や娘が枕のニオイを指摘する本当の理由は加齢臭ではなかった
PR
「のん」のやりたいことをやりきったあーちすと魂炸裂の一冊
「のん」のやりたいことをやりきったあーちすと魂炸裂の一冊
PR
時代の先読み感ヤバイ… 30年前のナムコ注意書きが話題 狙いを聞く
時代の先読み感ヤバイ… 30年前のナムコ注意書きが話題 狙いを聞く
トラックの「あの部分」実は寝室? 工夫の賜物 空調・電灯・電源も
トラックの「あの部分」実は寝室? 工夫の賜物 空調・電灯・電源も
褒められても素直に喜べない… 「心に言葉の...
褒められても素直に喜べない… 「心に言葉の...
「活字で作った和室の庭」 新宿の区施設が...
「活字で作った和室の庭」 新宿の区施設が...
金管楽器よ、君の名は? 「ニウム」が「ニアム」になった理由を調査
金管楽器よ、君の名は? 「ニウム」が「ニアム」になった理由を調査
本田真凜、魔性の「てへぺろ感」 天真らんまん、必殺の関西弁
本田真凜、魔性の「てへぺろ感」 天真らんまん、必殺の関西弁
佐賀の自転車、なぜカラフル? ママチャリ...
佐賀の自転車、なぜカラフル? ママチャリ...
AKB48が初めて訪れた被災地…心に刺さる「ジ...
AKB48が初めて訪れた被災地…心に刺さる「ジ...

人気

もっと見る