閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年09月10日

両さん、18歳は1人前ですか? こち亀の土手で考えた「大人の条件」

  • 関田航
  • 朝日新聞映像報道部記者
  • 1145

中川の土手に立つ荒井修哉さん=6月23日午後、東京都葛飾区、関田航撮影

中川の土手に立つ荒井修哉さん=6月23日午後、東京都葛飾区、関田航撮影

 「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が終わることを知り、葛飾を流れる中川を一緒に歩いた18歳の少年を思い出した。土手に立つ荒井修哉さん(18)。この日、人生で初めての投票を終えたところを撮影した。夏の参院選での注目は、新たに選挙権を得た若者たちだった。いまの18、19歳の姿から、この国の未来が見えてこないだろうか――。取材班のひとりとして、期日前投票所の区役所で彼らを待った。


足元はピンクのサンダル

 初日は空振りかと焦り始めた午後4時ごろ。荒井さんはやってきた。白いシャツに黒いズボンは制服? 足元はピンクのサンダルでよく見るとスウェットパンツだ。

 浪人生、18歳。用意していた質問に、言葉を探しながら答える荒井さん。政治用語を挟んだ淡々としたやりとりが続く。

 政治に関心のある「意識高い系浪人生」の話は聞けたけど、少し不満だった。もうちょっと距離を縮めたかった。

 自宅に帰るという道を、一緒に歩くことにした。

 その間、荒井さんが政治家志望で、いつか取材を受ける日のつもりで話したのだと教えてくれた。私は政治部の記者だと思われていた。

3日間張り込んだ期日前投票所が設置された葛飾区役所=6月25日

3日間張り込んだ期日前投票所が設置された葛飾区役所=6月25日

投票を終えたばかりの荒井修哉さん

投票を終えたばかりの荒井修哉さん

葛飾区役所を出て、荒井修哉さんの帰路を一緒に歩くことにした

葛飾区役所を出て、荒井修哉さんの帰路を一緒に歩くことにした

ゆるんだ空気も写真に

 高校時代は野球部で、主力選手じゃなかったという。私は、学生時代はサッカーに明け暮れ、政治にあまり関心がなかったことを打ち明けた。とりとめのない話が始まる頃には、一回りも年下の荒井さんの素顔が少し見えた気がした。

 中川の土手に出ると、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」のアニメのテーマソングが頭に浮かんだ。「中川に浮かぶ 夕陽をめがけて~」。日の傾きかけた、ゆるんだ空気と荒井さんを写した。

荒井修哉さんの足元は、近所用のピンクのサンダルだった

荒井修哉さんの足元は、近所用のピンクのサンダルだった

中川の土手で、荒井修哉さんの写真を撮影した

中川の土手で、荒井修哉さんの写真を撮影した

荒井修哉さんと歩いた土手、頭に浮かんだのは「こち亀」のテーマソングだった

荒井修哉さんと歩いた土手、頭に浮かんだのは「こち亀」のテーマソングだった

家族からNGが出たことも

 3日間で取材できたのは6人。「親の言うとおりに投票した」と話す体育大生もいれば、「一票で何か変わるとは思わないけど、みんながそう思ったらまずいから」と語る専門学校生もいた。

 留学して国際関係を学ぶという人、定時制の高校に通う人。そこには、6人それぞれの境遇があり、思いがあり、表情があった。触れ合った時間はまちまちだが、まっすぐな18、19歳の姿は、30歳の私の胸に刺さるものがあった。

定時制の高校に通う江川美咲さん。「自分たちの将来は自分たちで決めたいと思って。投票は学校で練習したけど、緊張する雰囲気でした」。一歩大人になったと感じた=6月25日午後、東京都葛飾区

定時制の高校に通う江川美咲さん。「自分たちの将来は自分たちで決めたいと思って。投票は学校で練習したけど、緊張する雰囲気でした」。一歩大人になったと感じた=6月25日午後、東京都葛飾区

体育大に通う高橋将之さん。「母に言われなかったら選挙とか来なかったと思います。緊張するよって言われていたけど、けっこう簡単でした」と笑った=6月24日、東京都葛飾区

体育大に通う高橋将之さん。「母に言われなかったら選挙とか来なかったと思います。緊張するよって言われていたけど、けっこう簡単でした」と笑った=6月24日、東京都葛飾区

奨学金を借りながら、大学で情報工学を学ぶ唐松雄斗さん。「これからの世代が日本をつくっていく、と言ったらちょっと大げさだけど」と照れ笑いした=6月25日

奨学金を借りながら、大学で情報工学を学ぶ唐松雄斗さん。「これからの世代が日本をつくっていく、と言ったらちょっと大げさだけど」と照れ笑いした=6月25日

 企画では、3日間、4人のカメラマンが都内4カ所の投票所に、朝8時半から夜8時まで立ち続けた。それらしい若者が投票所から出てくると、すぐさま声をかける。

 もちろん断られることもあり、話は聞かせてもらえたものの、名前を聞こうとしたところで、一緒に来ていた家族からNGが出たこともあった。自分の考えや意見を表明し投じる権利を得て、「大人の階段」を一歩上った一方で、親や周囲との関係ではまだ子どもと思われていたり。

「1人前」って何だろうか。18、19歳という年齢の難しさを感じた。

国際関係を学ぶため、中国・北京大に留学する林貞子さん。初めての投票を終え「うれしいです。権利があるのに行使しないのはもったいない」=6月25日

国際関係を学ぶため、中国・北京大に留学する林貞子さん。初めての投票を終え「うれしいです。権利があるのに行使しないのはもったいない」=6月25日

専門学校でスポーツトレーナーを目指す山賀悠気さん。「僕の1票で何か変わるのかなって思うけど、全員そう思ったらまずいので」=6月23日、東京都葛飾区

専門学校でスポーツトレーナーを目指す山賀悠気さん。「僕の1票で何か変わるのかなって思うけど、全員そう思ったらまずいので」=6月23日、東京都葛飾区

いい意味で裏切られた心配

 いきなり出会ったカメラマンを名乗る人間に、名前を聞かれ、写真を撮られる経験は、普通の人にとっては珍しい経験だろう。若者であればなおさら警戒されて、1人も取材できないのでは、という私の心配は、いい意味で裏切られた。

 時間の限られるなか、1人ひとりと100パーセント全力で向き合えたわけではない。だがそれでも、投票に来た若者の姿や思い、その場の空気感を少しでもリアルに伝えたかった。探り探りシャッターを切った。

意表突く18歳選挙権ポスターとは?
前へ
参院選の投票を呼びかけるポスター
次へ
出典:「和歌山リア10プロジェクト」のホームページより
1/37
前へ
次へ

Adsby Google
Adsby Google

あわせて読みたい

永谷園のお茶づけ『名画カード』復活 19年...
永谷園のお茶づけ『名画カード』復活 19年...
詐欺バスターって何?
詐欺バスターって何?
Q&A
「春にはきっと笑顔で改札を…」 駅員から受...
「春にはきっと笑顔で改札を…」 駅員から受...
今夜も母の世話…優しくしたいのに 「涙を誘...
今夜も母の世話…優しくしたいのに 「涙を誘...
地味にすごい飯テロ、土井善晴先生の「塩む...
地味にすごい飯テロ、土井善晴先生の「塩む...
のんさんの瞳、なんであんなにキラキラしている?
のんさんの瞳、なんであんなにキラキラしている?
Q&A
子どもは作って当たり前? 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
子どもは作って当たり前? 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
CGダンスの動き、ここまでリアルに…東映アニメ「ポッピンQ」の実力
CGダンスの動き、ここまでリアルに…東映アニメ「ポッピンQ」の実力
PR
これだからイマドキの若者は…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く保活
これだからイマドキの若者は…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く保活
高さ1メートルの津波の怖さ ネットで動画注目、実験施設に聞いた
高さ1メートルの津波の怖さ ネットで動画注目、実験施設に聞いた
永遠の名脇役、笹野高史が“主役”になった日 「杏ちゃんと恋愛…」
永遠の名脇役、笹野高史が“主役”になった日 「杏ちゃんと恋愛…」
PR
いつか熟柿を食べる日が…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く祖母と孫
いつか熟柿を食べる日が…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く祖母と孫
NEW

人気

もっと見る