閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年05月28日

「本読まない政治家ばかり」 国会の本屋「五車堂書房」おやじの嘆き

  • 28695

国会内唯一の書店「五車堂書房」店主の幡場益さん=岩下毅撮影

国会内唯一の書店「五車堂書房」店主の幡場益さん=岩下毅撮影

 日々、激しい論戦が交わされる国会議事堂。その片隅に、「五車堂書房」という小さな本屋さんがあります。50平方メートルほどの店内に、およそ1万5千冊の品ぞろえ。半世紀にわたってこの店を守り、永田町の移り変わりを見てきたのが、店主の幡場益(はたば・すすむ)さん(75)です。国会議員や秘書、政府の職員らに愛される「五車堂のおやじ」に、ずばり大成するための読書術、聞いてみました。(朝日新聞東京本社政治部・笹川翔平)

「人間ね、本を読まなくちゃしょうがない」

――店内に「親父の小言」という紙が貼ってあって、「書物を多く読め」のところに赤線が引いてありますね。なぜ、本を読むことが大事なんでしょうか。

 いちばん基礎だってことでしょうねえ。何やるったって、生きていく上での基礎でしょう、読むということは。いろいろ知識を吸収するしさあ。

 何事も、本を読まない人はそれが分からないもんね。人間ね、本を読まなくちゃしょうがないでしょうね。作家だってなんだってそうでしょう、みんな本を読んでるからね。ものすごい量で。

 大事なところは線引いたり丸つけたりさ。簡単なものはいざ知らずね、やっぱり紙の本じゃなきゃいけないでしょうねえ。読まなきゃ書けないしね、書ける人は読んでるんだよ。

国会内唯一の書店「五車堂書房」=岩下毅撮影

国会内唯一の書店「五車堂書房」=岩下毅撮影

出典: 朝日新聞社

「最近の政治家、読んだふりしてスマホ」

――最近の政治家は本を読まないんじゃないですか。

 読まないでしょ、本なんか、はっきり言って。読んだふりして、スマホ見てるからね。

 議員会館行って、先生の部屋行きゃ分かりますよ。本がいっぱいあるところもあるし、なんにもない、本箱も何もない、なんだこれ、ええ?ってところもある。

国会内唯一の書店「五車堂書房」に並べられた国会関係の書籍=岩下毅撮影

国会内唯一の書店「五車堂書房」に並べられた国会関係の書籍=岩下毅撮影

出典: 朝日新聞社

丸善で6万円「小さいねえ」

――いま私の担当は自民党の谷垣禎一幹事長ですが、このあいだ、日本橋の丸善で6万円分ぐらい本を買ったそうです。最近の政治家の中ではなかなかの読書家だと思うんですが。

 小さいねえ、6万円ぐらい買ったってね。うちにある『国史』なんて、一冊2万5千円だよ、なんだ、国史も持ってないやつはろくなこと言うんじゃないってんだ。

 そういう本がいくらでもあるんだから、5万だか6万だか知らないけど、上には上がいるからね。

自民党本部でのイベントで、京風おでんを振る舞う谷垣禎一幹事長=2015年

自民党本部でのイベントで、京風おでんを振る舞う谷垣禎一幹事長=2015年

出典: 朝日新聞社

本代、月500万円の人も

――上には上というと、読書家だった政治家には誰がいますか。

 やっぱり伊東正義さんから、倉成正さんとかね。前尾繁三郎先生、「政界の三賢人」なんて言われた人だよ、この人は赤坂のマンションの部屋一つ、書庫みたいになってて、月に500万円も本を買ったとかね。

 信じられない? みんな信用しないよ、ホラ吹いてるんじゃないかってね、本を買わないやつに限ってそういうこと言うからね。

 大平正芳さんもそう、細田吉蔵さんもそうだな。(息子で衆院議員の)細田博之さんに聞いたら、「うちのおやじは夕飯食べて、ゆっくりして、五車堂で買った『文芸春秋』を読みながら死んだ」って言うんだから。びっくりしたね、大往生だよ。

 細田さん、自分で買いに来るんだもん。こうもり傘が杖代わりだよ、あんた。すごいんだよ。そういう人も自民党に今、いないねえ。

故伊東正義元外相の「格言」を書いた手ぬぐい。福島・会津の記念館で売られていた=2009年撮影

故伊東正義元外相の「格言」を書いた手ぬぐい。福島・会津の記念館で売られていた=2009年撮影

出典: 朝日新聞社

「車いっぱいになるほど買っていくの」

――大平正芳首相も、本を買いに来たんですか。

 奥さんがね、うちの神田の店にタクシーで来て、車いっぱいになるほど買っていくの。いろんな注文持ってきてね。それだけ本読んでるんだ。

 国会で答弁に立って、「うー、あー」なんて言ってもね、質問するほうがバカなんだ。そんな、なんでも知ってる人に細かいこと聞いちゃダメ。分かってる人は分かる。分かんないやつは「鈍牛だ」とか言ってるんだろ、バカ言うなよ、それだけの人なの。だから総理になるの。大変なもんだよ。

1979年の東京サミットで握手を交わす大平正芳首相(左)とサッチャー英首相

1979年の東京サミットで握手を交わす大平正芳首相(左)とサッチャー英首相

出典: 朝日新聞社

「最近はね、田中角栄ブーム」

――ところで、最近売れた本は何ですか。

 最近はね、田中角栄のブームみたいになってるから。どこ行ったって石原慎太郎の『天才』が並んでるでしょ。

――なんで田中角栄の本が今売れるんですか?

 やっぱり今の政治家であれだけのビジョンを持ってる人、いないでしょう、はっきり言って。大風呂敷広げたか知らないけど、そういう考えがまず、ないでしょう。

 消費税がどうったら、8%から10%にしよう、そんなことばっかり考えてるんだから。

 「こんなもの上げなくたってなんとかするべ」なんていう人もいないしさ。そういうのいたっていいんだけどね。約束したから上げる、みたいになってて。おっかしいよねえ。

田中角栄氏

田中角栄氏

出典: 朝日新聞

「上に立つ人は、帝王学を学ばないと」

――本を読まない政治家が多いようですが、政治家はどんな本を読むべきでしょうか。

 うん、やっぱり歴史を読まなきゃいけないでしょうね。洋の東西を問わず。歴史を知らないとやっぱり、困るでしょうね。

 それから古典ね。ヨーロッパやアメリカの政治家は、ギリシャやラテンの古典を勉強する。日本で言えば、人の上に立つ人は、中国の陽明学や帝王学を学ばないといけないよ。そういう本を読んでほしいと思って置いてきたけど、売れないねえ。もう片付けちゃった。

国会内唯一の書店「五車堂書房」店主の幡場益さん=岩下毅撮影

国会内唯一の書店「五車堂書房」店主の幡場益さん=岩下毅撮影

出典: 朝日新聞

「東郷元帥を引用したってね、ダメだよ」

――歴史といえば、私が総理番だったとき、いよいよ衆院解散になりそうだというタイミングで、安倍晋三首相が公明党のパーティーに行って「天気晴朗なれど波高し」と言ったことがありました。これは日露戦争のとき、日本海海戦を前に連合艦隊が大本営に打電した言葉で、ある意味「解散宣言」だったんですが、私は恥ずかしながらその言葉を知りませんでした。

 ははは、「晴朗なれど」って、日露戦争のそんな、東郷元帥を引用したってね、ダメだよ。「天気晴朗なれど波高し」なんてね、あの頃だから目に浮かぶような景色だけど、いま分かる? 分かんないよねえ。

国会内唯一の書店「五車堂書房」に並べられた政治に関する書籍=岩下毅撮影

国会内唯一の書店「五車堂書房」に並べられた政治に関する書籍=岩下毅撮影

出典: 朝日新聞

 小泉さんが引用した「米百俵」のほうがよっぽどいいよ。財政難の長岡藩が、贈られた米を食べずに売って、そのお金で「将来のために」って学校を作ったって話。これだって本を読まなきゃ知らないよ。

 伊東正義さんとか、大平さんは夜な夜な、仲間内でやってたわけよ。「君は読んだか?」「早く読めよ」って。すごいよ。今そんな政治家いないよ。量が違うんだから。政治家でも官僚でも役人でも下っ端のときから読んでるんだ、基礎があるんだ。

 だから本屋行くだけでもいいんですよ、背表紙見るだけでもね、こういう本があるんだなって。

国会内唯一の書店「五車堂書房」に並べられた皇室に関する書籍=岩下毅撮影

国会内唯一の書店「五車堂書房」に並べられた皇室に関する書籍=岩下毅撮影

出典: 朝日新聞

「昔の人はみんな全集で読んだもんだよ」

――幡場さんご自身はどんな本を読んできたんですか?

 小説から政治経済、何だって読むよ。だけど私はなんたって漱石だね。全集で何回も読んだよ。あとは鴎外、荷風。荷風なんか、そこに全集が置いてある。

 昔の人はみんな全集で読んだもんだよ。やっぱりね、明治の文豪ですよ。日本が一番進んだ時代ですからね。

国会内唯一の書店「五車堂書房」店主の幡場益さん=岩下毅撮影

国会内唯一の書店「五車堂書房」店主の幡場益さん=岩下毅撮影

出典: 朝日新聞

「今日も一冊読んじゃった」

――忙しくて、本を読む暇がないんじゃないですか?

 そんなことないよ、今日も一冊読んじゃった。『江戸の災害史』。熊本の地震もあったしね。やっぱり、国会でテーマになりそうな本は先回りして読んでるよ。

 原発やら、TPPやら、憲法やらね。そのときそのとき、人より早く読んでおかないとお客さんにも対応できないじゃない。国会で問題になったころ読むんじゃ遅いんだよ。はっきり言って。週刊誌に出てくりゃあ、終わりですよ。

――なるほど。では、若い人はどんな本を読むことが大切ですか。ずばり、大成するための読書とは。

 いやあ、それはその人の「好き」ってもんでしょう。みんないつも「これ読みなさい」「あれ読みなさい」って、押しつけに慣れちゃってる。で、みんな同じの読んでるんだよ。まずはやっぱり自分で本屋で本を見てね、「これ読もうかなあ、どうしようかな」と、考えるほうがいいんだよ。

     ◇

幡場益(はたば・すすむ) 75歳。父・光男さんが神保町に開いた出版社が前身の五車堂書房店主。参議院職員に請われ1967年国会に出店した。店名は荘子の「五台の車がいっぱいになるほどの蔵書」から。

国会内唯一の書店「五車堂書房」 1万5千冊、その品ぞろえ
前へ
国会内唯一の書店「五車堂書房」店主の幡場益さん=岩下毅撮影
次へ
出典:朝日新聞
1/18
前へ
次へ

Adsby Google
Adsby Google

あわせて読みたい

モンプチ『ネコの輪郭にミシン目』の謎 販...
モンプチ『ネコの輪郭にミシン目』の謎 販...
鉄拳さん「昔、警察のお世話に」 漫画で描いた「暗い過去」感動呼ぶ
鉄拳さん「昔、警察のお世話に」 漫画で描いた「暗い過去」感動呼ぶ
詐欺バスターって何?
詐欺バスターって何?
Q&A
「ADはゴキブリ」と言われ… 28歳女性が語る過酷なテレビ業界
「ADはゴキブリ」と言われ… 28歳女性が語る過酷なテレビ業界
校閲ガール「うちなら不採用」 業界でも一...
校閲ガール「うちなら不採用」 業界でも一...
「この世界の片隅に」ヒット導いた“3つの非常識” 前作不振でも…
「この世界の片隅に」ヒット導いた“3つの非常識” 前作不振でも…
妻のへそくりで新車購入、愛と笑いの『誓約書』 素敵すぎて鼻血が…
妻のへそくりで新車購入、愛と笑いの『誓約書』 素敵すぎて鼻血が…
「医師でもウソ発信」 ネットの医療情報、現役医師が教える見抜き方
「医師でもウソ発信」 ネットの医療情報、現役医師が教える見抜き方
AV業界「ファン感謝祭」熱気むんむん 強要問題への取り組みは…
AV業界「ファン感謝祭」熱気むんむん 強要問題への取り組みは…
『この世界の片隅に』のんさんが語る「日常の感動」大好きな場面は…
『この世界の片隅に』のんさんが語る「日常の感動」大好きな場面は…
PR
コウメ太夫の現在地「毎日チクショー!!」 ジワジワくる1日1ツイート
コウメ太夫の現在地「毎日チクショー!!」 ジワジワくる1日1ツイート
ボブ・ディランの何がノーベル賞なのか? 中川五郎×萩原健太対談
ボブ・ディランの何がノーベル賞なのか? 中川五郎×萩原健太対談
PR

人気

もっと見る