閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年03月14日

原発爆発のホワイトデー ぎりぎりまでケーキを焼いた洋菓子店の決意

  • 3140

福島県いわき市の洋菓子店「アンジェリーク」。パティシエの伊藤志保さんは、原発事故下の街で店を開け続けた

福島県いわき市の洋菓子店「アンジェリーク」。パティシエの伊藤志保さんは、原発事故下の街で店を開け続けた

出典: 朝日新聞

 東日本大震災が襲った5年前のホワイトデー。原発事故下で静まりかえった福島県いわき市の駅前で、1軒の洋菓子店が店を開け続けていました。JRいわき駅前に2005年に開店した洋菓子店「アンジェリーク」。当時、どんな思いで店を開けていたのか。夫の伊藤亨さん(47)と店を営むパティシエの志保さん(41)に震災直後のホワイトデーについて聞きました。

「お客さんが店に来てくれたのに閉まっていたら…」

「あの日、水道管が破裂して、カフェスペースの床は水浸しになりました。お皿やお菓子作りに使う洋酒の瓶も全部割れてしまいました。店の片付けをして、夜に自宅アパートに戻ってテレビをつけると、津波の映像が流れていた。惨状を初めて知り、ショックを受けました」

「その翌日には、原発が1回目の爆発を起こしました。駅前では人も車もほとんど見かけず、街は静まりかえってしまいました」

2011年3月12日の福島第一原子力発電所

2011年3月12日の福島第一原子力発電所

出典: 朝日新聞

「こんな状況でお店を続けるべきか、夫と話しました。ホワイトデーの予約は十数件入っていました。電話はなかなかつながらないし、控えていた住所のおうちへ行きましたが、誰もいなくて連絡がつかなかった」

「でも、もしお客さんが店に来てくれたのに閉まっていたら、迷惑をかけてしまう。ぎりぎりまで店を開けようと決めました」

「スタッフは休んでもらい、夫婦2人で続けることにしました。断水していたので、給水所に水を取りに行きながら。物流が途絶えて仕入れもできなかったので、季節もので店にあったイチゴや生クリームなどを使い、できるものを焼きました。イチゴタルトやイチゴショート、チョコレートケーキ、モンブラン、ホワイトデー用の焼き菓子をショーケースに並べました」

豊橋市から福島県いわき市に運ばれる支援物資=2011年3月14日

豊橋市から福島県いわき市に運ばれる支援物資=2011年3月14日

出典: 朝日新聞

「どうしてもお祝いがしたい」

「お客さんは1時間に1、2組、来るかどうかでした。でも『パンはありませんか』『サンドイッチはない?』と聞く人が多かった。うちは洋菓子だけしかありません。そう言うたびに、こんな時に、みんな生きるだけで精いっぱいになっている時に、主食でない贅沢品のお菓子なんて売っていていいんだろうか、現実離れしている、と思いました」

「でも12日か13日に、中年の女性のお客さんがいらしたんです。『どうしてもお祝いがしたくて』と、その日じゅうに大きなデコレーションケーキを作れるか尋ねてこられた。『できるものでいいんです』と」

「厨房で材料を確かめ、お受けしました。イチゴののった直径18センチのホールのケーキをお作りしました。そしたら取りに来られた時、『家族のお祝いなんです。こんな時に、こんなケーキが食べられるなんて』と喜んでくださり、涙を流していた。こんなお客さんが一人でもいらっしゃるならと、開けていてよかったと思いました」

原発事故下でも店を開け続けたパティシエの伊藤志保さん

原発事故下でも店を開け続けたパティシエの伊藤志保さん

出典: 朝日新聞

「自宅アパートでひたすらパンを焼いた」

「14日のホワイトデー当日は結局、予約をしていたお客さんはいらっしゃいませんでした。みなさん避難されたり、大変だったのだと思います」

「そして午前11時ごろ、2回目の原発の爆発があり、お客さんの一人がそれを知らせてくれました。その日いっぱいでお店をいったん閉めることにしました」

2回目の原発爆発があった2016年3月14日、福島県郡山市には、いわき市などから約4千人の人々が被曝検査に訪れた=福島県郡山市、水野義則撮影

2回目の原発爆発があった2016年3月14日、福島県郡山市には、いわき市などから約4千人の人々が被曝検査に訪れた=福島県郡山市、水野義則撮影

出典: 朝日新聞

「店を休んでいる間は自宅アパートで、母からもらった古いホームベーカリーで、店に余っていた粉を使ってひたすらパンを作り、近所に配りました。店でパンを求める方々が来たのに、ケーキしか売れなかったのが引っかかっていたんですね」

「それから市内の実家にも行きました。親戚で津波に遭った家もあったので。正直、その時はお店を福島で続けるか迷いました。お客さんはいつ来るか分からない。県外に出た方がいいのかなと」

「でもある夜、車でいわきの市街地を走っていたら、暗い街中でおでん屋さんが1軒ぽつんとやっていたんです。それを見て『私たちにもできるかもしれない』と思いました」

「それまでに、『もらったパンのお礼よ』とお肉や靴下をいただいたり、お店を開けている間にもお水をいただいたり、そんないわきの温かさも忘れられず、戻ることを決めました。1週間の休業後、店を再開しました」

「ちょっと遅くなったけど、焼き直したお菓子をお渡しできました」

「ホワイトデーの予約のお客さんたちとは全員と後日、連絡がとれました。『今は避難所でいつ帰れるか分からないけど、必ず取りに行きます』と電話してきてくれたお客様や、中年男性のお客様は『バレンタインもらったから、ちゃんとお返ししないとな。疲れた時は甘いもの欲しいだろ』とお菓子を受け取る時に話していました」

「こんな大変な時に周りの人を気遣い、律義にバレンタインのお返しができるんだと、心にしみました。ちょっと遅くなったけど、焼き直したお菓子は1件のキャンセルもなくお渡しできました。店は水道管の破裂で使えなくなってしまいましたが、隣に移転することができました」

「でも震災を機にご商売をやめたお店は、この駅前でもいくつもあります。いわきの産業の漁業もまだまだ大変。普通にケーキを喜んでもらえる日常ってとても大切なんだなと、今は思います」

「アンジェリーク」は震災後、隣の敷地に引っ越して再開した

「アンジェリーク」は震災後、隣の敷地に引っ越して再開した

出典: 朝日新聞

3月14日、ケーキを買った人に会えました

 震災直後のホワイトデーにケーキを買った人は、どのような思いだったのでしょうか。同じ、いわき市に住むパート井坂美誉(みよ)さんは、5年前の3月14日、アンジェリークでケーキを買いました。「娘たちの喜ぶ顔が見たくて」。そう話す井坂さん一家には、今もしっかりと、あのケーキの思い出が刻まれています。

原発事故下の2011年3月14日、「アンジェリーク」でケーキを買った井坂美誉さん

原発事故下の2011年3月14日、「アンジェリーク」でケーキを買った井坂美誉さん

出典: 朝日新聞

「ヘンゼルとグレーテルになったような驚き」

「仕事の都合で駅前へ行き、ひと気のなさに驚きました。原発事故で、私も友人たちも不安にかられ避難しようかと迷っていました。だからあのゴーストタウンのような静まりかえった異様な街が、本当に怖かった」

「仕事仲間と数人で食料が買えるところを探しましたが、どこもお店は閉まっていました。すると、1軒の洋菓子店に明かりがついているのが目に入ったのです。店内をのぞくと、ショーケースには色とりどりのケーキが並んでいました」

「山中でキツネかタヌキに化かされたかのような、ヘンゼルとグレーテルがお菓子の家に出会った時のような驚きといえるでしょうか、本当にびっくりしてドアを開けました」

震災直後、開け続けていた洋菓子店を見た客は涙をながしたという ※写真はイメージです

震災直後、開け続けていた洋菓子店を見た客は涙をながしたという ※写真はイメージです

出典:https://pixta.jp/

「思わず『このお菓子、売っていただけるんですか』と尋ねました。すると女性の店員さんが『もちろんです、今日はホワイトデーですから』と弾けるような笑顔で答えたのです。ああ、今日は3月14日か。肩から力が抜け、一瞬、日常が戻ってきたような気がしました」

「あの日のケーキは忘れません」

「人間、怖いと甘いものが食べたくなるんですね。うれしくって、イチゴタルトとかパウンドケーキとか数千円分買ってしまいました。高校3年と中学3年の娘たちの喜ぶ顔が見たくて、帰途を急ぎました」

「でも帰りのバスで思ったのです。市内は断水している。この状況下でどうやってこのケーキを焼いたのだろう。きっと苦労があったはず。原発事故で客が来るかどうかも分からない。ケーキを焼き続けたお店の決意に涙がこぼれました」

「ケーキを焼き続けたお店の決意に涙がこぼれました」(井坂美誉さん) ※※写真はイメージです

「ケーキを焼き続けたお店の決意に涙がこぼれました」(井坂美誉さん) ※※写真はイメージです

出典:https://pixta.jp/

「その日、2回目の原発の爆発があり、うちは急きょ家族で県外に避難しました。ケーキはご近所や一時身を寄せた先へお礼に差し上げ、結局食べることはできませんでした」

「でもあの日のケーキは忘れません。うちの娘たちは今でも『あの時のケーキ、食べたかったなあ』と言うんですよ」

読んでほっこり 駅員から卒業生・受験生へメッセージ
前へ
水戸駅に掲出されたメッセージボード
次へ
出典:JR東日本水戸支社提供
1/42
前へ
次へ

リクエスト募集中

あなたの質問疑問をwithnews編集部が取材します。ログイン不要、10秒で入力。

リクエストを書く

あわせて読みたい

ロバート秋山「クリエイターズ」 小道具や衣装への気合がすごかった
ロバート秋山「クリエイターズ」 小道具や衣装への気合がすごかった
最近、夕飯の味に違和感が・・・それ、後妻業に狙われているかも!?
最近、夕飯の味に違和感が・・・それ、後妻業に狙われているかも!?
PR
私がアダルトビデオに出演させられるまでに起きたこと 被害の実態
私がアダルトビデオに出演させられるまでに起きたこと 被害の実態
高齢出産は“恥”なのか?ママ友に言われた言葉から、子育てを考える
高齢出産は“恥”なのか?ママ友に言われた言葉から、子育てを考える
図書館で6歳児「魔法を使いたい」 女性司書...
図書館で6歳児「魔法を使いたい」 女性司書...
選挙ポスター、誰が貼ってる? 「あらゆるツテ頼る」 業者プランも
選挙ポスター、誰が貼ってる? 「あらゆるツテ頼る」 業者プランも
古鉛筆から花が咲く! 土に植えて発芽、ム...
古鉛筆から花が咲く! 土に植えて発芽、ム...
「舛添騒ぎ」猪瀬氏が思うこと 「徹底的に潰す…まるで人民裁判」
「舛添騒ぎ」猪瀬氏が思うこと 「徹底的に潰す…まるで人民裁判」
「本読まない政治家ばかり」 国会の本屋「五...
「本読まない政治家ばかり」 国会の本屋「五...
ネット炎上、1枚の写真で伝える防止法 年300回講演、プロの教え
ネット炎上、1枚の写真で伝える防止法 年300回講演、プロの教え
バレーの熱狂的応援、変じゃね? DJ絶叫、負けても「やばい超最高」
バレーの熱狂的応援、変じゃね? DJ絶叫、負けても「やばい超最高」
マタニティマークつけたら…「ただのデブだろ」と言われて考えたこと
マタニティマークつけたら…「ただのデブだろ」と言われて考えたこと
Ads by Google
Ads by Google

人気


  • 私がアダルトビデオに出演させられるまでに起きたこと 被害の実態

    • 318627

  • 「舛添騒ぎ」猪瀬氏が思うこと 「徹底的に潰す…まるで人民裁判」

    • 23284

  • ガチャ確率公開、各社の対応は? 2強メーカー「予定なし」の理由

    • 10184

  • 戻ってきた「何でも券」…〝30秒で泣ける〟漫画作者が描く母と息子

    • 8612
  • 小笠原村観光局提供

    「やっと注目された…」 色彩豊かな小笠原、なぜ白黒パネルで宣伝?

    • 5656

もっと見る