閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年02月26日

スキー場の飯がマズいなんて誰が言った? 6千人が選んだ絶品ゲレ食

  • 17027

新潟県のスキー場が企画したゲレ食の試食会に参加するスノーボーダーたち=2014年

新潟県のスキー場が企画したゲレ食の試食会に参加するスノーボーダーたち=2014年

出典: 朝日新聞

長野で人気投票、野沢菜ピザが王者に

 スキー場の食事と言えば「おいしくない」。しかも、「カレー」と「ラーメン」しかない―。そんなイメージも、今や昔。津々浦々ある最近のスキー場は、スキー客にアピールするために食事に力を入れています。長野県では「ゲレ食バトル」なるものが開催され、26日には、同県白馬村のスキー場にある「野沢菜ピザ」が3代目チャンピオンに決定しました。「滑りを楽しむ」から「滑って、さらに食事も楽しむ」へ。「ゲレ食」ブーム、到来中です。

長野県内の30スキー場が参加した「ゲレ食バトル」。3代目チャンピオンには白馬村のスキー場「Hakuba47」の「ルイスの野沢菜Pizza」が輝いた=長野県索道事業者協議会提供

長野県内の30スキー場が参加した「ゲレ食バトル」。3代目チャンピオンには白馬村のスキー場「Hakuba47」の「ルイスの野沢菜Pizza」が輝いた=長野県索道事業者協議会提供

30のスキー場が火花、今季6千人投票

 「ゲレ食バトル」は、2013~14年シーズンに始まりました。県内30ほどのスキー場がイチオシのメニューを三つほど持ち寄って客に投票してもらい、チャンピオンを決めます。バトルに参加するスキー場のレストランに投票所があり、今季は約6千人が投票したということです。

長野県山ノ内町にある「竜王スキーパーク」のゲレ食投票所

長野県山ノ内町にある「竜王スキーパーク」のゲレ食投票所

信州ならではのピザ「食事でも満足を」

 15~16年の今季、3代目チャンピオンに輝いたのは、長野県白馬村のスキー場「Hakuba47」にある「ルイスの野沢菜Pizza」。今季から売り出した、新メニューです。2代目には同じレストランの「ミックスピザ」が選ばれ、見事連覇を果たしました。

 レストランの特徴は、イタリアから直輸入した石窯。注文を受けた段階で生地から作り始めるピザは、出来たてでアツアツ。テイクアウトも可能で、リピーターが多いということです。

 Hakuba47の総支配人の白河和也さん(44)によると、レストランは1989年のスキー場開業と同時にオープン。「信州でしか食べることができないピザを提供しよう」と、今季から「ルイスの野沢菜Pizza」を始めました。リンゴを使ったり隠し味を入れたりと半年間試行錯誤した結果、白馬産、自家製の野沢菜に決めたそうです。

 ちなみに、他のレストランには、手作りにこだわった「信州牛カレー」などのメニューや、たくさんの海外客が来ることからメキシカン料理屋やビールバーもあり、ゲレ食に力を入れています。白河総支配人は「ゲレンデだけではなく食事も満足してもらうために、今後も努力を続けていきたい」と話しています。

ゲレ食連覇を果たした「Hakuba47」(同県白馬村)のレストラン「Luis」

ゲレ食連覇を果たした「Hakuba47」(同県白馬村)のレストラン「Luis」

出典:HAKUBA47

スキー客減少、危機感

 長野県でゲレ食を仕掛ける背景には、スキー場が抱える共通の悩みがありました。全国のスキー人口は、1993年の1860万人がピーク。「黙っていても客がやって来た。食事にはほとんど気を使ったことがなかった時代」(関係者)と言います。しかし、レジャーの多様化でスキー客は減少の一途。14年は760万人に減り、長野県も例外ではありません。

スキー客でにぎわう1992年の新潟・苗場スキー場

スキー客でにぎわう1992年の新潟・苗場スキー場

出典: 朝日新聞

限定ゲレ食も目玉、食べに来て

 そこで各スキー場はゲレ食を改善し、誘客の目玉とすることを目指しました。長野県山ノ内町にある「竜王スキーパーク」も、ゲレ食に力を入れるスキー場の一つです。

 同スキー場の名物は、豚のショウガ焼き、ビビンバ、温泉卵に大盛りのご飯を加えた「爆竜丼」と野菜をふんだんに盛ったラーメン「爆竜麺」。それぞれ、1日50食限定です。1月のとある平日に訪れると、たくさんの若者が両メニューを楽しんでいました。

 この2品、販売を始めたのが5年前。若者が多く来るスキー場のため、「量」を求める声が多かったそうです。同スキー場の広報担当者は「スタミナを付けるには爆竜丼。冷えた体を温めるには爆竜麺。ぜひ食べに来てください」。

「竜王スキーパーク」で売られている「爆竜丼」。大盛りのご飯の上に豚のショウガ焼き、温泉卵などが乗っている=長野県山ノ内町

「竜王スキーパーク」で売られている「爆竜丼」。大盛りのご飯の上に豚のショウガ焼き、温泉卵などが乗っている=長野県山ノ内町

「爆竜丼」や「爆竜麺」を販売している、「竜王スキーパーク」のレストラン「シャルム」=長野県山ノ内町

「爆竜丼」や「爆竜麺」を販売している、「竜王スキーパーク」のレストラン「シャルム」=長野県山ノ内町

バトルきっかけ「思い出の食事に」

 ゲレ食バトルの初代チャンピオンは、地元の野沢菜をふんだんに使った「野沢菜ビーフステーキライス」(野沢温泉スキー場)でした。優勝した暁には、栄誉とともに今後10年間、ゲレ食バトルのチラシに載り続けることができる「宣伝」効果もあります。

 バトルを主催する長野県索道事業者協議会の活性化対策副委員長、金沢武彦さん(50)は「スキー・スノーボード旅行は一種の『旅』。旅には必ず思い出の食事がつく。最高の食事と共に、旅を楽しんでほしい。ゲレ食がまずいとは、もう言わせません」。

 今回の結果は、フェイスブックや公式サイトで見ることができます。どうでしょうか。食べたくなったでしょ?スキーヤーもスノーボーダーもそうでない人も、一度「ゲレ食」を味わいにスキー場に行ってみてはいかがですか?



牛フィレ×フォアグラ・野沢菜ビフテキ……魅力的な「ゲレ食」登場
前へ
白馬八方尾根(長野県白馬村)の「ザ・ロッシーニ(牛フィレ肉とフォアグラ 赤ワインソース トリュフの香り)」
次へ
1/9
前へ
次へ

Ads by Google
Ads by Google

あわせて読みたい

ポテチ、煮干し、クロワッサン…本物そっくり木彫り作品、作者に聞く
ポテチ、煮干し、クロワッサン…本物そっくり木彫り作品、作者に聞く
「産まない生き方」論争に感じた違和感 ア...
「産まない生き方」論争に感じた違和感 ア...
夏のボーナス「使い道」1位は? パーっと行けない時代の「増やし道」
夏のボーナス「使い道」1位は? パーっと行けない時代の「増やし道」
PR
かき氷のシロップの味は“幻覚”なのか?味覚センサーで検証してみた
かき氷のシロップの味は“幻覚”なのか?味覚センサーで検証してみた
女王メドベジェワ、熱いセーラームーン愛 日本好きスケーターに注目
女王メドベジェワ、熱いセーラームーン愛 日本好きスケーターに注目
「ニート25才」が立候補で得たもの 衝撃の選挙ポスターから1年…
「ニート25才」が立候補で得たもの 衝撃の選挙ポスターから1年…
AV出演強要、ユーチューバーの過去 「音楽デビュー信じた自分」
AV出演強要、ユーチューバーの過去 「音楽デビュー信じた自分」
ジャパネット前社長、ついに他社CM出演 「通常はお断りしますが…」
ジャパネット前社長、ついに他社CM出演 「通常はお断りしますが…」
女子が寝る前、検索する言葉は?“前髪”に“韓国”…MERY検索の世界
女子が寝る前、検索する言葉は?“前髪”に“韓国”…MERY検索の世界
ツイッターで話題「家族会議」 議題は…「ば...
ツイッターで話題「家族会議」 議題は…「ば...
 ソユーズ基地で見た!旧ソ連宇宙開発の悲しい歴史  がれきの下に…
ソユーズ基地で見た!旧ソ連宇宙開発の悲しい歴史  がれきの下に…
支持政党なし、60万票獲得のポスター戦略 佐野代表「次回も挑戦」
支持政党なし、60万票獲得のポスター戦略 佐野代表「次回も挑戦」

人気

もっと見る