閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年03月18日

又吉直樹、小説35万部の大ヒット 下宿先、実は太宰の自宅跡だった

  • 17344

小説が注目を集める又吉直樹さん。上京して住んだ下宿は太宰の自宅跡だった

小説が注目を集める又吉直樹さん。上京して住んだ下宿は太宰の自宅跡だった

出典: 朝日新聞


 小説「火花」を執筆し、話題を呼ぶお笑い芸人・又吉直樹さん。3月11日に出版した単行本は35万部の大ヒットとなりました。そんな又吉さん、大阪から上京してきた時、最初に住んだアパートの場所は、なんと文豪・太宰治の家の敷地跡でした。下積み時代から、文学に運命づけられていた人生でした。

掲載雑誌が創刊以来、初の増刷

 お笑い芸人である又吉さんですが、芥川賞の受賞作が載るたびに「文芸春秋」を買うほどの文学好きとして知られています。文学関係の仕事も多く、雑誌「文学界」(2月号)では小説「火花」を発表。掲載された「文学界」の売れ行きも好調で、7千部の増刷となりました。この増刷は、出版不況のいま、極めて異例で1933年創刊以来初めてのことでした。

三鷹市にある玉鹿石。太宰治を偲んで、故郷、青森県五所川原市金木町産の玉鹿石を使った石碑。このあたりの玉川上水で、太宰は入水したといわれている=三鷹市下連雀、松田光撮影

三鷹市にある玉鹿石。太宰治を偲んで、故郷、青森県五所川原市金木町産の玉鹿石を使った石碑。このあたりの玉川上水で、太宰は入水したといわれている=三鷹市下連雀、松田光撮影

 小説「火花」は原稿用紙230枚に渡る中編です。お笑いの世界を舞台に、主人公の若手芸人が先輩芸人の輝きと挫折を見つめる内容です。

芥川賞の受賞作が載るたびに「文芸春秋」を買ってました。好きな作家、古井由吉さんの選評を読みたかったからです。芥川賞の候補になったときから中村文則さんの名前は知っていて、デビュー作の『銃』から読んでいます。

出典: 2012年12月16日:(思い出す本 忘れない本)何もかも憂鬱な夜に ピース・又吉直樹さん :朝日新聞紙面から

三鷹市の和風文化施設「みたか井心亭」。太宰治旧宅のすぐそばにあり、庭には太宰治の家から移植された百日紅(さるすべり)の木が植えられている=三鷹市下連雀、松田光撮影

三鷹市の和風文化施設「みたか井心亭」。太宰治旧宅のすぐそばにあり、庭には太宰治の家から移植された百日紅(さるすべり)の木が植えられている=三鷹市下連雀、松田光撮影

お笑い芸人のピース・又吉直樹さんが初めての純文学小説を発表した文芸誌「文学界」(2月号)の売れ行きが好調で、発行元の文芸春秋は8日、7千部の増刷を決めた。出版不況のなかで苦戦が続く文芸誌の増刷は極めて異例で、同誌では1933年の創刊以来、初めてという。
 又吉さんが文学界に寄せたのは「火花」というタイトルの純文学作品。原稿用紙230枚の中編で、お笑いの世界を舞台に、主人公の若手芸人「僕」の目から、先輩芸人の輝きと挫折を描いた。当初は通常通り1万部を刷ったが、ネット書店で発売前に予約で売り切れたり、東京都内の主要書店でも売り切れが相次いだりしたため、発売直後に増刷を決めたという。
 武藤旬編集長は「これほどの売り上げは予想外。通常はあまり多くない10代20代の若い世代が買っている」としている。

出典: 2015年1月9日「文学界」が初増刷 ピース・又吉さんの小説掲載

図書館で調べたら、太宰の家だった

 芸人を目指して大阪から上京してきた又吉さん。最初に住んだのは三鷹のアパートでした。実はこのアパート、太宰の家の敷地跡に建ったものでした。そんな場所とは知らず、地図を片手に太宰のお墓などを辿っているとき、図書館で調べたら気づきました。中学のころから太宰の大ファンだったという又吉さん。この頃から、文学との深い縁が始まっていたようです。

三鷹の自宅で笑顔を見せる太宰治=1948年4月撮影、津島園子さん提供

三鷹の自宅で笑顔を見せる太宰治=1948年4月撮影、津島園子さん提供

大阪から上京して最初に住んだ三鷹のアパートは、太宰治が暮らした家の敷地跡に建った建物だそうです。中学の頃から夢中で読んだ作家ですから、小説に「三鷹」って地名が出てきたなくらいの知識はあったけど、住所までは知りません。住み始めて、地図片手に太宰のお墓とか足跡をたどっている時、図書館で調べたら、「あ、家、ここやったんや」と。もう15年くらい前の、ウソみたいな話ですけど。

出典: 2015年3月17日(リレーおぴにおん)TOKYO風景:2 残酷で、まれに優しい街 又吉直樹さん

「自意識の捨て場所」探した下積み時代

 多方面で魅力を見せている又吉さんですが、最初からうまくいったわけではありませんでした。上京したものの、コンビニでバイトをしながら芸人の養成所に通う日々。才能がある人に劣等感も抱きました。世間と自分の評価のズレで悩んでいたといいます。又吉さんは当時の様子をこう語っています。

 「芸人になりたくて、望んで東京に来たものの、コンビニでバイトしながら芸人の養成所に通う日々は、ぱっとしませんでした。才能がある奴を見れば劣等感を抱き、後悔し、一方では、ない個性をあるようにアピールする連中に嫌悪感を抱いた。世間と自分の評価のずれで悩み、『自意識の捨て場所』を探して、苦悶(くもん)してましたね」

太宰一家が利用していた伊勢元酒店跡にある太宰治文学サロン。伊勢元は「十二月八日」に登場=三鷹市下連雀、松田光撮影

太宰一家が利用していた伊勢元酒店跡にある太宰治文学サロン。伊勢元は「十二月八日」に登場=三鷹市下連雀、松田光撮影

芸人になりたくて、望んで東京に来たものの、コンビニでバイトしながら芸人の養成所に通う日々は、ぱっとしませんでした。才能がある奴を見れば劣等感を抱き、後悔し、一方では、ない個性をあるようにアピールする連中に嫌悪感を抱いた。世間と自分の評価のずれで悩み、「自意識の捨て場所」を探して、苦悶(くもん)してましたね。

出典: 2015年3月17日(リレーおぴにおん)TOKYO風景:2 残酷で、まれに優しい街 又吉直樹さん

「まだまだしんどいですよ」

 今も「まだまだしんどいですよ。自分が信じられないもの、納得できないものにはくみしたくない」と語る又吉さん。納得できないものにはくみせず、自分がおもしろいと思う世界を目指すため、苦心しているそうです。

太宰治文学サロンに展示された田村茂撮影の「三鷹の陸橋にて」

太宰治文学サロンに展示された田村茂撮影の「三鷹の陸橋にて」

 そんな中、時々、下積み時代の思い出がつまったアパートを散策するそうです。

 「時々、昔住んでた中央線のアパート周辺を散歩します。歩いてると、忘れてること思い出したり、自分でも想像つかへん道を歩いていたり。それが、体にも頭にもいいんですよね」と語っています。

 小説「火花」は、10代20代の若い世代を中心に人気が出ています。3月11日に発売された単行本は重版され、累計部数は35万部になりました。お笑い芸人であり、小説家でもある又吉さん。太宰ゆかりの地を出発点に、独特の立ち位置で、ファンを広げています。

太宰治も好んで渡ったという三鷹電車庫をまたぐ歩行者用の鉄橋

太宰治も好んで渡ったという三鷹電車庫をまたぐ歩行者用の鉄橋

ただ、まだまだしんどいですよ。自分が信じられないもの、納得できないものにはくみしたくない。めちゃくちゃ少数派になったとしても。反対に、むちゃくちゃ多数派にのまれているように見えたとしても。自分がおもろいと思う世界を形にしたい、ということですが、ただのサボリでなくて、お客さんに喜んでもらえるもの、出さなあかん。苦心してます。

出典: 2015年3月17日(リレーおぴにおん)TOKYO風景:2 残酷で、まれに優しい街 又吉直樹さん

時々、昔住んでた中央線のアパート周辺を散歩します。歩いてると、忘れてること思い出したり、自分でも想像つかへん道を歩いていたり。それが、体にも頭にもいいんですよね。

出典: 2015年3月17日(リレーおぴにおん)TOKYO風景:2 残酷で、まれに優しい街 又吉直樹さん



Adsby Google
Adsby Google

あわせて読みたい

永谷園のお茶づけ『名画カード』復活 19年...
永谷園のお茶づけ『名画カード』復活 19年...
ペン不要!答えたくなるアンケート用紙 採...
ペン不要!答えたくなるアンケート用紙 採...
「元の自分に戻れなくなる」 28歳女性がテレビ業界を辞めるまで
「元の自分に戻れなくなる」 28歳女性がテレビ業界を辞めるまで
CGダンスの動き、ここまでリアルに…東映アニメ「ポッピンQ」の実力
CGダンスの動き、ここまでリアルに…東映アニメ「ポッピンQ」の実力
PR
30周年「ねるねるねるね」 最大の危機救った決死の「イメチェン」
30周年「ねるねるねるね」 最大の危機救った決死の「イメチェン」
DeNA、人気サイト「MERY」の記事も大量削除「無断転用した可能性」
DeNA、人気サイト「MERY」の記事も大量削除「無断転用した可能性」
サドル低すぎ!福井の高校生「謎ルール」 おしゃれ?悪ぶってる?
サドル低すぎ!福井の高校生「謎ルール」 おしゃれ?悪ぶってる?
どん兵衛、なぜラッセンとコラボ? シャチとかき揚げ、日清に聞いた
どん兵衛、なぜラッセンとコラボ? シャチとかき揚げ、日清に聞いた
NEW
「ADはゴキブリ」と言われ… 28歳女性が語る過酷なテレビ業界
「ADはゴキブリ」と言われ… 28歳女性が語る過酷なテレビ業界
永遠の名脇役、笹野高史が“主役”になった日 「杏ちゃんと恋愛…」
永遠の名脇役、笹野高史が“主役”になった日 「杏ちゃんと恋愛…」
PR
超危険!おんぶ自転車、衝撃の実験結果 「無いと困る…」悩む保護者
超危険!おんぶ自転車、衝撃の実験結果 「無いと困る…」悩む保護者
ジャニーズ中国人ファンが心配する「転売禁止」 爆買いツアーの実態
ジャニーズ中国人ファンが心配する「転売禁止」 爆買いツアーの実態

人気

もっと見る