閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2014年06月30日

たのしいジジネタンカ 笹公人選 題「東京オリンピック」

  • 213

朝日新聞

朝日新聞

出典: 秋元康さん(中央)とAKB48のメンバーたち(左から小嶋陽菜、渡辺麻友、高橋みなみ、柏木由紀)

 時事ネタを短歌に変換する「たのしいジジネタンカ」。題「東京オリンピック」で募集した作品について、歌人の笹公人さんの講評です。東京音頭、東洋の魔女、AKB48…個性的な作品が集まりました。


ハードコアアレンジされて開会式を盛り上げている東京音頭 (大阪府 伊勢崎おかめ)

1960年(昭和35年)8月1日、東京・国立競技場で「7万人の夕涼み大会」が開かれ、東京都民踊連盟の1500人が「秋田竿灯(かんとう)」を中心に東京音頭を踊った

1960年(昭和35年)8月1日、東京・国立競技場で「7万人の夕涼み大会」が開かれ、東京都民踊連盟の1500人が「秋田竿灯(かんとう)」を中心に東京音頭を踊った

出典: 朝日新聞

 第一首は、未来予想図系ジジネタンカ。ハードコアといっても、パンク、ヒップホップ、テクノなどいろいろありますが、これはきっとハードコアテクノのアレンジでしょう。十分ありえる光景ですが、「ハードコアテクノ」と「東京音頭」の組み合わせが異色で笑いを誘います。着物姿の人型ロボットがキレ味の鋭い踊りを披露したりとか、様々な珍演出を妄想させてくれます。



東洋の魔女もネイルを装いしあの頃われら乙女なりけり (神奈川県 稲見陽子)

金メダルを受ける河西主将と日本チーム=1964年10月23日

金メダルを受ける河西主将と日本チーム=1964年10月23日

出典: 朝日新聞

 第二首は、回想系ジジネタンカ。歌のモデルになっているのは、「東洋の魔女」(日紡貝塚女子バレーボールチーム)の主将・河西昌枝選手。結婚を先延ばしした河西選手は、大松監督へのささやかな抵抗として、怪我をするおそれがあるにもかかわらず、爪を伸ばし、試合時もマニキュアを塗っていたといいます。作者は、河西さんの勇気ある行動に不屈の乙女精神を感じ、共感したのでしょう。

“東洋の魔女”と呼ばれた女子バレーボール日紡貝塚の元主将河西昌枝さんと自衛隊の中村和夫二尉の結婚式で、ケーキ入刀が行われた=1965年5月31日

“東洋の魔女”と呼ばれた女子バレーボール日紡貝塚の元主将河西昌枝さんと自衛隊の中村和夫二尉の結婚式で、ケーキ入刀が行われた=1965年5月31日

出典: 朝日新聞

 下の句は単純に、東京オリンピック当時、作者は乙女だったという事実の表明ともとれますが、河西選手へのリスペクトならびに、「あの頃の女たちは、スポ根レベルで乙女を表現していたんだぞ(いまの森ガールとか気合入れろ)」という誇りを詠んだ歌として読みたいところです。視聴率66.8%を記録した伝説のテレビ中継をリアルに体験した人ならではの説得力も感じました。



AKB48の君が代を4Kテレビに見せつけられる (北海道 松木秀)

総選挙で上位15位に入ったAKB48などのメンバーたち=2014年6月7日、東京都調布市、小玉重隆撮影

総選挙で上位15位に入ったAKB48などのメンバーたち=2014年6月7日、東京都調布市、小玉重隆撮影

出典: 朝日新聞

 第三首も、未来予想図系ジジネタンカ。指紋まで映るという噂の「4Kテレビ」。鼻毛どころか指紋まで映ってしまうというのはどうなんでしょう。テレビに出る仕事の人たちにとっては、ますます厳しい時代になっていきそうです。さて、2020年頃には、4Kテレビが主流になっているのでしょうか。「AKB48」と「4」と「K」の文字が共通しているところもポイントです。

あわせて読みたい

グリコーゲンを極めたグリコの本気度がすごい!
グリコーゲンを極めたグリコの本気度がすごい!
PR
カネ余り、楽勝就活…バブル世代のイケイケな...
カネ余り、楽勝就活…バブル世代のイケイケな...
「コミュ障」なのにアナウンサーに…吉田照美が味わった絶句シーン
「コミュ障」なのにアナウンサーに…吉田照美が味わった絶句シーン
伊勢丹バイヤーを動かした一人の主婦の熱意...
伊勢丹バイヤーを動かした一人の主婦の熱意...
移民の店主がレシートに入れた「言葉」が話題に 「その勇気に感動」
移民の店主がレシートに入れた「言葉」が話題に 「その勇気に感動」
「ちゃんと叱ればいいのに…」が一転、母になって初めて分かったこと
「ちゃんと叱ればいいのに…」が一転、母になって初めて分かったこと
のんさんが惚れた「おなら」 人生の楽しみ方を知った映画とは?
のんさんが惚れた「おなら」 人生の楽しみ方を知った映画とは?
PR
のら猫が飛び蹴り?正拳突き? 話題の写真、撮影の「秘密道具」は…
のら猫が飛び蹴り?正拳突き? 話題の写真、撮影の「秘密道具」は…
打ち切り一転、ドラマ化の話 結果は… ある漫画のウソみたいな実話
打ち切り一転、ドラマ化の話 結果は… ある漫画のウソみたいな実話
『腕時計用カレンダー』根強い人気 数分で...
『腕時計用カレンダー』根強い人気 数分で...
盲導犬は可哀想な犬じゃない 犬の視点で理解求めるポスターに共感
盲導犬は可哀想な犬じゃない 犬の視点で理解求めるポスターに共感
『タイムスリップ写真』ネットで拡散中 雑誌の企画に思わずほっこり
『タイムスリップ写真』ネットで拡散中 雑誌の企画に思わずほっこり

人気

もっと見る